Access 2019 の新機能

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Access 2016 からアクセス 2019年までアップグレードする場合は、すべての機能を使用しているは引き続き聞こえます- し、新規にもいくつかがわかります。

新しいグラフでデータを視覚化

11 新しいグラフを選択し、フォームやレポートに格納されているデータを理解しやすきます。 フィールドをチャートのサイズに合わせ、すぐに変更をプレビューします。

詳細情報

Access データベースで使用できる新しいグラフのほんの一例を示します。

画面の中央に円グラフがあるデータベース

縦棒グラフ   

縦棒グラフでは、横軸に沿ってカテゴリ ([軸 (カテゴリ)] プロパティ) が表示され、縦軸に沿って値 ([値 (Y 軸)] プロパティ) が表示されます。

サンプルの縦棒グラフ

折れ線グラフ   

折れ線​​グラフでは、カテゴリが横軸 ([軸 (カテゴリ)] プロパティ) に沿って均等に分散され、値が縦軸 ([値 (Y 軸)] プロパティ) に沿って均等に分散されます。

サンプルの折れ線グラフ

横棒グラフ   

横棒グラフでは、カテゴリが縦軸 ([値 (Y 軸)] プロパティ) に沿って整理され、値が横軸 ([軸 (カテゴリ)] プロパティ) に沿って整理されます。 横棒グラフでは、軸と値のディメンションの通常の配置が反転されます。

サンプルの横棒グラフ

円グラフ   

円グラフでは、カテゴリは円のスライス ([軸 (カテゴリ)] プロパティ) として示されます。 データ値 ([値 (Y 軸)] プロパティ) は、円として示される全体に対する割合として加算されます。

サンプルの円グラフ

複合グラフ   

複合グラフは、2 つ以上のグラフの種類 (集合縦棒グラフと折れ線グラフなど) を結合して、異なるが関連性のあるデータを説明します。

サンプル複合チャート

大規模な番号 (bigint) のサポート

大きい数値のデータ型は非金銭の数値として保存され、ODBC の SQL_BIGINT データ型と互換性があります。 このデータ型は、大きい数値を効率的に計算します。

Access のテーブルにフィールドとして大きい数値を追加できます。 SQL Server の bigint データ型など、対応するデータ型を使ってデータベースにリンクしたり、データベースからインポートしたりすることもできます。

大量のデータ型のサポートへのリンクまたは外部ソースからのインポートを使用するのには、まず Access のオプション] ダイアログ ボックスでオプションを選択する必要があります。 [ファイル]、[オプション]、[現在のデータベース] の順にクリックします。 [オプション] ダイアログの下部にあるデータ型のサポート オプションのセクションが表示されます。 リンクされた/インポートされたテーブルのサポート BigInt データ型を選択します。

詳細情報

Access テーブルのデータ型の一覧のスクリーン ショット。 大規模な番号が選択されます。

Access のオプションで選択したテーブルをリンクされているインポート オプションのサポート bigint のスクリーン ショットを入力します。

DBASE のサポートは

お Access で dBASE ファイルへのサポート (.dbf) をご紹介し直すはおことを確認できます。 もう一度インポートしたり dBASE ファイルへのデータのエクスポートと同様に、Access で dBASE ファイルに保存されているデータにリンクできます。

インポートまたは dBASE ファイルへのリンクについての詳細については、データをインポートまたは dBASE にデータをリンクを参照してください。

DBASE ファイルへのアクセスのデータのエクスポートの詳細については、データをエクスポートする dBASEを参照してください。

外部データ] リボン タブで [選択] オプションをファイル dBASE のアクセスのスクリーン ショット

プロパティ シートの並べ替え

使用できるプロパティの数十種類の間でプロパティ シートに表示する特定のプロパティを検索できない場合 フォームおよびレポートのプロパティ シートでの並べ替えは、次のとおりです。 プロパティ シートで特定のプロパティを探しやすく経過していることはありません。 フォームやレポートには、数十種類場合に必要なものを検索するは困難を意味するいくつかのタブに分散プロパティにはが含まれています。 特定の目的のプロパティの名前がわかっている場合のリストを並べ替えるしやすく検索します。

