Android デバイスで Yammer にユーザー ログインできないときに実行します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

により、アカウントを持っていて、ログインことはできません。

Android の web 表示を更新する必要があります。

Android のビューの最新バージョンをダウンロードするかどうかを確認、セキュリティを提供する Chrome コンポーネントが更新され、Android アプリのコンテンツを表示することができます。できない場合は、自分の組織のセキュリティ証明書が古い可能性があります。問題を解決するために、管理者には、この記事を転送します。

Yammer と Office 365 の管理者用のトラブルシューティング

存在しないか古い証明書には、ログインの認証を妨げる可能性があります。

ユーザーが Yammer にログインする前に、組織の SSL 証明書が特定のチェックを渡す必要があります: Android、Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) に固有の他のユーザーに必要なものです。自分の組織のネットワーク、ユーザーの情報と内部のリソースを保護するための確実な方法です。

実際には、サーバーする必要があります証明を行い、信頼性、クライアントのオペレーティング システムやアプリケーションに (Yammer) などのセキュリティで保護されたアプリにログインするときのユーザー。

セキュリティが複雑です。

全体の証明書の階層をもあります。(とその名前が示す) があっての上部にあるルート証明機関の証明書と呼ばれるものにします。中間証明書と呼ばれる、下位の証明書の「承認」の証明書を発行します。これらのすべてが形成証明書のチェーンされます。

中間証明書チェーンが非常に重要すぎる想像: 重要なアプリは、特定の順序で送信することが必要です。

  1. まず、ルート証明機関の証明書、AD FS サーバー上にある信頼できるルート証明書ストアに配置したことを確認してください。

  2. 次に、AD FS と Web アプリケーション プロキシ (WAP) サーバー上に表示されますが、ローカル コンピューターの中間証明書ストアの任意の中間証明機関の証明書を置きます。(実行する certlm.msc、Windows コンピューター上でコンソールを開きます。)

手順 2 を理解しやすくするには、あると考えてしまうこの方法: サーバーが [大陸をした場合

  • ローカルのコンピューターでこれらの大陸の国

  • 証明書ストアでの状態 (または州) と

  • 中間証明書は、引数を母集団と状態になります。

ローカル コンピューター上に表示される証明書の階層

Mac コンピューターでこれらのカテゴリ、またはフォルダーを多少異なります。「キーチェーン アクセス」コンソールを検索するには、スポット ライトを使用します。キーチェーン アクセスについては、Apple サポート サイトでキーチェーン アクセスの概要を参照してください。

セキュリティ トークン サービス (STS) サーバーに小さな問題が発生する可能性のある、組織に既にが退席中、乗の証明書階層おり、次に説明します。

一般的な誤りは、追加の証明書をダウンロードします。

生じ、SSL 証明書に問題がいくつかありますが、最も一般的な原因は、中間証明機関が不足しているサーバーの構成]、[サーバーの証明書、秘密キーを使用してサインインする部分。これによって、AuthenticationException エラーが発生 Yammer、または、Office 365 で、ログイン ページを表示します。

サーバーの AD FS から全体の証明書チェーンに渡すかどうかを防止 SSL 証明書の authorityInformationAccess フィールドから追加の証明書をダウンロード他のユーザーがあります。Android は、このフィールドから、追加の証明書のダウンロードをサポートしていません

前のトラブルシューティング] に、を示す方法は問題であることを確認できます。

必要な中間証明書が存在しない SSL 証明書を取得したしたかどうかを確認するのには、次の 5 手順に従います。

  1. Android 以外のデバイスを使用して、、 https://login.microsoftonline.comに移動します。

  2. 通常どおりに学校用のアドレスまたは作業でログインします。

  3. 次のようにリダイレクトしている後、は、ブラウザーのアドレス バーにある URL をコピーします。セキュリティ トークン サービス サーバーの完全修飾ドメイン名 (FQDN) は、"https://"を省略します。

  4. 次の url の FQDN を挿入します。その他の文字を追加していない FQDN の文字だけを交換することを確認します。

    https://www.ssllabs.com/ssltest/analyze.html?d=FQDN&hideResults=on&latest

  5. コピー、貼り付け、および手順 4 で完了した URL に移動します。

SSL 証明書のリストを表示する必要があります。「余分なダウンロードします」というラベルの付いた証明書を探すこのエラーは、AD FS を全体の証明書チェーンを渡すできなかったことを示す、認証の失敗を通知します。

ダウンロード エラーで SSL 証明書の一覧

正常に認証が「サーバーが送信されます」とマークされています。

ここでは、どのように解決するには、ダウンロードします。

セキュリティ トークン サービス (STS) と Web アプリケーション プロキシ (WAP) サーバーを構成して SSL 証明書と不足している中間証明書を送信する次の手順に従います。最初に、SSL 証明書をエクスポートする必要があります。

  1. 証明書コンソールを開く certlm.msc を実行します。管理者または適切な権限が与えられているユーザーのみが、証明書を管理できます。

  2. 証明書をエクスポートする方法を含むストア内のコンソール ツリーの証明書] をクリックします。

  3. 、[詳細] ウィンドウでは、証明書をエクスポートする必要があるをクリックします。

  4. [操作] メニューで、すべてのタスク] をクリックし、[エクスポート] をクリックします。証明書のエクスポート ウィザードが起動したときに、[次へ] をクリックします。

  5. [はい、秘密キーをエクスポートし、[次へ] をクリックします。

  6. PKCS #12個人情報の Exchange - を選択 (します。PFX)、可能であれば、証明書のパスにすべての証明書を含める既定値を使用します。また、エクスポートするすべての拡張されたプロパティのチェック ボックスが選択されていることを確認します。

  7. 必要に応じて、ユーザー/グループ、割り当てるし、エクスポートする秘密キーを暗号化するためのパスワードを入力します。確認のため、もう一度に同じパスワードを入力し、[次へ] をクリックします。

  8. ファイルのエクスポート] ページで、[エクスポートされたファイルを配置する場所を参照し、[名前を付けます。

  9. 同じ証明書コンソール (certlm.msc) を使って、インポート、* します。コンピューターの個人証明書ストアに PFX ファイルです。

  10. 最後に、する場合は、組織関数を使用してアクティブな負荷分散機能サーバー、これらのサーバー間のトラフィックを配布する必要がある、ローカルの証明書は更新された (または、少なくとも認証) を保存します。

上記の手順を学習していない、またはには、次のような問題については、参照、 Yammer サポートにお問い合わせ。

外部の証明書を有効になっていません

有効期限が切れた外部の証明書

外部の証明書秘密キーがないです。

これら 3 つの問題は、Web アプリケーション プロキシ (WAP) に関連付けられています。WAP の詳細については、「」をご覧にhttps://technet.microsoft.com/en-us/library/dn584113(v=ws.11).aspx.

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×