Access 2007 Developer Extensions および Runtime の概要

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

(z0z_) のリリースでは、 開発者の内線番号とz2z_のランタイムは無料ダウンロードとして提供されています。 データベース開発者は、これらのユーティリティを使用して、データベースのパッケージ化と展開、データベーステンプレートの作成、データベースのソースコード管理システム (Microsoft Visual SourceSafe など) との統合を行うことができます。

Developer Extensions またはz1z_ Runtime をダウンロードして使用する方法について詳しくは、 「関連項目」セクションのリンクをご覧ください。

(z0z_ Developer Extensions) を使用する

コンピューターに Access 2007 Developer Extensions をインストールすると、Access 2007 の Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックすると表示される、[開発] という新しいセクションがメニューに追加されます。

このメニューの新しいセクションには、次のコマンドが含まれています。

  • パッケージソリューション    このウィザードを使用して、ユーザーのコンピューターにデータベースとサポートファイルをインストールする Windows インストーラーパッケージ (.msi ファイル) を作成します。 インストールパッケージでは、必要に応じて、任意のz0z_ runtime を含めることができます。または、ユーザーにz1z_ runtime をダウンロードするように求めます。 コンピューターにz0z_ Developer Extensions をインストールしたら、次の手順でパッケージソリューションウィザードを開始できます。

    • Microsoft Office ボタン (z0z_) をクリックし、[開発] をポイントして、[パッケージソリューション] をクリックします。

  • [テンプレートとして保存]    このコマンドを使用すると、[ Microsoft Office access で作業を開始する] ページでおすすめのデータベーステンプレート (.accdt) ファイルを作成できます。 コンピューターにz0z_ Developer Extensions をインストールした後は、次の手順に従って、データベーステンプレートとして保存ウィザードを開始できます。

    • Microsoft Office ボタン (z0z_) をクリックし、[開発] をポイントして、[テンプレートとして保存] をクリックします。

  • ソースコードコントロール    このコマンドを使用して、データベースをソースコード管理システムと統合します。 Visual SourceSafe などのコンピューターにソースコード管理システムをインストールしている場合は、 Microsoft Office ボタンをクリックしたときに表示されるメニューの [開発] セクションで3番目のオプションを使用できるようになります。 たとえば、Visual SourceSafe をインストールした場合は、メニューに [ SourceSafe から作成] オプションが表示されます。 この機能を使うと、データベースをソースコード管理システムと統合することができます。

    ソースコード管理システムは、複数の開発者がデータベースのデザインを変更する場合に役立ちます。 ソースコード管理システムからデータベースオブジェクトをチェックアウトし、そのオブジェクトのデザインを変更することができます。 たとえば、ある開発者はレポートをチェックアウトし、そのレポートのデザインを変更して、再びチェックインすることができます。 オブジェクトがチェックアウトされている間は、他のユーザーは変更を加えることはできません。 これにより、複数の開発者が同時に同じオブジェクトを変更しようとしたときに発生する可能性のある作業が失われるのを防ぐことができます。 ソースコードコントロールを使うと、チェックアウトされた時点でオブジェクトに加えられた変更の履歴を確認したり、必要に応じて以前のバージョンのオブジェクトに戻すこともできます。

    使用しているコンピューターにソースコード管理システムがインストールされている場合は、開発者用拡張機能のいずれかをインストールした後、次の手順に従って、_ z1z_でソースコード管理システムを開始できます。

    • Microsoft Office ボタン (z0z_) をクリックし、[開発] をポイントして、[ソースコード管理プログラム名から作成] をクリックします。

      注: メニューのコマンド名は、インストールされているソースコード管理システムによって異なる場合があります。 たとえば、Visual SourceSafe がインストールされている場合、コマンド名はSourceSafe から作成されます。

      ソースコード管理システムの使い方の詳細については、そのプログラムにインストールされているヘルプシステムを参照してください。

注: Microsoft access の以前のバージョンに含まれていたプロパティスキャナーとカスタムスタートアップウィザードは、どのようなz0z_ Developer Extensions にも含まれていません。

開発者用拡張機能をダウンロードするには、 「参照」セクションのリンクをクリックしてください。

ページの先頭へ

アプリケーションを展開するために、 _ 0 z_ランタイムを使います。

( z0z_ ) ランタイムは、お使いのコンピュータに「 z2z_ 」がインストールされていないユーザーに対して構築したz1z_アプリケーションの配布に使用できる無料プログラムです。 ランタイムを使ってアプリケーションを開くユーザーは、アプリケーションに含まれているフォーム、レポート、およびその他のオブジェクトを変更することはできません。 既定のリボン、クイックアクセスツールバー、ナビゲーションウィンドウなど、デザイン関連のすべての機能は削除されているか、無効になっています。 そのため、ユーザーが必要とするすべての機能がフォーム、レポート、ユーザー設定のリボンに含まれるように、アプリケーションを設計する必要があります。

Microsoft.com のダウンロードセンターから無料でダウンロードできます(z0z_ Runtime) 。 ランタイムを再配布するためのソフトウェアを購入する必要はありません。また、ランタイムを配布できるユーザーの数に制限はありません。 プログラムを自分で配布するだけでなく、ダウンロードセンターからプログラムをダウンロードするようにユーザーに指示することもできます。

(z0z_)ランタイムをダウンロードするには、 「参照」セクションのリンクをクリックします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×