Access 用語集

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

A

B

C

D

E

F

G

H

J

K

L

M

N

O

P

Q

R

S

T

U

V

W

X

Y

Z

A

ページの先頭へ

絶対参照と位置を固定

要素の親に対する相対的な要素を配置または、本文を使用する必要がある場合。 要素の左右の一番上のプロパティの値は、要素の親の左上隅に対応しています。

Access ワークスペース

データ ソースにアクセスする Access データベース エンジンを使用しているワークスペース。 データ ソースには、Access データベース ファイル、パラドックスなど、ODBC データベースや Microsoft SQL Server データベース、または ISAM データベースができます。

動作

マクロの基本的な文書パーツ独立したコマンドのタスクを自動化するには、その他の操作を組み合わせることができます。 これとも呼ばれますコマンドを他のマクロ言語。

アクションの引数

マクロ アクションを実行するために必要な情報を追加します。 たとえば、アクションが実行されるアクションや特別な条件によって影響を受けるオブジェクトです。

操作の一覧

マクロの [オブジェクト] タブの [アクション] 列で矢印をクリックしたときに表示される一覧です。

アクション クエリ

クエリをコピーまたはデータを変更します。 アクション クエリを追加、削除、テーブルを作成およびクエリを更新します。 ナビゲーション ウィンドウで、名前の横にある感嘆符 (!) で識別されます。

アクション行

マクロの名前、アクション、引数、および特定のマクロまたはマクロ グループに関連付けられているコメントを入力するマクロオブジェクト] タブの上部の行。

ADE ファイル

削除されたすべてのモジュール コンパイル済みとすべての編集可能ソース コード Access プロジェクト (.adp ファイル)。

フィルター/並べ替えの編集ウィンドウ

ウィンドウを一からフィルターを作成することができます。 条件を満たすレコードのサブセットを開いているフォームまたはデータシート内のレコードを制限するフィルターのデザイン グリッドで抽出条件式を入力します。

集計関数

関数など、 SumCount平均、またはVar合計を計算するために使用します。

匿名レプリカ

Access データベース (.mdb ファイル形式のみ)、特別なレプリカをしないの個別のユーザーの入力します。 匿名のレプリカ、レプリカをダウンロードするのには多くのユーザーを想定してインターネットの場合に便利です。

ANSI SQL クエリ モード

SQL 構文の 2 種類のいずれかの: ansi-89 SQL (Microsoft Jet SQL と ANSI SQL とも呼ばれる)、これは、従来の SQL サーバー互換構文ansi-92 SQL では、新しいとは異なる予約語、書式のルール]、およびワイルドカード文字を選択します。

追加クエリ

クエリの結果でレコードを追加するアクション クエリは、既存のテーブルの最後に設定します。

アプリケーションの背景

アプリケーション ウィンドウの [背景] 領域でします。

ASCII

情報の交換 (ASCII) 7 ビット文字セットの文字を表すために使用し、標準の US キーボード上にある記号を標準的なアメリカのコードです。

オート フィルター

フィルター処理可能なフィールドの 1 つまたは複数の項目を選ぶには、ピボット テーブル レポートまたはピボット グラフ ビューでデータをフィルター処理します。

オートフォーマット

コントロールやフォームまたはレポートのセクションの外観を決定する形式のコレクションです。

自動リンク

Access で OLE オブジェクトからオブジェクト ファイル内の情報が変更されたときに、Access でオブジェクトを自動的に更新する OLE サーバーへのリンク。

オートナンバー データ型

、Access データベースでは、自動的に、各レコードの一意の番号を格納するフィールドのデータ型がテーブルに追加されます。 次の 3 つの種類の番号を生成することができます: 連続、ランダムにされます。

B

ページの先頭へ

表の基本

Access データベース内のテーブル。 DAO オブジェクトまたはデータ定義 (DDL) SQL ステートメントを使用して基本のテーブルの構造を操作して、Recordset オブジェクトまたはアクション クエリを使用して基本テーブル内のデータを変更することができます。

bigint データ型

Access プロジェクトで、8 バイト (64 ビット) のデータ型を-2 の範囲の整数を格納する ^63 (-9,223,372,036,854,775,808) 2 から ^63-1 (9,223,372,036,854,775,807)。

バイナリ データ型

Access プロジェクトで、最大 8,000 バイトのバイナリ データの固定長のデータを入力します。

bit データ型

Access プロジェクトで、1 または 0 の値を格納するデータ型をします。 1 または 0 以外の値が可能になったらは常に 1 として解釈されます。

ビット マスク

演算子で使用する値 (したり、Imp、Not、または、および Xor) テストに設定するには、それぞれのビット単位のフィールド値の状態にリセットします。

ビット単位の比較

2 つの数式内の同じ位置にビット ビットで比較します。

ブックマーク

Recordset オブジェクトまたは現在のレコードを識別するバイナリ文字列を含むフォームのプロパティ。

連結列

リスト ボックス、コンボ ボックスまたはドロップダウン リスト ボックス コントロールの"コントロール ソース"プロパティで指定されたフィールドにバインドされている列。

バインドされたコントロール

コントロールを表示または変更のデータ テーブル、クエリ、または SQL ステートメントをフォーム、レポート、またはデータ アクセス ページで使用します。 コントロールの"コントロール ソース"プロパティには、コントロールのバインド先のフィールド名が格納されます。

バインドされたハイパーリンク コントロール

データ アクセス ページで、リンク、インターネット アドレス、またはインターネット アドレスを基になるテキスト フィールドにバインドに使用されるコントロール。 目的の場所へのハイパーリンクをクリックすることができます。

連結オブジェクト フレーム

フォームまたはレポートを表示して、テーブルに格納されている OLE オブジェクトを操作するための上のコントロール。

バインドされた図

画像を Access データベースで OLE オブジェクト フィールド、または Access プロジェクトでの画像の列にバインドする、フォーム、レポート、またはデータ アクセス ページで使用されているコントロール。

バインドされた期間内のコントロール

HTML コードを Access データベースするデータ アクセス ページで使用されているコントロール。 バインドされた期間内のコントロールの内容を編集することはできません。

ビルダー

タスクの作業を簡素化するツール。 たとえば、式ビルダーを使用して複雑な式をすばやく作成できます。

組み込みのツール バー

Access 2003 以前のバージョンでツールバーが、Access ユーザー インターフェイスの一部がお使いのコンピューターにインストールされているときにします。 一方、カスタム ツールバーは、データベース アプリケーションを作成することです。 Access 2007 では、ツールバーは、リボンでは、整列タブに関連するグループのコマンドで置き換えられます。 さらに、頻繁に使用するコマンドをクイック アクセス ツールバーに追加できます。

Byte データ型

0 ~ 255 の小さな正の整数を保持するための Access データベースのデータ型します。

C

ページの先頭へ

演算コントロール

式の結果を表示して、フォーム、レポート、またはデータ アクセス ページで使用されているコントロール。 結果は、式の基になる値のいずれかの変更があるたびに再計算されます。

集計フィールド

フィールドをクエリでは、定義した保存されているデータを表示するのではなく、式の結果が表示されます。 値は、式の変更] の値をたびに再計算されます。

呼び出しツリー

現在のコードが実行されているモジュールのいずれの手順で呼び出される可能性があるすべてのモジュールします。

図表番号] セクション

データの列の標題を表示するグループ化されたデータ アクセス ページのセクション。 グループ ヘッダーの直前に表示されます。 標題セクションに連結コントロールを追加することはできません。

デカルト積

SQL の SELECT ステートメントはありませんが、FROM 句で次の 2 つ以上のテーブルを含むまたはテーブルを結合する方法を示します JOIN 句の実行結果。

連鎖

他の操作をトリガーするアクションを 1 つの処理します。 たとえば、2 つ以上のテーブルの連鎖更新リレーションシップを定義するとき、主テーブルの主キーの更新プログラムは自動的に外部テーブルへの変更にされます。

連鎖削除

リレーションシップの関連テーブルのプライマリ テーブルにレコードを削除する場合は、テーブルのすべての関連レコードの削除、テーブル間の参照整合性が適用されます。

カスケード イベント

一連の直接的または間接的に自分自身を呼び出すイベント プロシージャによるイベントイベントの連鎖または再帰とも呼ばれます。 注意連鎖イベントを使用頻度スタック オーバーフローまたはその他の実行時エラーになります。

カスケード更新

リレーションシップのプライマリ テーブル内のレコードが変更されたときに、関連するテーブルまたはテーブル内のすべての関連レコードの更新、テーブル間の参照整合性が適用されます。

カテゴリ フィールド

ピボット グラフ ビューの [カテゴリ] 領域に表示されるフィールドです。 カテゴリ フィールド内のアイテムは、項目軸ラベル] として表示されます。

チャネル番号

動的データ交換 (DDE) チャネルに対応する整数。 チャネル番号は Microsoft Windows 95 によって割り当てられているまたは後で、 DDEInitiate関数を使用して作成され、その他の DDE 関数およびステートメントで使用します。

char データ型

Access プロジェクトでは、8,000 文字の最大固定長のデータを入力します。

文字コード

文字セットの ANSI など、セット内の特定の文字を表す数値。

グラフ

フォーム、レポート、またはデータ アクセス ページ内のデータのグラフィック表現。

チェック ボックス

オプションが選択されているかどうかを示すコントロール。 オプションの選択] ボックスにチェック マークが表示されます。

制約を確認します。

複数のテーブルにまたがるビジネス ルールのことができます。 たとえば、注文テーブルには、チェック制約から定義顧客テーブルに顧客のクレジット制限を超えている顧客の注文を妨げる可能性があります。

クラス モジュール

モジュールの新しいオブジェクトの定義を含めることができます。 クラスの各インスタンスでは、新しいオブジェクトを作成します。 モジュールになるプロパティと、オブジェクトの方法で定義されている手順です。 クラス モジュールが単独でまたはフォームやレポートで存在しないことができます。

クラス名

クラス モジュールを参照するために使用します。 モジュールの種類では、クラス名の前クラス モジュールがフォームまたはレポート モジュールの場合は、: たとえば、Form_OrderForm します。

クラス名 (OLE)

Visual Basic の OLE オブジェクトを参照する定義済みの名前。 OLE オブジェクトを作成するために使用するアプリケーションの名前のオブジェクトの種類、し、必要に応じて、アプリケーションのバージョン番号。 例: 等しくない場合。

