Analysis Services への接続

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Analysis Servicesデータ ソースに Excel ブックから動的接続を作成し、データが更新されると、その接続を更新できます。

Excel の取得 & 変形 (Power Query)の操作を使用して、 Analysis Servicesに接続します。

  1. データ_gt外部データの取り込み_gtデータベースから_gt Analysis Services からに移動します。 データの取り込み] ボタンが表示されない場合は、外部データの取り込み_gt他のデータ ソースから_gt Analysis Services からをクリックします。

    データ接続ウィザードが表示されます。 このウィザードでは、3 つのウィンドウがあります。

    • データベース サーバーへの接続

    • データベースとテーブルを選択します。

    • データ接続ファイルと終了日を保存します。

  2. データベース サーバーに接続するウィンドウで、サーバー名] ボックスに、OLAP データベース サーバーの名前を入力します。

    ヒント: オフライン キューブ ファイルを接続先の名前がわかっている場合は、完全なファイル パス、ファイル名拡張子を入力できます。

  3. [ログイン資格情報を、次のいずれかの操作し、[次へ] をクリックします。

    • 現在、Windows のユーザー名とパスワードを使用するのには、 Windows 認証を使用してをクリックします。

    • データベースのユーザー名とパスワードを入力するには、[以下のユーザー名とパスワードを使用する] をクリックし、[ユーザー名] にユーザー名を、[パスワード] ボックスにパスワードを入力します。

  4. 必要なデータが入力されているデータベースを選択ウィンドウで、データベースを選択し、[次へ] をクリックします。

    データベース内の特定のキューブに接続するには、特定のキューブまたはテーブルへの接続が選択されているかどうかを確認し、一覧からキューブを選択します。

  5. (省略可能) 必要に応じてのデータ接続ファイルを保存して終了]ウィンドウで、ファイル名] ボックスに、既定のファイル名を変更します。

  6. 個人用のデータ ソースの既定のファイルの場所を変更または既存のファイル名を確認する参照をクリックします。

  7. 説明表示名、および検索キーワードボックスで、ファイル、わかりやすい名前 (省略可能なすべてが) 検索語句の一般的な説明を入力します。

  8. ピボット テーブルが更新されるときに、接続ファイルを使用することを確認するには、常にこのデータを更新するには、このファイルを使用しようとしてをクリックします。

    接続ファイルへの更新プログラムを常に接続ファイルを使っているすべてのブックで使用することにより、このチェック ボックスをオンします。

  9. [完了] をクリックして、データ接続ウィザードを閉じます。

  10. データのインポート] ダイアログ ボックスの [,ブックでは、このデータを表示する方法を選び次のいずれかの操作を行います。

    • したピボット テーブル レポートを作成するには、ピボット テーブル レポートをクリックします。

    • ピボット テーブル レポートとピボット グラフ レポートを作成するには、ピボット グラフとピボット テーブル レポートをクリックします。

    • 選択した接続の後で使用するブックを保存するのには、[接続の作成のみをクリックします。 このチェック ボックスを作成して、しない場合は、ピボット テーブル レポートを作成するのには、キューブ関数を含む数式で接続が使用されることをようにします。

  11. データを配置する場所] の下には、次のいずれかの操作を行います。

    • 既存のワークシートにピボット テーブル レポートを配置するには、既存のワークシートを選択し、[ピボット テーブル レポートを検索するセルの範囲の最初のセルのセル参照を入力します。

      ダイアログ縮小 ボタン イメージ ] ダイアログ ボックスを一時的に非表示を使うには、ワークシートの先頭のセルを選択し、ダイアログ展開 ボタンの画像 をクリックすることもできます。

    • 新しいワークシートのセル A1 を先頭と、ピボット テーブル レポートを配置するには、新しいワークシートをクリックします。

    • 確認または接続のプロパティを変更する、プロパティ] をクリックし、[接続プロパティ] ダイアログ ボックスで、必要な変更を作成し、[ OK] をクリックします。

データ接続ウィザード

  1. [データ] タブの [外部データの取り込み] で、その他のソース] をクリックし、[ Analysis Services] をクリックします。

    Excel のリボンの画像

    データ接続ウィザードが表示されます。 このウィザードでは、3 つのウィンドウがあります。

    • データベース サーバーへの接続

    • データベースとテーブルを選択します。

    • データ接続ファイルと終了日を保存します。

  2. データベース サーバーに接続するウィンドウで、サーバー名] ボックスに、OLAP データベース サーバーの名前を入力します。

    ヒント: オフライン キューブ ファイルを接続先の名前がわかっている場合は、完全なファイル パス、ファイル名拡張子を入力できます。

  3. [ログイン資格情報を、次のいずれかの操作し、[次へ] をクリックします。

    • 現在、Windows のユーザー名とパスワードを使用するのには、 Windows 認証を使用してをクリックします。

    • データベースのユーザー名とパスワードを入力するには、[以下のユーザー名とパスワードを使用する] をクリックし、[ユーザー名] にユーザー名を、[パスワード] ボックスにパスワードを入力します。

  4. 必要なデータが入力されているデータベースを選択ウィンドウで、データベースを選択し、[次へ] をクリックします。

    データベース内の特定のキューブに接続するには、特定のキューブまたはテーブルへの接続が選択されているかどうかを確認し、一覧からキューブを選択します。

  5. (省略可能) 必要に応じてのデータ接続ファイルを保存して終了]ウィンドウで、ファイル名] ボックスに、既定のファイル名を変更します。

    個人用のデータ ソースの既定のファイルの場所を変更または既存のファイル名を確認する参照をクリックします。

  6. 説明表示名、および検索キーワードボックスで、ファイル、わかりやすい名前 (省略可能なすべてが) 検索語句の一般的な説明を入力します。

  7. ピボット テーブルが更新されるときに、接続ファイルを使用することを確認するには、常にこのデータを更新するには、このファイルを使用しようとしてをクリックします。

    接続ファイルへの更新プログラムを常に接続ファイルを使っているすべてのブックで使用することにより、このチェック ボックスをオンします。

  8. [完了] をクリックして、データ接続ウィザードを閉じます。

  9. データのインポート] ダイアログ ボックスの [,ブックでは、このデータを表示する方法を選び次のいずれかの操作を行います。

    • したピボット テーブル レポートを作成するには、ピボット テーブル レポートをクリックします。

    • ピボット テーブル レポートとピボット グラフ レポートを作成するには、ピボット グラフとピボット テーブル レポートをクリックします。

    • 選択した接続の後で使用するブックを保存するのには、[接続の作成のみをクリックします。 このチェック ボックスを作成して、しない場合は、ピボット テーブル レポートを作成するのには、キューブ関数を含む数式で接続が使用されることをようにします。

  10. データを配置する場所] の下には、次のいずれかの操作を行います。

    • 既存のワークシートにピボット テーブル レポートを配置するには、既存のワークシートを選択し、[ピボット テーブル レポートを検索するセルの範囲の最初のセルのセル参照を入力します。

      ダイアログ縮小 ボタン イメージ ] ダイアログ ボックスを一時的に非表示を使うには、ワークシートの先頭のセルを選択し、ダイアログ展開 ボタンの画像 をクリックすることもできます。

  11. 新しいワークシートのセル A1 を先頭と、ピボット テーブル レポートを配置するには、新しいワークシートをクリックします。

  12. 確認または接続のプロパティを変更する、プロパティ] をクリックし、[接続プロパティ] ダイアログ ボックスで、必要な変更を作成し、[ OK] をクリックします。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

関連項目

Power Query は Excel 2016 では [取得して変換] と呼ばれています

外部データ ソースからデータをインポートする

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×