AutoCAD 図面を操作する方法の概要

AutoCAD 図面を操作する方法の概要

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

AutoCAD 図面をインポートし、その図面上に図形、テキスト、およびデータ グラフィックを重ねて表示することができます。 次の例では、壁、ドア、および窓を構成する青色と水色の線が AutoCAD 図面です。AutoCAD 図面がインポートされた後で、Visio の家具と人の図が追加されています。この図面では、スペースを埋めるためにどれくらいの家具が必要か、人が歩くのに十分なスペースが確保されているかどうか、などを確認することができます。

AutoCAD 図面上の Visio 図形

   Microsoft visio では、autocad のファイル形式を次のようにサポートしています。 visio Online プラン2を使用すると、autocad バージョン2017以降で作成した dwg または dxf ファイルをインポートすることができます。Visio Standard または Professional を使用すると、AutoCAD バージョン2007以降で作成された dwg または dxf ファイルをインポートできます。dwg または dxf ファイルを開くことができない場合は、そのファイル形式がサポートされていない可能性があります。回避策として、AutoCAD でファイルを開き、Visio 製品または計画でサポートされているファイル形式に保存します。詳細については、「AutoCAD 図面を以前のファイル形式とDWG バージョン履歴に保存する方法」を参照してください。

サポートされている AutoCAD のバージョン

visio Online プラン2のサブスクライバーである場合、または visio 2019 を使用している場合は、AutoCAD バージョン2007から2017まで、dwg または dxf ファイルを開くことができます。サブスクライバーではなく、Visio 2019 を使用していない場合は、ファイルを開く前に AutoCAD 2007. dwg または dxf ファイルとして保存してください。

AutoCAD 図面を操作する 3 つの方法

図面をインポートし、AutoCAD で設定されていた縮尺と同じ縮尺で使用することができます。この作業を必要としている場合は、まず、AutoCAD インポートの準備を行い、次に AutoCAD 図面をインポートします。

Visio の図が既にある場合は、縮尺を調整することなく図面をすばやくインポートすることができます。「AutoCAD 図面をインポートする」を参照してください。

図がまだ開始されていない場合は、元の縮尺を気にすることなく AutoCAD 図面をすばやく開くことができます。「AutoCAD 図面を開く」を参照してください。

AutoCAD 図面の保護

既定では、AutoCAD 図面はサイズの変更、移動、または削除ができないようにロックされています。実際に、図面を選択すると、図面の端にロック アイコン ロック アイコン が表示されます。これは、図形が重ねられるのが背景であることを前提としているからです。AutoCAD 図面のロック解除は、必要に応じていつでも行うことができます。作業を行う使用すると、移動、サイズ変更、または削除できます。さらに、AutoCAD 図面が大きすぎる場合は AutoCAD 図面をトリミングすることができます。あるいは、AutoCAD 図面を図形に変換することもできます。

関連項目

AutoCAD レイヤーのプロパティを変更

AutoCAD 図面のレイヤーを非表示にする、または表示する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×