コード スタブ

Visual Basic コードを先頭と末尾プロシージャの定義のセグメントします。

競合

バッチの更新時に発生する競合します。 クライアントでは、サーバーと試行バッチ更新には、そのデータを変更しからデータを読み込みますが、別のクライアントがサーバーの元データを変更して更新の試行の実行前にします。

column

特定の種類のデータを格納するデータベースのテーブル内の場所。 データシートで、Access データベース、クエリ デザイン グリッドまたはフィルターのデザイン グリッドでフィールドの視覚的表現もです。

列の領域

列フィールドを含むピボット テーブル ビューの一部です。

列フィールド

ピボット テーブル ビューの [列] 領域でフィールドです。 列フィールド内のアイテムは、ピボット テーブルのリストの一番上に表示されます。 内側の列のフィールドは、詳細領域に最も近い外側の列のフィールドは、内側の列のフィールドの上に表示されます。

列の選択

列の上部に水平バー。 クエリ デザイン グリッドまたはフィルターのデザイン グリッドで列全体を選択する列セレクターをクリックすることができます。

コンボ ボックス

テキスト ボックスとリスト ボックスの結合機能を提供するフォーム コントロールです。 値を入力するには、コンボ ボックスで、またはリストを表示して、そのリストからアイテムを選択するコントロールをクリックすることができます。

コマンド ボタン

マクロの実行、Visual Basic の関数を呼び出す、またはイベント プロシージャを実行するコントロール。 コマンド ボタンとも呼ばれますボタンの他のプログラムにします。

比較演算子

2 つの値または式を比較するために使用される演算子です。 たとえば、 < (未満の場合)、 > (より大きい)、および= (等しい)。

複合コントロール

コントロールとラベルのテキスト ボックスなど、ラベル。

条件付きフィルター

上部を表示または合計に基づくn 個のアイテムの下にフィールドをフィルター処理します。 たとえば、売上が最もまたは個数 5 つの製品を生成した 3 つの都市のフィルター処理する可能性があります。

条件付き書式

フォームまたはレポートの 1 つまたは複数の条件に基づいてのコントロールの内容を書式設定します。 条件は、他のコントロール、コントロールにフォーカス、またはユーザー定義 Visual Basic for Applications の関数を参照できます。

競合

2 つのレプリカの同じレコードのデータが変更されている場合に発生する条件。 競合が発生した場合は、変更が選択され、すべてのレプリカに適用し、もう一方の変更がすべてのレプリカで競合として記録します。

接続文字列

外部データベースを開くときに使用する文字列式を指定します。

制約

列または行に入力できる値に適用されるを制限します。 たとえば、[年齢] 列の値は 0 より小さいか 110 より大きいすることはできません。

帳票フォーム

フォーム ビューで複数のレコードを表示するフォーム。

ハイパーリンクを含むコントロール

ドキュメント、Web ページ、またはオブジェクトにジャンプするユーザーのできるようにするコントロール。 例は、ハイパーリンクを含むフィールドにバインドされているテキスト ボックスです。

クロス集計クエリ

合計、平均、カウント、その他の種類のレコードの合計を計算し、2 種類の情報によって結果をグループ化するクエリ: データシートとその他の一番上の左側に 1 つです。

通貨データ型

Access データベースで、役に立ちます金額の計算や固定小数点計算の精度が非常に重要なデータ型をします。

現在のレコード

レコード レコード セットを変更またはデータを取得できます。 することがある現在のレコードを 1 つだけレコード セットの任意の時点では、レコードがないカレント レコード: たとえば、ダイナセット タイプ レコード セットからレコードを削除した後です。

カーソルのデータ型

Access プロジェクトで、データ型カーソル変数の作成のみを使用できます。 テーブル内の列には、このデータ型を使用できません。 カーソルは、SELECT ステートメントの結果セットで、一度に 1 つの行を操作する機能です。

ユーザー設定のグループ

ユーザー設定のグループ フィールドのアイテム。 ユーザー設定のグループには、行または列のフィールドから、2 つ以上のアイテムが含まれています。

ユーザー設定のグループ] フィールド

ユーザー設定のグループとして、そのアイテムが含まれている行または列の領域にフィールドです。

ユーザー設定の順序

ユーザー定義の並べ替え順序。 たとえば、役職の順位に基づいて序列で値を表示するユーザー設定の並べ替え順序を定義できます。

ユーザー設定のプロパティ] ダイアログ ボックス

ActiveX コントロールのプロパティを設定できるようにするためのカスタム プロパティ シートします。

カスタム ツール バー

Access 2003 および以前のバージョンでは、ツールバー、アプリケーションを作成します。 一方、組み込みツールバーは、お使いのコンピューターにインストールされるとき、Access の一部です。

D

ページの先頭へ

DAO オブジェクト

データ アクセス オブジェクト (DAO) のライブラリで定義されているオブジェクトです。 コードでは、整理して、データの操作に使用するオブジェクトを表すためには、データベーステーブル、およびレコード セットなど、テーブルやクエリなど、DAO オブジェクトを使用することができます。

データ アクセス オブジェクト

アクセスして、データベース オブジェクトを操作するに使用できるプログラミング インターフェイスです。

データ アクセス オブジェクト (DAO)

データ アクセス ページ

Web ページを表示およびインターネットやイントラネットからデータを操作するために設計されています。 そのデータは通常、Access データベースに格納されます。

データ アクセス ページのプロパティ

データの属性では、ページが接続されているデータベースを識別するページにアクセスし、ページの外観と動作を定義します。

[データ] 領域

集計データを含むピボット テーブル レポートまたはピボット グラフ ビューの一部です。 [データ] 領域の値には、ピボット テーブル ビューのレコードとピボット グラフ ビューのデータ ポイントが表示されます。

データの収集

HTML フォームや InfoPath 2007 のフォームを Access 2007 から受信および送信により、ユーザーからの情報を収集する方法です。 Access では、データ コレクション依頼を作成し、電子メール メッセージに含まれているフォーム内のユーザーに送信します。 ユーザーは、フォームを完了しに戻ります。

データの定義

データ アクセス ページのレコード ソースを構成するには、基になるテーブルやクエリの式では、フィールド、します。

データ定義言語 (DDL)

言語では、データベース、テーブル、フィールド、インデックス、およびストレージ戦略特にの属性を説明するために使用します。 ANSI では、このトークンを作成、ドロップ、および変更を定義します。 DDL は、構造化照会言語 (SQL) のサブセットです。

データ定義クエリ

できますを作成、変更、またはテーブルを削除する、または作成またはインデックスを削除するデータベースの sql クエリを指定します。 DDL クエリを実行し、作成、ドロップ、および変更のトークンを使用して、これら ANSI を定義します。

データ フィールド

ピボット テーブル レポートまたはピボット グラフ ビューで集計データを含むフィールド。 通常、データ フィールドには、数値データが含まれます。

データ項目

アプリケーション固有な DDE (動的データ交換) チャネルを転送できるデータです。

データ ラベル

1 つのデータ ポイントまたは値を表すデータ マーカーをに関するその他の情報を表示するラベル。

データ操作言語 (DML)

言語を取得、挿入、削除、およびデータベースのデータを更新するために使用します。 DML は、構造化照会言語 (SQL) のサブセットです。

データ マーカー

バー、領域、ドット、スライス、またはその他の記号と特殊文字を表す値、またはグラフのします。 グラフのデータ マーカーは、データ系列を構成します。

データ系列

関連するデータ要素をグラフにプロットします。 グラフの各データ系列は、独自の色またはパターンを持ちます。 グラフの 1 つまたは複数のデータ系列をプロットできます。

データ ソース コントロール

データ アクセス ページと、基になるデータ ソースへの接続を管理している Microsoft Office Web コンポーネントの背後にあるエンジン。 データ ソース コントロールには、視覚的に表現がありません。

データベース アプリケーション

一連のオブジェクトを含めるテーブル、クエリ、フォーム、レポート、マクロ、およびコード モジュールを使用するデータベースを簡単に共同作業を行うように設計されたことができます。 データベース アプリケーションは通常、ユーザーのグループに配置されます。

データベース ダイアグラム

データベース スキーマの任意の部分のグラフィック表現。 全体または一部のいずれかの画像のデータベース構造のことがあります。 テーブル、列、およびテーブル間のリレーションシップが含まれています。

データベース解析ツール

詳細については、データベース内のオブジェクトを含むレポートを作成するためのツールです。

データベース オブジェクト

Access データベースには、テーブル、クエリ、フォーム、レポート、マクロ、およびモジュールなどのオブジェクトが含まれています。 Access プロジェクトに変換するには、フォーム、レポート、ページ、マクロ、およびモジュールなどのオブジェクトが含まれています。

データベースのレプリケーション

Access データベースの 2 つ以上の特別なコピー (レプリカ) を作成するプロセスです。 同期できるは、複製、データを 1 つのレプリカまたはデザイン マスターに加えたデザイン変更を行った変更が他のレプリカに送信されます。

データベース ウィンドウ

Access 2003 以前のバージョンでウィンドウを開くと表示される Access データベースまたは Access プロジェクトします。 新しいデータベース オブジェクトを作成して、既存のオブジェクトを開くのためのショートカットが表示されます。 Access 2007 では、データベース ウィンドウは、ナビゲーション ウィンドウで置き換えられます。

データ定義クエリ

データ定義言語 (DDL) ステートメントを含む sql クエリを指定します。 これらのステートメントでは、データベース内のオブジェクトを作成または変更できます。

データシート

テーブル、フォーム、クエリ、ビュー、または行と列の形式で表示されるストアド プロシージャからのデータ。

データシート ビュー

行と列の形式でテーブル、フォーム、クエリ、ビュー、またはストアド プロシージャからのデータを表示するビューです。 データシート ビューでフィールドを編集、追加し、データを削除したりデータを検索します。 Access 2007 でも変更し、データシート ビューでテーブルにフィールドを追加することができます。

日付式

日付リテラル、日付などのような数値を含む日付は、そのような日付、または日付を文字列として解釈される任意の式は、関数から返されます。

日付リテラル

シャープ記号で囲まれた有効な書式が設定された文字の並び (#)。 有効な形式には、コードまたはユニバーサル日付の形式のロケール設定で指定された日付の形式が含まれます。

日付の区切り記号

文字を日付の書式設定日、月、および年の区切りに使用します。 システムの設定またはFormat関数を使用して、文字が決定されます。

日付/時刻データ型

日付と時刻の情報を保持するための Access データベースのデータ型します。

datetime データ型

Access プロジェクト、日付と時刻のデータは 100 分の 3 秒つまり 3.33 ミリ秒の精度 1753 年 1 月 1 日から 9999 年 12 月 31 日までを入力します。

DBCS

256 文字以上を表現する文字を表す 1 または 2 バイトを使用する文字セットを返します。

10 進数データ型 (Access データベース)