開いている場合は、フォームおよびレポートのデザイン モードで、プロパティ シートが表示されます右上隅で並べ替えトグル ボタン。 既定の設定、並べ替えには、Access で見慣れたいる元の順序でプロパティが一覧表示します。

並べ替えとアクセスの並べ替えプロパティのリストをアルファベット順にクリックします。

アルファベット順に並べ替えのプロパティを持つプロパティ シートのアクセス権のスクリーン ショット

並べ替えの既定の設定に戻す並べ替えを切り替えるにもう一度クリックします。

プロパティの並べ替えせずにプロパティ シートのアクセス権のスクリーン ショット

コントロールの新しいラベル名のプロパティ

ラベル コントロールを別のコントロールに関連付けることができるように、コントロールに [ラベル名] と呼ばれる新しいプロパティを追加しました。 以前は、ラベル コントロールを "切り取って"、別のコントロールに "貼り付けて" 関連付ける必要がありました。 新しい [ラベル名] プロパティを使用することで、ラベル コントロールの名前を入力して簡単に関連付けることができるようになりました。

ラベル名をコントロールと関連付けることで、ユーザー補助機能が関連付けを検出して表示できるようになり、アクセシビリティが向上します。

プロパティ シートに表示される [ラベル名] プロパティ

ODBC 接続再試行ロジック

Access には、外部データ ソースに ODBC 接続が失われた、ときにユーザーを閉じて、もう一度、外部データ ソースからデータを使用するオブジェクトを操作するために、Access データベースを開くがあります。 Access はしない場合でも、接続がもう一度有効として外部データ ソースに接続し直すにアクセスするためにユーザーが実行できることはありませんにドロップされた接続を再確立しようとしています。

今すぐ Access に外部データ ソースへの ODBC 接続が失われた場合のアクセスが自動的にデータ ソースに接続し直すことこの経験が向上します。 このシナリオでこれで、次の操作が表示されます。

  • ODBC 接続を使用しようとしている外部データ ソースにアクセスできない場合、エラーを示すエラー メッセージが表示されます。

  • Access は、これで、外部データ ソースへの接続が必要な操作を実行するときに、データ ソースに自動的に再接続しようとします。 再試行が成功した場合を閉じて、もう一度アクセスを開くことがなくデータとデータベース オブジェクトの処理を続けますことができます。

  • 再試行が失敗した場合は、削除された外部データ ソースを使用するオブジェクトを操作することはできませんが、到達できないデータ ソースに依存していないデータベースの他の領域の操作を続けることができます。

  • データまたはもう一度にその他のオブジェクト、外部データ接続に依存を使用しようとした場合、Access の外部データ ソースに接続し直す再試行します。

ユーザー補助の改善点

すべてのユーザー アクセスのアクセシビリティを向上させるための取り組みを続行しています。 Access 2019 で多くの新しい機能強化アクセスの横に表示されます。

次の強化されたWindows ナレーターとその他の支援技術を使用する場合に表示されます。

  • ルックアップ フィールドとコンボ ボックスの状態 (折りたたむか展開) かどうか今すぐ認識され閲覧します。

  • 行全体の検索] または [コンボ ボックスの複数の列がある場合にと認識しました。 今すぐし閲覧します。

  • オプションの状態と、グループ名 (オンまたはオフになっている) かどうかを] ダイアログ ボックスで今すぐ認識できるオプションと」をご覧ください。

  • データシートの列のフィルター] メニューの矢印アイコンと認識しました。 今すぐし閲覧します。

  • Windows ナレーター スキャン モードで今すぐラジオ ボタンに移動するには、← キーまたは → キーを押してに切り替えるには、スペースまたは Enter キーを押してできます。

  • ナレーターとその他の支援技術では、添付ファイル] タブの [コントロール]、フォーム、レポート、およびデータシート内のチェック ボックス コントロールを使用するときになったされているその他のコントロールの要素を聞くことがようになりました。

