Active Directory に接続する (Power Query)

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Excel の [取得と変換] (Power Query) 操作で Active Directory に接続し、ユーザー、アカウント、コンピューターについての情報を取得します。

[データ] タブをクリックし、[データの取り出し]、[その他のソースから]、[Active Directory から] の順にクリックします。[データの取り出し] ボタンが表示されない場合は、[新しいクエリ]、[その他のソースから]、[Active Directory] の順にクリックします。以下の追加手順に従います。

重要: Power Query アドインをダウンロードしてインストールしていることを確認します。

[Power Query] リボン タブで、[その他のソースから]、[Active Directory から] の順にクリックします。以下の追加手順に従います。

Power Query の [その他のソースからデータを取り込み] ダイアログ

次へ

  1. Active Directory ダイアログ ボックスでドメインを入力します。

  2. ドメインの [Active Directory ドメイン] ダイアログ ボックスで、[現在の資格情報を使用する] または [代替の資格情報を使用する] をクリックします。[代替の資格情報を使用する] 認証の場合は、[ユーザー名] と [パスワード] を入力します。

  3. [接続] をクリックします。

  4. 接続に成功すると、[ナビゲーター] ウィンドウを使用して、Active Directory 内のすべての使用可能なドメインの閲覧や、ユーザー、アカウント、コンピューターなどの Active Directory 情報へのドリルダウンを行うことができます。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

関連項目

Power Query は Excel 2016 では [取得して変換] と呼ばれています

外部データ ソースからデータをインポートする

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×