-10 から値を格納する正確な数値データ型を ^28-1 ~ 10 ^28-1 します。 (数字の最大数) および有効桁数 (小数点の右側にある数字の最大数) を指定できます。

10 進数データ型 (Access プロジェクト)

-10 から値を格納する正確な数値データ型を ^38-1 ~ 10 ^38-1 します。 (数字の最大数) および有効桁数 (小数点の右側にある数字の最大数) を指定できます。

宣言

非のコードを定数、変数、または手順については、名前およびデータ型などの特性を指定します。 DLL ついて詳しくは、宣言は、名前、ライブラリ、および引数を指定します。

宣言セクション

モジュールの中のすべての手順に適用される宣言が含まれているモジュールのセクション。 ダイナミック リンク ライブラリで、変数、定数、ユーザー定義データ型、および外部プロシージャの宣言を含めることができます。

既定のコントロール スタイル

コントロールの種類の既定のプロパティ設定します。 各コントロールを個別にカスタマイズするための 2 つ以上のようなコントロールを作成する前に、コントロールの種類をカスタマイズします。

既定のプロパティ

そのタイプの新しいコントロールを作成するたびにようにコントロールの設定できるプロパティをプロパティは、同じ値が割り当てられます。

既定値

フィールドに自動的に入力またはコントロールの新しいレコードを追加すると値です。 既定値を使用するか、値を入力したするよりも優先されます。

削除クエリ

1 つまたは複数のテーブルから指定した条件に一致する行を削除するクエリ (SQL ステートメント)。

デザイン グリッド

グリッド クエリまたは高度なフィルター/並べ替えの編集] ウィンドウでクエリのデザイン ビューのフィルターをデザインするために使用します。 クエリの場合、このグリッドという名称でした並べ替えします。

デザイン マスター

なることができますレプリカ唯一のメンバーを設定する他のレプリカに伝播できるデータベース構造を変更します。

デザイン ビュー

これらのデザインを表示するビューをデータベース オブジェクト: テーブル、クエリ、フォーム、レポート、およびマクロ。 デザイン ビューでは、新しいデータベース オブジェクトを作成して、既存のオブジェクトのデザインを変更します。

詳細エリア

詳細フィールドと合計フィールドを含むピボット テーブル ビューの一部です。

詳細フィールド

行、または基になるレコード ソースからレコードをすべてを表示するフィールドです。

詳細セクション

フォームまたはレポートの本文を表示するために使用します。 このセクションは通常、レコード ソース内のフィールドにバインド コントロールが含まれていますが、フィールドの内容を示すラベルなどの非連結コントロールを含めることもできます。

直接同期

ローカル エリア ネットワークに直接接続されており、共有ネットワーク フォルダーで利用可能なレプリカ間でデータを同期する方法。

無効なコントロール

フォーム上に表示されるコントロールが淡色表示されます。 無効なコントロールがフォーカスを取得することはできませんし、マウスをクリックして、応答しないします。

ドキュメントのプロパティ

タイトルなどのプロパティは、件名、および作成者、各データ アクセス ページに保存されています。

ドメイン

テーブル、クエリ、または SQL 式で定義されているレコード セットです。 定義域集計関数は、特定のドメインやレコード セットに関する統計情報を返します。

定義域集計関数

DAvg DMaxレコード (ドメイン) のセットに対して統計の計算に使用するなどの関数

倍精度

明確でない (単精度) の数値を格納するために必要なコンピューターのメモリの 2 倍 (2 つの単語。 通常は 8 バイト) で保存されている数値の特徴です。 通常、浮動小数点形式のコンピューターで処理されます。

ドロップ エリア

ピボット テーブル ビューまたはピボット グラフ ビューのフィールドにデータを表示するフィールド リスト] からフィールドを削除する領域です。 各ドロップ エリアのラベルは、ビューの作成できるフィールドの種類を指定します。

ドロップダウン リスト ボックス

データ アクセス ページのコントロールをクリックすると、値を選択するリストが表示されます。 ドロップダウン リスト ボックス内の値を入力することはできません。

ダイナミック リンク ライブラリ

一連の手順を Visual Basic のプロシージャから呼び出すことができますが読み込まれているし、アプリケーションにリンクされている時刻を実行します。

E キー

ページの先頭へ

エコー

Access の更新やマクロの実行中に画面を描画するプロセス。

コントロールを編集します。

呼ばれます、テキスト ボックスを編集コントロールは四角形の領域を使用しているユーザーを入力して、テキストを編集するのです。

埋め込む

別のアプリケーションから OLE オブジェクトのコピーを挿入します。 OLE サーバーと呼ばれるオブジェクトのソース オブジェクトのリンクと埋め込みをサポートしているアプリケーションができます。 元のオブジェクトには、埋め込まれたオブジェクトへの変更は反映されません。

有効なデータベース

Access 2000 またはその形式を変換せずには、後で開かれている、以前のバージョンのデータベースです。 データベースのデザインを変更するが作成された Access のバージョンで開く必要があります。

エラー番号

0 ~ 65535エラーオブジェクトののプロパティの設定に対応する範囲の整数。 エラーのオブジェクトの説明のプロパティの設定を組み合わせると、この数字は、特定のエラー メッセージを表します。

排他的

ネットワーク上で共有されているデータベースのデータへのアクセス モードです。 開くとデータベースを排他モードで、他のユーザーをデータベースを開くようにします。

コントロールを展開します。

データ アクセス ページのコントロール、] をクリックして、展開、またはグループ化されたレコードの詳細のレコードを表示または非表示を折りたたむとき。

展開インジケーター

展開または折りたたむレコードのグループに使用する] ボタンプラス記号が表示されます (+) またはマイナス記号 (-)。

エクスポート

スプレッドシートのファイルを別のデータベースにデータとデータベース オブジェクトをコピーまたはファイル形式を別のデータベースまたはプログラムは、データまたはデータベースのオブジェクトを使用できるようにします。 さまざまなサポートされているデータベース、プログラム、およびファイル形式にデータをエクスポートすることができます。

式ビルダー

式の作成に使用できるツール。 選択できる一般的な式のリストが含まれています。

外部データベース

リンクまたは現在のデータベースまたはエクスポートするテーブルの宛先にインポートするには、テーブルのソース。

外部テーブル

現在開いている Access データベースまたは Access プロジェクトの外部からのテーブル。

F

ページの先頭へ

フィールドのデータ型

どのような種類のデータを格納できるかを決定するフィールドの特性。 たとえば、データ型がテキスト型のフィールドに文字列または数値の文字で構成されているデータを格納できますが、数値フィールドは、数値データのみを格納できます。

[フィールド リスト] ウィンドウ

基になるレコード ソースまたはデータベースのオブジェクトのすべてのフィールドの一覧が表示されるウィンドウ。

フィールドの選択

小さなボックスまたはバー データシートの列全体を選択するためにクリックします。

ファイル番号

ファイルを開くステートメントで使用する数値。 1 ~ 255 の範囲では、その他のプログラムにアクセスできないファイルのファイルの番号を使用します。 その他のプログラムからアクセスできるファイルの 256 511 の範囲内のファイルの番号を使用します。

塗りつぶし

幅または縦向きまたは横向きでは、レポートかどうかによって、ページの高さを調整して、レポートのスナップショット ウィンドウを表示するレポートの拡大します。

filter

データのサブセットを表示するために、またはデータを並べ替えるには、データに適用される条件のセットです。 Access では、さまざまな方法など、選択フィルターおよびフォーム フィルター、データをフィルター処理を使用できます。

フィルター エリア

ピボット テーブル ビューまたはピボット グラフ ビュー フィルター フィールドを含むの一部です。

フォームをフィルターします。

空のフィールドをフィルター処理されたレコードに含まれるを目的の値を入力すると、現在のフォームまたはデータシートのバージョンを使用するデータをフィルター処理の方法です。

選択範囲をフィルター処理します。

フォームまたは選択した値を含むレコードのみを取得するデータシート内のレコードをフィルター処理する方法。

選択フィルターします。

フォームまたは選択した値を含まないレコードのみを取得するデータシート内のレコードをフィルターする方法。

フィルター フィールド

ピボット テーブル ビューまたはピボット グラフ ビューに表示されるデータをフィルター処理に使用できるフィルター領域のフィールド。 フィルター フィールドは、Microsoft Excel のピボット テーブル レポートでのページ フィールドと同じ機能を実行します。

入力のフィルター

値または値または式を満たすレコードのみを検索するために入力する式を使用しているレコードをフィルター処理する方法。

固定幅テキスト ファイル

各フィールドが [幅を固定するデータが含まれているファイル。

浮動小数点データ型

Access プロジェクトで、精度が 15 桁の数値データを入力します。 データ型は正の値に保持できるフロートの値は約-2.23e - 308-1.79e + 308 の範囲の負の値を - 308 ~ 1.79 e + 308、または 0 をします。

浮遊します。

ウィンドウを自由に移動できます。 浮動ウィンドウは、常に手前にします。 式ビルダー、データベース構造の解析、ツールボックス、およびパレットことができます。

外部キー

1 つまたは複数テーブルのフィールド (列)、主キー フィールドまたは別のテーブルのフィールドを参照しています。 外部キーでは、テーブル間の関係を示します。

外部テーブル

データベース内 (顧客) などの別のテーブルで主キー フィールドである (など CustomerID) 外部キー フィールドを含むし、1 対多のリレーションシップの「多」側に (顧客の注文) などのテーブル

フォーム

Access データベース オブジェクト行ったかを入力する、表示するには、フィールドのデータを編集するためのコントロールを配置します。

フォームのフッター

フォーム、コマンド ボタン、または非連結コントロールを使用して入力するための手順を表示するために使用します。 フォーム ビューでフォームの下部にあると、印刷イメージの末尾に表示されます。

フォーム ヘッダー

フォーム、フォーム、または関連するフォームを開く] または [その他のタスクを実行するためのコマンド ボタンを使用するための手順のタイトルを表示するために使用します。 フォーム ビューでフォームの上部にあると、印刷イメージの先頭にあるフォーム ヘッダーが表示されます。

フォーム モジュール

モジュールの Visual Basic には for Applications (VBA) コードは、特定のフォームに発生するイベントですべてのイベント プロシージャが含まれています。

フォームのオブジェクト タブ

デザイン ビュー、フォーム ビュー、データシート ビュー、または [印刷プレビューでのフォームで作業を行うオブジェクト] タブ。

フォーム プロパティ

フォームの属性の表示や動作に影響を与えるします。 たとえば、既定のビューのプロパティは、フォーム ビューまたはデータシート ビューでフォームを自動的に開くかどうかを決定するフォーム プロパティです。