  • ナレーターとその他の支援技術製テーブル、クエリ、フォームのデータシートに表示される列名を閲覧を簡単に時間があるようになりました。

  • 強化されたナレーションとその他の支援技術製とフォームのセクション内のコントロールにフォーカスします。

ここでは、強化されたWindows 高コントラスト モードを使用する場合に表示されます。

  • データシート、フォームの下部にあるレコード ナビゲーション バーで [フィルター] ボタンが表示されます。

  • 保存済みのインポート] タブの [データ タスクの管理] ダイアログ ボックスでは、正しく表示し、テキストを編集するときに表示されるようになりましたします。

  • フォームおよびレポートなど、データシートの列見出し、テーマのコマンド ボタン コントロール、およびデータシート内のセルのテキストの色をフォーカス ハイコントラスト モードで表示されます。

その他のユーザー補助機能 Access での改善点

  • テーブルを作成するには、今すぐ alt キーを押しながら H キーを押します。 テーブルの列のフィルター メニューを開くには、今すぐ Q を押します。開くには、[検索と置換] ダイアログ ボックスを FD を今すぐキーを押してことができます。

  • ポップアップ フォームのすべてのセクションをサイクル f6 キーと shift キーを押しながら f6 キーのショートカット キーを使用するようになりました。

簡単には、新しい値のリスト アイテムの編集

Access フォームの値リストのコンボ ボックスで作業するときに、[リスト項目の編集] ダイアログ ボックスを簡単に開くための新しいキーボード ショートカットが導入されました。

この新しいショートカット キーは、コンボ ボックスで値リストをデータ ソースとして使用しており、[値リストの編集の許可] プロパティを [はい] に設定している場合に使用できます。 [フォーム] ビューで、コンボ ボックスにフォーカスがある場合に、Ctrl キーを押しながら E キーを押して、[リスト項目の編集] ダイアログ ボックスを開きます。

Access フォームの [リスト項目の編集] ダイアログ ボックス

操作アシスト] ボックスの改善

強化された検索、コンテンツを質問をより高速の推奨事項とリボンの上部にある [実行する操作アシスト] ボックスが更新されました。 これで特定のタスク、関数または質問の検索を入力するとさまざまなオプションが表示されます。 場合は、クイック タスク処理を確認する] ウィンドウの右にアクセスを試みます。 複雑な質問がある場合は紹介して、ニーズに合った最適なについて考えるヘルプします。 試してみを探しているを確認し、仕事を片付ける検索速度を表示します。

[操作アシスト] ボックスに、アクセスとを行うにはどのように入力] をクリックします。 操作アシストがそのタスクを実行するために試してください。

デザイン ウィンドウのサイズを変更するのには簡単にオブジェクト

クエリのデザインとリレーションシップ ウィンドウ内のテーブルのオブジェクトのサイズを変更することは困難フィードバックは、お客様からします。 ここでは、フィードバックを聞くしの枠線のクリック可能な領域を取ってマウスを簡単に作成します。 取得して、これらのウィンドウで、マウスを使用して、表の罫線のサイズ変更を簡単に時刻を今すぐ必要があります。

耳にフィードバックを取得し、マウスを使用して、ポップアップ フォームを移動するが難しいします。 同様に、適用されたは、罫線のクリック可能な領域簡単、マウスでは、次のシナリオを取得します。 今すぐいるを簡単に時間を取得し、マウスと移動のポップアップ フォームを使って、表の罫線のサイズを変更します。

ナビゲーション ウィンドウのスクロールの改善

お客様のフィードバック予想外の動作の原因となった高 DPI 表示モードでナビゲーション ウィンドウ内のオブジェクトの一覧をスクロールしてリッスンします。 ここには、この今すぐはいけない表示領域スクロール「ぶつかって」高い DPI 表示モードで、ナビゲーション ウィンドウを使用する場合が向上しました。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×