BPMN に準拠したプロセスを作成する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

ビジネスプロセスモデリング表記 (BPMN) は、ビジネスプロセスをグラフィカルに表す標準的な方法です。Visio には、BPMN 1.2 仕様で説明されているグラフィカル要素を含むテンプレートが含まれています。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [新規作成] をクリックし、[フローチャート] をクリックして、[ BPMN 図] をダブルクリックします。

  3. プロセスの各ステップで、いずれかのステンシルからページに図形をドラッグし、通常どおりに図形を接続します。

    BPMN の仕様には、シーケンス フロー、メッセージ フロー、関連という 3 種類のコネクタがあります。AutoConnect または Connector ツールを使用すると既定でシーケンス フロー コネクタが追加されます。コネクタを右クリックしてショートカット メニューで種類をクリックすることでコネクタの種類を変更できます。

    図形の接続方法の詳細については、「オートコネクトまたはコネクタ ツールを使用して図形を接続する」をご覧ください。

  4. プロセス内のオブジェクトの属性を設定します。

    すべての BPMN 図形には基になるデータまたは属性があります。これらの属性では、図形の外観および図形に関連付けられた追加データが指定されています。図形を右クリックしてショートカット メニューでメイン属性を表示および変更します。

    オブジェクトの高度な属性は多数あります。これらの属性を表示して変更するには、オブジェクトを右クリックし、[BPMN 属性] をクリックします。ウィンドウが開き、属性が編集可能になります。

  5. BPMN ルールセットに対してワークフローを検証します。

    1. [プロセス] タブの [図面の検証] で [図のチェック] をクリックします。

    2. [問題] ウィンドウに問題が表示された場合はすべて解決します。

      検証はグラフィカル要素のみをチェックします。属性値の精度はチェックされません。検証の詳細については、「構造図を検証する」を参照してください。

フローチャートやその他の図で図形に対して実行できる視覚的な変更は、bpmn 1.2 仕様では許可されていないため、bpmn 図では許可されません。たとえば、シーケンスフロー線は、メッセージフローのように見えますが、灰色の破線に変更することはできません。

BPMN 1.2 の詳細については、 http://www.bpmn.orgのオブジェクト管理グループの Web サイトを参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×