フォームの選択

デザイン ビューでフォームの左上隅で、ルーラーが会議をします。 ボックスを使用して、フォームの選択など、フォーム レベルの操作を実行します。

フォーム ビュー

ビューを表示するか、データを受け入れるように使用するフォームを表示します。 フォーム ビューは、追加して、テーブル内のデータを変更するの主な手段です。 このビューのフォームのデザインを変更することもできます。

format

データを表示および印刷する方法を指定します。 Access データベースと同等の SQL データ型の Access プロジェクトに特定のデータ型の標準形式を提供します。 ユーザー設定の形式を作成することもできます。

フロントエンド/バックエンド アプリケーション

テーブルを含む「バックエンド」データベース ファイルで構成されているデータベース アプリケーションとその他のすべてのデータベース オブジェクトを「バックエンド」テーブルへのリンクを含む「フロント エンド」データベース ファイルのコピーします。

function

入力パラメーターを取得し、ストアド プロシージャのような結果を返すクエリ。 タイプ: スカラー (複数ステートメントを返します。 1 つの値)、インライン (1 つの文。 を更新可能なテーブルの値)、およびテーブル (複数ステートメント テーブルの値)。

Function プロシージャ

Visual Basic for Applications (VBA) では、式で値を返すプロシージャを使用できます。 関数のステートメントを使用して関数を宣言して式を使用して終了します。

G

ページの先頭へ

標準の並べ替え順序

文字の並び、データベース全体になど、テーブル、クエリ、およびレポートの既定の並べ替え順序を決定します。 Access の複数言語のエディションでデータベースを使用する場合は、標準の並べ替え順序を定義します。

グローバル メニュー バー

Access 2003 およびそれ以前、フォームまたはレポートのカスタム メニュー バーを指定したデータベース アプリケーションのすべてのウィンドウの組み込みのメニュー バーに代わる特別なカスタム メニュー バー。

グローバル レプリカ

セット内のすべてのグローバル レプリカのレプリカの変更内容が完全に管理されていると交換できます。 グローバル レプリカはハブになりますローカルまたは匿名のレプリカを使用して変更を交換することもできます。

グローバル ショートカット メニュー

次のオブジェクトの組み込みのショートカット メニューに代わるカスタム ショートカット メニュー: テーブルおよびクエリのデータシート内のフィールドフォームおよびフォーム ビュー、データシート ビューでは、印刷プレビューで、フォーム コントロール印刷プレビューでのレポート。

グローバル一意識別子 (GUID)

16 バイト フィールド Access データベースのレプリケーションの一意の識別子を設定するために使用します。 Guid を使用して、複製、レプリカ セット、テーブル、レコード、およびその他のオブジェクトを識別できます。 Access データベースでは、Guid をレプリケーション Id と呼びます。

グリッド (データシート ビュー)

テーブル、クエリ、フォーム、ビュー、またはストアド プロシージャのセルに、行と列のデータを視覚的に分割する縦方向と横方向の行です。 表示し、これらのグリッド線を非表示にできます。

グリッド (デザイン ビュー)

並べ替え垂直および水平点線および実線の線のできるようにする方法は、フォームまたはレポートをデザインする際に正確にコントロールを配置します。

グループのアカウント

グループ名と個人用 ID (PID) で示された、ワークグループ内のユーザー アカウントのコレクションです。 グループに割り当てられた権限は、グループ内のすべてのユーザーに適用されます。

グループ フィルター コントロール

リストから選択した値に基づいて、基になるレコードからレコードを取得するデータ アクセス ページでドロップダウン リスト ボックス コントロール。 グループ化されたページには、コントロールは、特定のレコードのグループを取得します。

グループ フッター

レコードのグループの末尾にグループ名またはグループの合計などの情報を配置するために使用します。

グループ ヘッダー

レコードのグループの先頭にグループ名またはグループの合計などの情報を配置するために使用します。

グループ レベル

他のグループ内にネストされて、レポートやデータ アクセス ページ内のグループを奥行きします。 グループは、レコード セットが 1 つ以上のフィールド、式、またはレコード ソースをグループ化とネストされます。

グループ化されたコントロール

2 つ以上コントロールをフォームまたはレポートを設計するときに 1 つの単位として扱うことができます。 コントロールを配置するには、個々 のコントロールを選択するか、プロパティを設定するのではなく、グループを選択します。

グループ化されたデータ アクセス ページ

2 つ以上のグループ レベルを持つデータ アクセス ページです。

GUID データ型

リモート プロシージャ コールで使用される固有の識別文字列。 すべてのインターフェイスとオブジェクト クラスは、id の GUID (グローバルに一意の識別子) を使用します。 GUID は、128 ビット値です。 

H

ページの先頭へ

ホスト アプリケーション

アプリケーションの Visual Basic の使用をサポートするアプリケーションです。

ハブ

グローバル レプリカ レプリカ セット内のすべての複製を変更の同期します。 ハブは、親レプリカとして機能します。

ハイパーリンクのアドレス

移動先など、オブジェクト、ドキュメント、または Web ページへのパス。 [ハイパーリンク アドレス] の URL (インターネットかイントラネット サイトのアドレス) または UNC ネットワーク パス (ローカル エリア ネットワーク上のファイルにアドレス) を使用できます。

ハイパーリンク型

[ハイパーリンク アドレスを格納する Access データベース フィールドのデータ型。 アドレスは 4 つの部分を設定して、次の形式で書き込まれます。 #address #subaddress # します。

[ハイパーリンク] フィールド

[ハイパーリンク アドレスを格納するフィールドです。 Access データベースでは、ハイパーリンク データ型のフィールドはできます。 Access プロジェクトで、ハイパーリンクあり] プロパティをTrueに設定されているフィールドであります。

ハイパーリンク イメージ コントロール

バインドされていないファイルまたは Web ページへのハイパーリンクを表すイメージを表示するデータ アクセス ページで使用されているコントロール。 ブラウズ モードでは、目的の場所に移動する画像をクリックします。

I

ページの先頭へ

IDC/HTX ファイル

Microsoft インターネット インフォメーション サービスは、ODBC データ ソースからデータを取得し、HTML ドキュメントとして書式設定し、IDC ファイルと HTX ファイルを使用します。

識別子 (式)

フィールド、コントロール、またはプロパティの値を参照する式の要素。 たとえば、フォームです。[Orders] です。[OrderID] は、Orders フォーム上のOrderIDコントロールの値を示す識別子です。

識別子 (Visual Basic)

Visual Basic コード モジュールでデータ メンバー。 識別子は、Sub、関数、またはプロパティ プロシージャ、変数、定数、DECLARE ステートメント、またはユーザー定義データ型を使用できます。

イメージ コントロール

フォームまたはレポートに画像を表示するためのコントロール。

画像のデータ型

Access プロジェクトで、最大 2 を保持できる可変長データ型 ^31-1 (2,147, 483,647) バイトのバイナリ データ。 など、画像、ドキュメント、サウンド、バイナリ大きなオブジェクト (Blob) を格納するため、コードのコンパイル済みです。

インポート

Access テーブルには、テキスト ファイル、スプレッドシート ファイル、またはデータベースのテーブルからデータをコピーします。 インポートしたデータを使用するには、新しいテーブルを作成するのには、または (追加) を追加することが一致するデータ構造を持つ既存のテーブルにします。

インポート/エクスポートの仕様

Access は、インポートを実行または固定幅か区切り記号付きテキスト ファイルでの操作をエクスポートする必要がある情報を格納するを定義します。

index

検索やテーブルでの並べ替えをすばやく行うことができる機能は、キーの値に基づいており、テーブル内の行を一意に適用することができます。 テーブルの主キーのインデックスは自動的に作成されます。 一部のフィールドのデータ型、OLE オブジェクトまたは添付ファイルなどの理由により、インデックスを付けることはできません。

インデックス ウィンドウ

Access データベース] ウィンドウを表示またはテーブルのインデックスを編集したり、複数フィールド インデックスを作成します。

間接同期

コンピューターに移動しているときなど、未接続の環境で使われている同期方法を指定します。 間接同期を構成するのには、レプリケーション マネージャーを使用する必要があります。

埋め込み

フィールドやコントロールから OLE オブジェクトの OLE サーバーのアクティブ化します。 たとえば、コントロールをダブルクリックして、コントロールに含まれているサウンド (.wav) ファイルを再生できます。

定型入力

リテラル文字列 (かっこ、指定した期間に、ハイフンなど) で構成される書式設定とデータがどのような種類のデータだけでなくを入力する場所を指定する定型入力の文字数の文字が許可されます。

インストール可能な ISAM

DBASE、Excel、および Paradox などの外部データベース形式へのアクセス許可を指定できますドライバーです。 Microsoft Access データベース エンジンをインストール (ロード)、アプリケーションによって参照されるときにこれらの ISAM ドライバーします。

インスタンス

その定義を含むクラスから作成されたオブジェクトです。 たとえば、フォーム クラスの複数のインスタンスが同じコードを共有しとフォーム クラスをデザインするために使用した同じコントロールが読み込まれます。

int データ型

Access プロジェクトで、4 バイト (32 ビット) のデータ型を-2 の範囲の整数を格納する ^31 (-2,147,483,648) ~ 2 ^31-1 (2,147, 483,647)。

整数データ型

整数を格納する基本的なデータ型を返します。 整数の変数は、-32,768 ~ 32,767 の値の 16 ビット (2 バイト) の数値として保存されます。

インターネットの同期

インターネット サーバーが構成されている未接続の環境でレプリカを同期するために使用します。 インターネットの同期を構成するのには、レプリケーション マネージャーを使用する必要があります。

組み込み定数

Access、VBA、ADO、または DAO によって提供される定数です。 これらの定数は、各ライブラリのグローバルをクリックして、オブジェクト ブラウザーで利用します。

アイテム

フィールド内のデータの一意の要素。 下位レベルのアイテムは、ピボット テーブルのリストのフィールド リストの表示、アイテムの横にある展開アイコン (+) が表示されます。

J

ページの先頭へ

Jet とレプリケーション オブジェクト

Microsoft Jet データベースに固有のアクションを実行するのに使用できるオートメーション インターフェイスのセットです。 JRO を使うと、できるデータベースの最適化、キャッシュからデータを更新して作成および管理するレプリケートされたデータベース。

K

ページの先頭へ

キーボード ハンドラー

キーまたはユーザーが押したキーの組み合わせを認識して応答コードです。

L

ページの先頭へ

ラベル

フォームやレポートのタイトル、キャプション、または手順についてなどの説明のテキストを表示するコントロール。 ラベルは、他のコントロールに接続されていない可能性があります。

