BINOMDIST 関数

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

単一項の二項分布確率を返します。BINOMDIST 関数は、テストや試行の回数が固定されている問題で、どの試行の結果も成功または失敗のみで表される場合、各試行が独立している場合、および試行全体をとおして成功の確率が一定である場合に使用します。たとえば、二男一女が生まれてくる確率などを BINOMDIST で計算できます。

書式

BINOMDIST(number_s,trials,probability_s,cumulative)

成功数    試行回数に含まれる成功の回数を指定します。

試行回数    独立試行の回数を指定します。

成功率    1 回の試行が成功する確率を指定します。

Cumulative     関数の形式を論理値で指定します。cumulative が TRUE の場合は、累積分布関数 (成功数が number_s の数以下になる確率) が返されます。FALSE の場合は、確率質量関数 (成功数が number_s の数と同じになる確率) が返されます。

解説

  • number_s と trials は、整数に切り捨てられます。

  • number_s、trials、probability_s が数値以外の場合は、エラー値 #VALUE! が返されます。

  • number_s < 0 または number_s > trials の場合は、エラー値 #NUM! が返されます。

  • probability_s < 0 または probability_s > 1 の場合は、エラー値 #NUM! が返されます。

  • 二項確率質量関数は次のとおりです。

    数式

    ここで

    数式

    は COMBIN(n,x) を表します。

    注: ここで COMBIN 関数が使用されるのは、BINOMDIST 関数が使用する数式を示すためです。これはリスト内で使用できる関数ではありません。

    累積二項分布は次のとおりです。

    数式

使用例

Number_s

Trials

成功率

数式

説明 (結果)

2.7

10

0.5

=BINOMDIST([成功数],[試行数],[成功率],FALSE)

10 回の試行のうち 6 回成功する確率を求めます (0.205078)

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×