Advanced eDiscovery での分析用に Office 365 以外のコンテンツをインポートする

Office 365 Advanced eDiscoveryで分析しなければならない可能性があるドキュメントがすべて Office 365 内にあるわけではありません。Advanced eDiscovery の Office 365 以外のコンテンツのインポート機能を使用すると、Office 365 内に存在しないドキュメント (PST ファイルを除く) をケースがリンクされている Azure Storage Blob にアップロードし、Advanced eDiscovery でそれらを分析することができます。この手順では、Office 365 以外のドキュメントを分析するために Advanced eDiscovery に取り込む方法を示します。

注: Advanced eDiscovery を使用するには、お客様の組織で、Advanced Compliance アドオンが含まれている Office 365 E3、または E5 のサブスクリプションが必要です。このプランを利用しておらず、Advanced eDiscovery をお試しになりたい場合は、Office 365 Enterprise E5 の試用版にサインアップしてください

注: Office 365 以外のコンテンツ用に Office 365Advanced eDiscovery データ ストレージ アドオン サブスクリプションを購入できます。これは、Advanced eDiscovery を使用して分析されるコンテンツでのみ利用可能です。「一般法人向け Office 365 向けのアドオンを購入または編集する」の手順に従い、Office 365 Advanced eDiscovery ストレージ アドオンを購入してください。

はじめに

この手順で説明する Office 365 以外のコンテンツのアップロード機能を使用するには、以下が必要です。

  • Advanced Compliance アドオンが含まれている Office 365 E3 または E5 のサブスクリプション

  • アップロードされる Office 365 以外のコンテンツを保有するすべてのカストディアンが Advanced Compliance アドオンが含まれている E3 ライセンスまたは E5 ライセンスを持っていること

  • 既存の eDiscovery ケース

  • アップロードするすべてのファイルがフォルダーに収集されていること。ここでは、各カストディアンに 1 つのフォルダーが割り当てられており、フォルダーの名前は、alias@domainname です。alias@domainname は、ユーザーの Office 365 エイリアスとドメインである必要があります。すべての alias@domainname フォルダーをルート フォルダーに集めることができます。ルート フォルダーには alias@domainname フォルダーのみを含めることができます。ルート フォルダーにはルーズ ファイルを含めないでください。

  • 電子情報開示マネージャーまたは電子情報開示管理者のいずれかのアカウント

  • Microsoft Azure Storage ツール

Advanced eDiscovery に Office 365 以外のコンテンツをアップロードする

  1. 電子情報開示マネージャーまたは電子情報開示管理者として [電子情報開示] を開き、Office 365 以外のデータのアップロード先のケースを開きます。ケースを作成する必要がある場合は、「Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターで電子情報開示ケースを管理する」を参照してください。

  2. [Advanced eDiscovery に切り替え] をクリックします。

  3. [ソースの種類] で、[Office 365 以外のデータ] を選択します。

  4. [コンテナーの追加] をクリックします。コンテナーに名前を付けて、説明を追加します。

  5. コンテナーの一覧から、新しく追加されたコンテナーを選択し、コンテナーの詳細ウィンドウに表示される URL をコピーし、ウィンドウを閉じます。

  6. 管理者としてコマンド プロンプトを開き、AzCopy をインストールしたフォルダーにディレクトリを変更します。

  7. 次のように AzCopy コマンド ラインを作成してファイルをアップロードします。

    AzCopy /Source:"ローカル マシンのルート フォルダーへの完全パス" /Dest:"アップするコンテナー URL (ただし「?」を含まない)" /DestSAS:"コンテナー URL の残りの部分 (「?」から最後まで)" /S.

    たとえば、次の値を使用します。

    • ルート フォルダー - C:\Collected Data

    • コンテナー URL - https://zoomsabcprodeuss114.blob.core.windows.net/ingestion53d059efe5f74784afb308f66cdebf17?sv=2015-04-05&sr=c&si=NonOfficeData15%7C0&sig=Bk5INP8CUfv1y4CSJiJl3pJt3Ekvu8GS3P8NkOvoQxA%3D

    AzCopy コマンドライン構文は次のようになります。

    AzCopy /Source:"C:\CollectedData" /Dest:"https://zoomsabcprodeuss114.blob.core.windows.net/ingestion53d059efe5f74784afb308f66cdebf17" /DestSAS:"?sv=2015-04-05&sr=c&si=NonOfficeData15%7C0&sig=Bk5INP8CUfv1y4CSJiJl3pJt3Ekvu8GS3P8NkOvoQxA%3D" /S

    AzCopy の構文の詳細については、「AzCopy on Windows を使ったデータの転送」を参照してください。

    重要: 各ユーザーに 1 つのルート フォルダーが必要です。フォルダー名は、alias@domainname 形式にする必要があります。

  8. フォルダーのアップロードが完了したら、Advanced eDiscovery に切り替えます。これで、アップロードしたフォルダーのコンテンツを Advanced eDiscovery で処理する準備ができました。コンテナーを選択し、[プロセス] ボタンをクリックします。Advanced eDiscovery プロセスの詳細については、「Office 365 Advanced eDiscovery でプロセス モジュールを実行し、データを読み込む」を参照してください。

    重要: Advanced eDiscovery でコンテナーが正常に処理されると、Azure SAS ストレージに新しいコンテンツを追加することができなくなります。その他のコンテンツを収集し、それをケースに追加して Advanced eDiscovery で分析する場合は、新しい Office 365 以外のデータ コンテナーを作成し、この手順を繰り返す必要があります。

    注: コンテナーがフォルダーの命名の問題により正常に処理できず、その問題を修正する場合は、この記事の手順に従って、新しいコンテナーを作成して再接続し、再アップロードする必要があります。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×