レイアウト ビュー

Access 2007 では、フォームに変更およびライブ データの表示中にレポートをビューさまざまな種類のデザインを行うことができます。

左外部結合

右側のテーブルの結合フィールドに一致する値がない場合でも、クエリの結果を外部結合のクエリの SQL ステートメントで LEFT JOIN 操作の左端からすべてのレコードが追加されます。

凡例

グラフのデータ系列やカテゴリに割り当てられた色またはパターンを識別するボックスです。

ライブラリ データベース

プロシージャ、およびすべてのアプリケーションから呼び出すことができるデータベース オブジェクトのコレクションです。 ライブラリ内の項目を使用するためには、最初に現在のデータベースからライブラリ データベースへの参照を確立する必要があります。

リンク (テーブル)

表示して、Access でデータを元のプログラムの両方を編集できるように他のアプリケーションからのデータに接続を確立する操作します。

リンク テーブル

外部のアクセスをレコードにアクセスできるデータベース ファイルに保存されているテーブル。 追加、削除、およびリンク テーブルにレコードを編集することができますが、その構造を変更することはできません。

リストのインデックス

番号、リスト内のアイテム、最初の項目は 0、2 番目の 1、項目のシーケンス。

ローカル オブジェクト

テーブル、クエリ、フォーム、レポート、マクロ、またはレプリカまたはが作成されたデザイン マスター内に残っているモジュールします。 オブジェクトもオブジェクトへの変更は、レプリカ セット内の他のメンバーにコピーされます。

ローカル レプリカ

データをそのハブまたはグローバル レプリカ レプリカの他のレプリカとレプリカを設定します。

ロケール

特定の言語および国に対応する情報のセットです。

ロック済み

レコード、レコード セット、またはを編集しているユーザーを除くすべてのユーザーに対して、読み取り専用になっているデータベースの状態。

ルックアップ フィールド

フォームまたはレポートを Access データベース内で使用されているフィールド。

M

ページの先頭へ

ACCDE ファイル

Access 2007 でデータベース (.accdb) のファイルをすべてモジュール コンパイル済みとすべての編集可能ソース コードを削除します。

Access データベース エンジン

取得し、[ユーザーとシステムのデータベースにデータを格納する Access データベースのシステムの一部です。 エンジンできますと見なすデータ マネージャー データベースなどのアクセスをシステムの構築します。

マクロ

アクションまたは一連のアクションのタスクを自動化するために使用することができます。

マクロ ビルダー

[オブジェクト] タブを作成してマクロを変更します。 マクロ ビルダーは、リボンの [作成] タブから直接、またはさまざまなフォームやレポートなどの場所から開始できます。

マクロ グループ

1 つのマクロの名前の下にまとめて保存されている関連するマクロのコレクションです。 コレクションは、単にマクロとも呼ばれます。

メイン フォーム

1 つ以上のサブフォームを含むフォーム。

テーブル作成クエリ

新しいテーブルを作成し、テーブル内にある既存のテーブルまたはクエリの結果からレコードをコピーしてレコード (行) を作成するクエリ (SQL ステートメント)。

手動のリンク

データを更新するデータ ソースのドキュメントの変更後の操作を実行する必要があるためのリンク。

多対多リレーションシップ

互いに 2 つのテーブルのいずれかのテーブル内の 1 つのレコードが他のテーブルの複数のレコードに関連付けることができます。 多対多リレーションシップを確立するには、3 番目のテーブルを作成し、次の表に、その他の 2 つのテーブルから主キー フィールドを追加します。

選択範囲

見出しや重要なお知らせなど、特定のページ要素に、ユーザーの注目データ アクセス ページで使用されているテキストを移動できます。 ページの選択範囲を配置するには、スクロール テキスト コントロールを作成します。

レコードの最大数の制限

パフォーマンスを向上させるには、フォームまたは Access プロジェクトでデータシートの Microsoft SQL Server データベースから取得するレコードの最大数を指定できます。

MDE ファイル

Access 2003 または削除されたすべてのモジュール コンパイル済みとすべての編集可能ソース コードの以前のデータベース (.mdb) ファイルをします。

メモ データ型

Access データベースでフィールドのデータ型になります。 メモ型フィールドには、最大 65,535 文字を含めることができます。

Microsoft Access データ ファイル

Access データベースまたは Access プロジェクト ファイル。 Access 2007 データベースを .accdb ファイルでデータベース オブジェクトとデータを格納し、以前のバージョンの Access は、.mdb ファイル形式を使用します。 プロジェクト ファイルは、データが含まれていないと、Microsoft SQL Server データベースに接続するために使用します。

Microsoft Access データベース

特定のトピックや目的に関連するデータおよびオブジェクト (テーブル、クエリ、フォームなど) のコレクションです。

Microsoft Access オブジェクト

Access によって定義された、オブジェクトのアクセス、そのインターフェイス、またはアプリケーションのフォームおよびレポートに関連します。 さらに、プログラムのインターフェイスを入力して、データを表示するための要素に、Microsoft Access オブジェクトを使用できます。

Microsoft Access プロジェクト

Microsoft SQL Server データベースに接続し、クライアント/サーバー アプリケーションを作成するために使用する Access ファイルを指定します。 プロジェクト ファイルには、任意のデータまたはデータの定義をベースのオブジェクト (テーブルとビューのなど) が含まれていません。

Microsoft データ エンジン

クライアント/サーバー データ エンジン シングル ユーザーのコンピューターや小さなワークグループのサーバーより小さなコンピューター システムでローカル データ記憶域を提供し、[Microsoft SQL Server 6.5、SQL Server 7.0、SQL Server 2000 と互換性がします。

Microsoft SQL Server データベース

Microsoft SQL server データベース、テーブル、ビュー、インデックス、ストアド プロシージャ、関数、およびトリガーしてで構成されます。 ODBC を使用して、または Access プロジェクトを作成して、SQL Server のデータを Access データベースを接続することができます (* .adp) ファイル。

モジュール レベル

すべての変数または for Applications (VBA) モジュールまたはプロシージャの外部では、Visual Basic の宣言] セクションで宣言された定数について説明します。 変数やモジュール レベルで定数は、モジュールのすべての手順を利用します。

モジュール レベル変数

個人的なキーワードを使って for Applications (VBA) モジュールの Visual Basic の宣言] セクションで宣言されている変数です。 これらの変数はモジュールのすべての手順を使用します。

金額のデータ型

Access プロジェクトで、通貨単位の 10 個までの精度で範囲を 922,337,203,685,477.5807、-922,337,203,685,477.5707 の金銭を表す値を格納するデータ型をします。

移動ハンドル

選択したコントロールまたはデザイン ビューまたはレイアウト ビューでコントロール レイアウトの左上隅に表示される大きな四角形。 コントロールまたはコントロールのレイアウトを別の場所に移動するハンドルをドラッグすることができます。

移動モード

モードは、左と右矢印キーを使用して、データシート ビューで列を移動することができます。

複数値フィールド

ルックアップ フィールドを 1 つ以上の値を格納できます。

マルチユーザー (共有) データベース

1 つ以上のユーザーにアクセスして、同じデータのセットを同時に変更を許可するためのデータベースです。

N

ページの先頭へ

名前の自動修正

フォーム、レポート、テーブル、クエリ、フィールド、またはフォームやレポート上のコントロールの名前を変更するときに発生する問題を自動的に修正する機能です。 ただし、名前の自動修正は、オブジェクトの名前が変更されたすべての参照を修正することはできません。

移動ボタン

このボタンはレコード間を移動するために使用します。 これらのボタンは、データシート ビューおよびフォーム ビューの左下隅に配置されます。 ボタンも、印刷プレビューでは使用できるように、文書のページ間を移動することができます。

ナビゲーション ウィンドウ

Access データベースまたは Access プロジェクトを開くときに表示されるウィンドウ。 ナビゲーション ウィンドウで、データベース オブジェクトを表示するさまざまな方法でオブジェクトをグループ化と並べ替えをカスタマイズできます。

nchar データ型

Access プロジェクトで、固定長のデータを最大 4,000 Unicode 文字を入力します。 Unicode 文字は、文字あたり 2 バイトを使用して、国際のすべての文字をサポートします。

正規化

効果的なテーブル デザインを使用してリレーショナル データベースの情報の重複を最小限に抑えるします。 テーブル正規化ウィザードを使用して、データベースを正規化することができます。

ntext データ型

Access プロジェクトで、最大 2 を保持できる可変長データ型 ^30-1 (1,073, 741,823) 文字。 Ntext データ型の列のデータ行で、16 バイトのポインターを保存して、データが保存されているとは別にします。

Null

フィールドに入力するか、式またはクエリのデータが不明なを使用して値です。 Visual Basic では、 Nullキーワードは、Null 値を示します。 主キー フィールドなど、一部のフィールドには、Null 値を含めることはできません。

Null フィールド

Null 値を持つフィールド。 Null フィールドが長さ 0 の文字列を含むフィールドと同じではありません ("") または 0 の値を持つフィールド。

数値データ型

Access データベースで、フィールドのデータ型は、計算で使用される数値データに対応したデザインします。 ただしを表示または通貨の値を計算する通貨データ型を使用します。

数値データ型

Access プロジェクト、-10 から値を格納する、正確な数値データ型で ^38-1 ~ 10 ^38-1 します。 (数字の最大数) および有効桁数 (小数点の右側にある数字の最大数) を指定できます。

nvarchar(n) データ型

Access プロジェクトで、最大 4,000 Unicode 文字の可変長のデータを入力します。 Unicode 文字は、文字あたり 2 バイトを使用して、国際のすべての文字をサポートします。

O

ページの先頭へ

データ型

Visual Basic で認識できる任意のオブジェクトを表す基本的なデータ型を返します。 すべてのオブジェクト変数を宣言するオブジェクトの種類としての特定の種類に応じてオブジェクト変数を宣言することをお勧めします。

オブジェクトの依存関係] ウィンドウ

選択したオブジェクトとも、選択したオブジェクトの依存関係を持っているオブジェクトの依存関係を持っているオブジェクトが表示されます。

オブジェクト ライブラリ

ファイルをオブジェクト、メソッド、プロパティの定義が含まれています。 通常のオブジェクト ライブラリが含まれているファイルには、[ファイル名拡張子 .olb があります。

オブジェクト型

オートメーションでによるプログラムによって表示されるオブジェクトの種類たとえば、アプリケーション、ファイル、範囲、およびシートします。 Visual Basic Editor で、オブジェクト ブラウザーを使用して、または使用可能なオブジェクトの一覧については、プログラムのドキュメントを参照してください。

