AVERAGE または SUM 関数の #VALUE! エラーを修正する方法

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

AVERAGE または SUM が #VALUE! エラーを含むセルを参照すると、式で #VALUE! エラーが発生します。

AVERAGE の #VALUE! エラー

エラー値を無視するように、ここでは残りの "通常" 値で平均を計算する際に参照範囲内のエラーを無視する数式を構築します。

このシナリオを回避するには、IF と ISERROR と共に AVERAGE を組み合わせて使用し、指定した範囲内でエラーがあるかどうかを判断します。 この特定のシナリオでは以下の配列数式が必要になります。

=AVERAGE(IF(ISERROR(B2:D2),"",B2:D2))

これは配列数式です。 そのため、 enterキーを押す必要があります (Office365 を使用している場合のみ)。または、数式内でCTRL + SHIFT + enterを押します。

注: 現在のバージョンのOffice 365を使っている場合は、出力セルに式を入力し、 enterキーを押して、数式を動的配列数式として確認します。 それ以外の場合、数式は、従来の配列数式として入力する必要があります。まず、出力セルを選び、出力セルに数式を入力して、CTRL キーとSHIFT キーを押しながら enter キーを押して確認します。 Excel では、数式の先頭と末尾に波かっこが挿入されます。 配列数式の詳細については、「配列数式のガイドラインと例」を参照してください。

#VALUE! エラーを解決するための AVERAGE の配列関数

注: 上記の関数は #VALUE! だけでなく、#N/A、#NULL、#DIV/0! などでも機能します。

同様に、以下の SUM を使用することもできます。

=SUM(IF(ISERROR(B2:D2),"",B2:D2))

特定の関数について質問がある場合

Excel のコミュニティ フォーラムに質問を投稿してください

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

関連項目

エラー値 #VALUE! を修正する

AVERAGE 関数

SUM 関数

Excel の数式の概要

数式のエラーを検出

すべての Excel 関数 (アルファベット順)

すべての Excel 関数 (カテゴリ順)

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×