オブジェクト変数

オブジェクトへの参照が含まれている変数です。

ODBC 接続文字列ビルダー

パススルー クエリを作成するときに、SQL データベースへの接続に使用できるツール。 クエリを保存すると、接続文字列は、クエリに保存されます。

ODBC データ ソース

データにアクセスするデータベースを開いているデータベース Connectivity (ODBC) プロトコルをサポートするプログラムからのデータと、情報が必要です。

ODBC データベース

データベースを開いているデータベース Connectivity (ODBC) ドライバー-をインポートする、リンク、またはデータをエクスポートするのに使用できるドライバー-を指定します。

ODBCDirect

Microsoft Jet データベース エンジンをバイパスする DAO 機能を使用すると、ODBC データ ソースにアクセスすることができますテクノロジです。

OLE コンテナー

別のプログラムからリンクまたは埋め込み OLE オブジェクトが含まれるプログラムを使用します。 たとえば、Access データベースで OLE オブジェクトの Excel ワークシートの場合は、アクセス、OLE コンテナーです。

OLE DB

効率的なネットワークとインターネット リレーショナル データ、メール ファイル、フラット ファイル、スプレッドシートなどのデータ ソースのさまざまな種類のアクセスを提供するコンポーネント データベース アーキテクチャ。

OLE DB プロバイダー

データにアクセスする方法は外部 ODBC または IISAM ドライバーを使用してデータにアクセスするのではなく、データへのネイティブ アクセスを有効にする OLE DB アーキテクチャのプログラム。

OLE オブジェクト

オブジェクトのリンクと埋め込みオブジェクト、OLE プロトコルをサポートします。 OLE オブジェクト、OLE server (たとえば、Windows のペイント画像または Excel ワークシート) からのリンクまたはフィールド、フォーム、またはレポートに埋め込まれたことができます。

OLE オブジェクト データ型

フィールドのデータ型 (挿入) を Access データベースにリンクされたまたは埋め込まれたできるその他のプログラムで作成されたオブジェクトを使用します。

OLE サーバー

プログラムまたは DLL をリンクまたは埋め込み OLE オブジェクトを別のプログラムを提供します。 たとえば、Access データベースで OLE オブジェクトの Excel ワークシートの場合は、Excel、OLE サーバーです。

OLE/DDE リンク

OLE オブジェクトと OLE サーバーとの間または動的データ交換 (DDE) のソース ドキュメントとターゲット ドキュメントの間の接続します。

一対多リレーションシップ

主テーブルの各レコードの主キーの値が一致するフィールドの関連テーブルの複数のレコードのフィールドの値に対応する 2 つのテーブル間の関連付けです。

一対一リレーションシップ

主テーブルの各レコードの主キーの値が一致するフィールドの関連テーブルに 1、1 つだけのレコードのフィールドの値に対応する 2 つのテーブル間の関連付けです。

オプション ボタン

コントロールをフォームまたはレポート上の選択肢を表示する通常オプション グループの一部として使用される、オプション ボタンとも呼ばれます。 ユーザーは、1 つ以上のオプションを選択できません。

オプション グループ

フレームをチェック ボックス、トグル ボタン、およびフォームまたはレポート上のオプション ボタンを含めることができます。 ユーザーが 1 つのオプションを選ぶための選択肢を表示するのにには、オプション グループを使用します。

外部結合

クエリの結果でレコードを 1 つに結合が 2 つのテーブルからのレコードに一致して、結合されたフィールドの値には、一方のテーブルで一致しない場合でも、少なくとも 1 つのテーブル寄与すべてのレコードをそれぞれを結合します。

所有者

セキュリティを使用しているときに、コントロールをデータベースまたはデータベース オブジェクトの権限を持つユーザー アカウント。 既定では、データベースやデータベース オブジェクトを作成するユーザー アカウントは、所有者です。

P

ページの先頭へ

ページ (データ ストレージ)

レコードのデータが保存されているデータベース ファイルの一部です。 によっては、レコードのサイズは、1 つ以上のレコードがページ (4 KB) にあります。

ページ フッター

フォームまたはレポートの各ページの下部にあるページの概要、日付、またはページ番号を表示するために使用します。 ページ フッターでは、フォーム、フォームを印刷するときにのみが表示されます。

ページ ヘッダー

フォームまたはレポートの各ページの上部にある、タイトル、列見出し、日付、またはページ番号を表示するために使用します。 ページ ヘッダーでは、フォーム、フォームを印刷するときにのみが表示されます。

パラメーター クエリ

ユーザーが対話形式で 1 つまたは複数の抽出条件の値を指定するクエリ。 パラメーター クエリは、別の種類のクエリではありません。代わりに、クエリの柔軟性を拡張します。

部分的なレプリカ

完全なレプリカのレコードの一部のみを含むデータベースです。 部分的なレプリカ、フィルターを設定でき、フル レプリカのレコードのサブセットをデータベースに存在する必要があります定義リレーションシップを識別できます。

パススルー クエリ

Sql クエリを使用してコマンドを ODBC データベース サーバーに直接送信します。 パススルー クエリを使用すると、直接テーブルを操作する、Access データベース エンジンで処理されるデータではなく、サーバーにします。

アクセス許可

一連の属性とユーザーのアクセス権の種類を指定するデータまたはデータベース内のオブジェクトがあります。

永続的なオブジェクト

データベースに格納されているオブジェクトたとえばのデータベース テーブルやクエリオブジェクトです。 ダイナセット タイプまたはスナップショット タイプの Recordset オブジェクトしては必要に応じてメモリ内で作成されるので永続的なオブジェクトは考慮されません。

個人の ID

英数字 4 ~ 20 文字、ユーザーまたは Access ワークグループ内のグループを特定するアカウント名と組み合わせて使用されます。

(悲観値)

次のような種類のロックを 1 つまたは複数のレコードを含むページ、編集中のレコードを含む、編集する方法を使用する場合は他のユーザーには使用できず、更新プログラムを使用するまでは使用できません。

数学定数と等しい数理します。

ピボット グラフ ビュー

データシートまたはフォームのデータの分析結果が表示されます。 さまざまな詳細レベルを表示したり、フィールドとアイテムをドラッグするかが表示されているフィールドのドロップダウン リスト内のアイテムを非表示にして、レイアウトを指定できます。

ピボット テーブルのフォーム

選択した形式と計算の方法を使用して大量のデータを集計する対話型のテーブル。 Excel のピボット テーブル レポートと同様、さまざまな方法でデータを表示する、行と列の見出しを回転することができます。

ピボット テーブルのリスト

Web ページに対話形式でデータを分析するために使用する Microsoft Office Web コンポーネントします。 データ行に表示し、列の形式を移動、フィルター処理、並べ替え、および対象ユーザーにわかりやすい方法で計算します。

ピボットテーブル ビュー

データシートまたはフォームにデータを集計するビュー。 さまざまな詳細レベルを使用するか、フィールドとアイテムをドラッグするかが表示されているフィールドのドロップダウン リスト内のアイテムを非表示にして、データを整理することができます。

十字ポインター

データシート内のフィールドの左端にポインターを移動するときに表示されるポインターです。 プラス ポインターが表示されたらは、フィールド全体を選択するときにクリックします。

ポップアップ フォーム

他のウィンドウの一番上に表示されるフォーム。 ポップアップ フォームには、モーダルまたはモードレスを使用できます。

主キー

1 つまたは複数フィールド (列) の値は、テーブル内の各レコードを一意に識別します。 主キーでは、Null 値を許可することはできず、一意なインデックスを持つ必要があります。 他のテーブルの外部キーにテーブルを関連付ける主キーを使用します。

主テーブル

一対多のリレーションシップの 2 つの関連テーブルの「一」側します。 主テーブルで主キーを設定する必要があり、各レコードは一意である必要があります。

プライベート プロシージャ

Declareステートメントで個人的なキーワードを使用して Sub または Function プロシージャを非公開として宣言されています。 プライベート プロシージャは同じモジュール内には、他の手順でのみ利用できます。

手続き

宣言と単位として実行されるモジュールでステートメントのシーケンス。 Visual Basic for Applications (VBA) モジュールでの手順には、両方の Sub および Function プロシージャが含まれます。

プロシージャ レベル

すべての変数またはプロシージャ内で定数について説明します。 変数とプロシージャ内で定数は、そのプロシージャでのみ使用できます。

プロシージャ レベル変数

プロシージャ内で宣言されている変数します。 プロシージャ レベル変数は、プライベート プロシージャで宣言するのには常にします。

プロジェクト

標準モジュールおよびクラス モジュールを含む、データベース内のすべてのコード モジュールのセットです。 既定では、プロジェクトに同じ名前のデータベースがします。

プロパティ シート

ウィンドウを表示するか、テーブル、クエリ、フィールド、フォーム、レポート、データ アクセス ページ、およびコントロールなどのさまざまなオブジェクトのプロパティを変更するためのです。

擬似インデックス

動的なクロス リファレンスを 1 つまたは複数テーブルのデータ フィールド (列) を編集できる一意なインデックスせずに、ODBC テーブル (サーバー) を許可します。

パブリック変数

Visual Basic の宣言] セクションで、一般向けのキーワードを使って for Applications (VBA) モジュール宣言する変数です。 パブリック変数は、データベース内の各モジュールのすべての手順で共有できます。

文書

Access プロジェクトで、文書が 1 つを含めることができます。 またはパブリッシュされたテーブルまたはストアド プロシージャのアーティクルの 1 つの詳細。 各ユーザー データベースでは、1 つまたは複数の文書を利用できます。 記事は、データの単位としてレプリケートのグループです。

公開

Windows SharePoint Services を実行しているサーバーなど、ドキュメント管理サーバーには、データベースを保存します。

Q

ページの先頭へ

query

テーブルまたはデータの操作を実行する出席依頼に格納されているデータに関する質問します。 クエリがデータを収集のフォームまたはレポートのデータ ソースとして使用する複数のテーブルからします。

クエリ ウィンドウ

デザイン ビュー、データシート ビュー、SQL ビュー] または [印刷プレビューでクエリを使って作業を行うウィンドウ。

QueryDef

保存されている、Access データベースでクエリの定義または一時的な ODBCDirect ワークスペースでのクエリを定義します。

R

ページの先頭へ

実際のデータ型

Access プロジェクトで、7 桁の精度の数値データを入力します。 範囲 - 38 小数点、負の値の範囲の正の値を保持できます 38 小数点、または 0 を使用します。

レコード ナビゲーション コントロール

レコード移動ツールバーを表示するのには、データ アクセス ページで使用されているコントロール。 グループ化されたページで、グループ レベルごとにナビゲーション ツールバーを追加できます。 レコード ナビゲーション コントロールをカスタマイズするには、そのプロパティを変更します。

レコード番号ボックス

データシート ビューおよびフォーム ビューで、左下隅で、現在のレコード番号を表示する小さなボックス。 特定のレコードに移動するには] ボックスに、レコード番号を入力し、ENTER キーを押します。

レコード セレクター

小さなボックスまたはバーをクリックすると、データシート ビューおよびフォーム ビューでレコード全体を選択したレコードの左側にします。

レコード ソース

フォーム、レポート、またはデータ アクセス ページのデータのソースの基になります。 Access データベース、テーブル、クエリ、または SQL ステートメントがあります。 Access プロジェクトでは、テーブル、ビュー、SQL ステートメントをストアド プロシージャします。

レコードセット

テーブル、ダイナセット、およびスナップショット タイプの Recordset オブジェクトがオブジェクトとして扱うレコードのセットに分ける名前です。

参照先のデータベース

Access データベースをユーザーに現在のデータベースからの参照が確立します。 ユーザーは、データベースへの参照を作成して、そのデータベースの標準モジュールのプロシージャを呼び出します。

データベースを参照します。

現在の Access データベースのユーザーが、別の Access データベースへの参照を作成します。 ユーザーは、データベースへの参照を作成して、そのデータベースの標準モジュールのプロシージャを呼び出します。

参照整合性

追加すると、テーブル間の定義済みの関連付けを維持するために実行するルールは、更新、またはレコードを削除します。

更新

で Access データベース、フォームまたはその他のユーザーが行った変更を反映するデータシート内のレコードを再表示します。 Access プロジェクトで、作業中の基になるクエリを再実行するフォームまたは変更を反映するためにデータシートを記録します。

リレーションシップ

2 つのテーブルの共通のフィールド (列) の間で確立されている関連付けです。 一対一、一対多または多対多リレーションシップがあります。

リレーションシップのオブジェクト タブ

オブジェクトのタブを表示、作成、およびテーブルおよびクエリ間のリレーションシップを変更します。

相対またはインライン配置

文書の自然 HTML フローの要素を配置が、前のコンテンツに基づく要素の配置します。

再描画

画面を再表示します。 メソッドは、指定したフォームの保留中の画面更新を完了します。

レプリカ

レプリカのメンバーになっているデータベースのコピーを設定し、セット内の他のレプリカと同期することができます。 1 つのレプリカ レプリケートされたテーブル内のデータへの変更が送られ、他のレプリカに適用されます。

レプリカ セット

デザイン マスターおよび一意のレプリカと同じデータベース デザインを共有しているすべてのレプリカ識別子を設定します。

レプリカ トポロジを設定します。

レプリカからの変更が反映される順序です。 トポロジは、別のレプリカの変更が、レプリカにどのように表示される速さを決定します。

レプリケーション

2 つ以上のコピーがデータの更新プログラムを交換できますやオブジェクトを複製するように、データベースをコピーするプロセスです。 この exchange は、同期と呼ばれます。

レポート

Access データベースのオブジェクトを書式設定は、整理された状態が含まれている情報を印刷するには、ユーザーが指定しました。 レポートの例は、売上の概要、電話のリスト、宛名ラベルです。

レポート フッター

レポートのセクションで、ページ番号、日付、または合計など、ページの下部にある通常の方法で表示される情報を配置するために使用します。

レポート ヘッダー

レポートの先頭 (タイトル、日付、またはレポートの概要) などの情報に使用するためのレポート] セクション。

レポート モジュール

モジュールの Visual Basic には for Applications (VBA) コード、特定のレポートに発生するイベントですべてのイベント プロシージャが含まれています。

レポートのオブジェクト タブ

デザイン ビュー、レイアウト プレビューまたは印刷プレビューでのレポートの作業を行うオブジェクト] タブ。

レポート セレクター

ルーラーをデザイン ビューでレポートの左上隅で交差する位置にあるボックス。 ボックスを使用して、レポートの選択など、レポート レベルの操作を実行します。

レポートのスナップショット

Access レポートの各ページの信頼性の高いが含まれるファイル (.snp ファイル名拡張子)。 2 次元のレイアウト、グラフィックス、およびレポートの他の埋め込みオブジェクトを保存します。

再クエリ

レコードの変更を反映するために、作業中のフォームまたはデータシートを基になるクエリを再実行して、表示は新しく、レコードを追加し、削除したレコードを削除します。

予約語

Visual Basic などの言語の一部である word します。 予約語には、文、定義済みの関数とデータ型、メソッド、演算子、およびオブジェクトの名前が含まれます。

右外部結合

左側のテーブルの結合フィールドに一致する値がない場合でも、クエリの結果を外部結合のクエリの SQL ステートメントで RIGHT JOIN 操作の右側からすべてのレコードが追加されます。

ロールバック

終了または変更を保存せずに保留中のトランザクションを中止するプロセス。

行] 領域

行フィールドを含むピボット テーブル ビューの一部です。

行フィールド

ピボット テーブル ビューの [行] 領域でフィールドです。 行のフィールド内のアイテムは、ビューの左側に表示されます。 内側の行のフィールドは、詳細領域に最も近い外側の行フィールドでは、内側の行のフィールドの左側に。

行セレクター

デザインを表示する小さなボックスまたはバーをクリックすると、行全体を選択テーブルやマクロまたは並べ替えることとレポートのデザインでレコードをグループ化が表示されます。

S

ページの先頭へ

セクション

フォームまたはレポート、ヘッダー、フッター、または詳細セクションなどの一部です。

セクションのヘッダー

デザイン ビューでフォームまたはレポートのセクションの上の水平バー。 セクションの名前と種類] セクションのバーが表示されます。 このセクションのプロパティ シートにアクセスするのにには、それを使用します。

セクション セレクター

セクション オブジェクトのデザイン ビューで開いてのバーの左側にあるボックス。 ボックスを使用してセクションを選択するなど、セクション レベルの操作を実行します。

セキュリティで保護されたワークグループ

Access のワークグループのユーザーのログオン ユーザー名とパスワードを使ってとデータベース オブジェクトへのアクセスは、特定のユーザー アカウントやグループに付与するアクセス許可に応じて制限されています。

シード

初期値擬似乱数を生成するために使用します。 たとえば、ランダムステートメントは、一意の擬似乱数を作成するのには、 Rnd関数で使用されるシード値を作成します。

選択クエリ

テーブルに格納されているデータに関する質問を行い、結果を返すクエリは、データシートの形式でデータを変更せずに設定します。

選択範囲

現在選択されているレコード (行) をデータシート ビューで列 (フィールド) 形式の四角形。

自己結合

結合をそれ自体に結合するテーブルにします。 テーブルのレコードは、結合フィールドの一致する値がある場合に、同じテーブルから他のレコードと結合されます。

separator

文字列または数値を区切る文字です。

系列フィールド

グラフの系列] 領域に表示されると、関連アイテムが表示されているフィールド。 系列は、関連するデータ ポイントのグループです。

系列

個々 のデータ値をグラフにプロットは、列、バー、行、円グラフまたはドーナツ グラフのスライスまたはその他のデータ マーカーの種類で表されます。

フォーム サーバー フィルター

空のフィールドをフィルター処理されたレコードに含まれる、必要な値を入力すると、現在のフォームまたはデータシートのバージョンを使用する方法。 データベースから取得される前に、データが、サーバーでフィルター処理されます。

サーバーで生成された HTML

テーブル、クエリ、またはフォームからの出力である、Active Server ページ (ASP) または IDC/HTX ファイルでは、ODBC データ ソースに接続されているし、動的に読み取り専用の HTML ファイルを作成するのには、インターネット インフォメーション サービスで処理します。

サーバーで生成された HTML:、アクティブなサーバーのページ

セッション

Access データベース エンジンで実行される操作のシーケンスをユーザーのログオンし、ユーザーがログオフすると終了を開始します。 セッション中にすべての操作では、トランザクション スコープを 1 つのフォームし、ユーザーのログオン アクセス許可の適用対象となります。

データ型を作成できません。

Access プロジェクト、日付と時刻のデータ型に datetime データ型ほど正確です。 データ値の分の 1 つの精度、1900 年 1 月 1 日 2079 年 6 月 6 日までの範囲です。

smallint データ型

Access プロジェクトで、2 バイト (16 ビット) のデータ型を-2 の範囲の整数を格納する ^15 (-32,768) 2 から ^15-1 (32,767)。

smallmoney データ型

Access プロジェクトで、通貨単位の 10 個までの精度で 214,748.3647、-214,748.3648 から通貨の値を格納するデータ型をします。 Smallmoney 値が表示されたらは小数点以下 2 桁に丸められます。

スナップショット

クエリの結果として表示されるレコードなどのデータ セットの静的な画像。 スナップショット タイプの Recordset オブジェクトは、ベース テーブル、クエリ、または別のレコード セットから作成できます。

スナップショット ビューアー

表示するには、使用できるプログラムでは、印刷、またはレポートのスナップショットなどのスナップショットを送信します。 スナップショット Viewer は、スタンドアロン プログラム、スナップショット ビューアー コントロール (Snapview.ocx)、および関連するその他のファイルで構成されます。

スナップショット ビューアー コントロール

Access または Microsoft Visual Basic など、ActiveX コントロール (Snapview.ocx) を使用してから、Microsoft Internet Explorer 3.0 以降のスナップショット レポートを表示するか、ActiveX をサポートするプログラムからを制御します。

SQL データベース

構造化照会言語 (SQL) に基づくデータベースです。

SQL 文字列/ステートメント

SQL コマンドを選択、更新、または削除] などを定義し、場所などの句が含まれています式と順序をします。 SQL 文字列/ステートメントは、通常、クエリおよび集計関数に使用されます。

sql バリアント データ型

Access プロジェクトをテキスト、ntext、画像、タイムスタンプ、以外のいくつかのデータ型の値を格納するデータ型および sql_variant データ型します。 Sql バリアント データ型は、列、パラメーター、変数、またはユーザー定義関数の値を返します。

SQL ビュー

オブジェクトのタブを現在のクエリの SQL ステートメントを表示または sql クエリ (ユニオン、パススルー、またはデータ定義) を作成するために使用されます。 デザイン ビューでクエリを作成するときに、[SQL ビュー] で SQL が作成されます。

SQL クエリ

SQL ステートメントで構成されるクエリ。 サブクエリとパススルー、ユニオン、およびデータ定義クエリは、sql クエリです。

標準偏差

平均値周辺の確率関数の値が中央に配置しているは平均からの偏差の 2 乗を現在の平方根を方法を示すパラメーターです。

標準モジュール

Visual Basic for Applications (VBA) モジュールのデータベース全体には、その他の手順を使用できるようにする Sub および Function プロシージャを配置することができます。

ストアド プロシージャ

SQL ステートメントとは、名前を付けて保存、単位として処理省略可能なフロー制御ステートメントのコンパイル済みのコレクションです。 コレクションが SQL データベースに保存されているし、プログラムから 1 つの通話を実行することができます。

文字列の区切り文字

文字列内で区切る文字が埋め込まれています。 単一引用符 (') や二重引用符 (") があります。

Sub プロシージャ

Visual Basic Applications (VBA) 手順については、操作を実行します。 Function プロシージャとは異なり、Sub プロシージャでは値を返しません。 Subステートメントで Sub プロシージャを開始し、 End Subステートメントを終了するとします。

サブデータシート

別のデータシート内にネストされていると、関連する、または最初のデータシートに参加しているデータを含むデータシートします。

サブフォーム

別のフォームまたはレポートに含まれるフォームです。

サブフォーム/サブレポート コントロール

サブフォームをフォームまたはレポート中のサブレポート、サブフォームを表示するコントロール。

サブクエリ

他の選択またはアクション クエリ内にある SQL SELECT ステートメントします。

サブレポート

別のレポートに含まれるレポート。

購読

Access データベースまたは Access プロジェクトで文書を受信する同意します。 サブスクライバー データベースは、publisher のデータベースからレプリケートされたデータを購読します。

サブスクリプション

このデータベースは、テーブルおよび publisher のデータベースを Access プロジェクトからレプリケートされたデータを取得します。

同期

すべての更新後のレコードと各メンバーのオブジェクトを交換してレプリカの 2 つのメンバーの更新プロセスです。 2 つのレプリカは、それぞれの変更を相互に適用されているときに同期されます。

sysname データ型

Access プロジェクトをシステムが提供する特別な表の列、変数、およびオブジェクト名を格納するストアド プロシージャのパラメーターに使用されるユーザー定義のデータ型します。

システム オブジェクト

MSysIndexes、テーブルなど、システムによって、またはユーザーによって定義されているデータベース オブジェクトです。 システム オブジェクトを作成するには、オブジェクト名の最初の 4 つの文字と定義のオブジェクトの名前を付けます。

T

ページの先頭へ

タブ コントロール

コントロールを含む複数のページ、タブ、および各テキスト ボックスまたはオプション ボタンなどのようなコントロールを含む 1 つフォームやダイアログ ボックスを作成するために使用できます。 ユーザーには、タブをクリックすると、そのページがアクティブになります。

table

レコード (行) とフィールド (列) でデータを格納するデータベース オブジェクトを指定します。 データは、通常の社員や受注など、特定のカテゴリについて。

テーブルのデータ型

Access プロジェクトでは、結果を格納するための特別なデータ型は、後で処理するためのユーザー定義の関数のローカル変数または戻り値に設定します。 一時的な tempdb データベースに格納されているテーブルの代わりに使用できます。

テーブルのオブジェクト タブ

Access データベースで、デザイン ビューまたはデータシート ビューでテーブルを操作する、オブジェクトのタブします。

テーブル プロパティ

Access データベース、表の外観に影響する属性またはテーブル全体の動作します。 フィールドのプロパティは、テーブルのデザイン ビューでテーブルのプロパティが設定されています。

テキスト ボックス

コントロールをフォームまたはレポート上のテキストを表示またはデータ入力の確認に使用される、編集フィールドとも呼ばれます。 テキスト ボックスには、ラベルに接続されていることができます。

テキスト データ型

Access プロジェクトで、最大 2 を保持できる可変長データ型 ^31-1 (2,147, 483,647) 文字です。既定の長さは、16 です。

テキスト データ型

Access データベースでフィールドのデータ型になります。 最大 255 文字または"フィールド サイズ"プロパティで指定された文字数のテキスト フィールドを含めることができ、方が小さい。

タイムスタンプ データ型

Access プロジェクトで、行を毎回自動的に更新されるデータ型が挿入または更新します。 タイムスタンプ列の値は、datetime データが binary (8) または一連のデータの変更を示す、varbinary(8) ではありません。

データ型の識別子

Access プロジェクトで、1 バイト (8 ビット) を 0 ~ 255 の範囲の整数を格納するデータ型します。

トグル ボタン

オン/オフをフォームまたはレポート上のオプションを提供するためのコントロール。 テキストまたは画像を表示できます、スタンドアロンまたはオプション グループの一部であることができます。

[ツール パレット

フォームまたはレポートにコントロールを追加するためのデザインで使用できるツールのセットを表示します。

ヒント表示

リボンのコマンドとボタンの名前を簡単に説明します。 これらのコマンドとボタンにマウス ポインターを置いたときに、ヒントが表示されます。

トポロジ

レプリカからの変更が反映される順序です。 トポロジは、別のレプリカの変更が、レプリカにどのように表示される速さを決定するために重要です。

集計フィールド

基になるレコード ソースからデータを集計するフィールドです。 集計フィールドでは、合計またはカウントなどの集計関数を使用したり、集計値を計算する式を使用することができます。

[集計] 行

選択したフィールドのデータの種類に応じて、各フィールドの概要情報を表示するデータシートの行。

集計クエリ

または複数のテーブルのフィールドの値の合計や平均などの計算結果を表示するクエリ。 集計クエリは、別の種類のクエリではありません。代わりに、選択クエリの柔軟性を拡張します。

トランザクション

一連のデータベースのデータまたはスキーマに加えられた変更します。 トランザクションのすべての要素が失敗した場合、トランザクション全体が失敗し、データ「ロールバック」

トリガー

指定したテーブルのデータが変更されたときに自動的に実行されるストアド プロシージャの特殊な形式です。 多くの場合のトリガーが参照整合性を適用するために作成または間での一貫性が別のテーブルでデータを論理的に関連します。

U

ページの先頭へ

バインドされていないコントロール

基になるテーブル、クエリ、または SQL ステートメントのフィールドに接続されていないコントロール。 非連結コントロール情報テキストや装飾的な図を表示に使用されます。

非連結フォームまたはレポート

フォームまたはレポートなど、テーブル、クエリ、または SQL ステートメントのレコード ソースに接続していません。 (フォームまたはレポートのレコード ソース] プロパティは、空白です)。

非連結オブジェクト フレーム

フォーム上に配置する、またはレポートにバインドされていないオブジェクトをコントロールします。 バインドされていないオブジェクトは、値がテーブルに格納されているデータから派生していない画像などのオブジェクトです。

ユニオン クエリ

UNION 演算子を使用して 2 つ以上の選択クエリの結果を結合するクエリ。

一意なインデックス

インデックスを[はい (重複なし)]フィールドの"インデックス"プロパティに設定して定義します。 一意なインデックスには、インデックス フィールドに重複するエントリをことはできません。 一意でフィールドを定義するフィールドを自動的に主キーとして設定します。

データ型の一意識別子

Access プロジェクトで、16 バイト グローバル一意識別子 (GUID)。

更新

変更を反映するレコードのデータにします。 変更内容は、フォームやデータシートの別のレコードに移動するときに、または明示的にレコードを保存すると、データベースに保存されます。

更新クエリ

指定された条件 (検索条件) に基づいてレコード セットを変更するアクション クエリ (SQL ステートメント)。

更新可能なスナップショット

クライアントでのデータのキャッシュ データにアクセスして更新には、サーバーへのラウンド トリップを最小化してクライアント/サーバー環境で効率的に動作するレコードの種類。

ユーザー アカウント

ユーザー名と個人用 ID (PID) で示されたアカウント。

ユーザー定義データ型

Microsoft SQL Server データベースにデータ列の種類の定義を含めることができます。 ユーザーによって定義された、既存の SQL Server データ型に基づきます。 [仕分けルールと既定値は、ユーザー定義データ型にのみバインドできます。

ユーザー定義型

種類ステートメントを使用して Visual Basic for Applications (VBA) でのデータ型が定義されています。 ユーザー定義データ型には、すべてのデータ型の 1 つまたは複数の要素を含めることができます。 Dimステートメントを使用して、ユーザー定義およびその他のデータ型の配列が作成されます。

ユーザー定義のコレクション

コレクションオブジェクトにオブジェクトを追加して作成したコレクションです。 1 から始まるコレクションオブジェクトによって定義されたコレクション内のアイテムは、インデックス作成されます。

ユーザー定義の関数

入力パラメーターを取得し、ストアド プロシージャのような結果を返すクエリ。 タイプ: スカラー (複数ステートメントを返します。 1 つの値)、インライン (1 つの文。 を更新可能なテーブルの値)、およびテーブル (複数ステートメント テーブルの値)。

ユーザー定義のオブジェクト

ユーザー設定のオブジェクトをフォームまたはレポートのクラス モジュールで定義されています。 クラス モジュールで、新しいオブジェクトのプロパティとメソッドを作成し、オブジェクトの新しいインスタンスを作成およびこれらのプロパティとメソッドを使用してオブジェクトを操作することができます。

ユーザー レベル セキュリティ

ユーザー レベル セキュリティを使用して、Access データベースで、データベースの管理者またはオブジェクトの所有者できます個々 のユーザーまたはグループのユーザーの特定する権限を付与テーブル、クエリ、フォーム、レポート、およびマクロ。

ユーザーのグループ

すべてのユーザー アカウントを含むグループ アカウント。 アクセスは、作成すると自動的にユーザー アカウントとユーザー グループに追加します。

V

ページの先頭へ

検証

特定の条件または制限に入力されたデータを満たしているかどうかを確認するプロセス。

入力規則

有効なを定義するプロパティは、テーブル内のレコードのフィールドやフォーム上のコントロールの値を入力します。 入力規則に違反しているときに、プロパティで指定されたメッセージが表示されます。

varbinary データ型

Access プロジェクトで、最大 8,000 バイトのバイナリ データの可変長のデータを入力します。

varchar

Access プロジェクトで、最大 8,000 文字の可変長のデータを入力します。

差異

標準偏差の 2 乗します。 グループの平均値から、グループ内のすべての値とは異なる量の測定することをお勧めします。

バリアント型の式

数値、文字列、または特殊以外の日付のデータに評価できる任意の式は、空または Null 値です。

表示

Access プロジェクトで、仮想的な SQL SELECT ステートメントに基づくテーブルは、クエリの種類。 たとえば、ビューと、特定のデータへのアクセスを制限するために 2 つのテーブルの結合内のみの 10 を 3 使用可能な列場合があります。

visibility

同期できるは、レプリカのメンバーを設定することを示すレプリカのプロパティと競合の解決ルールを適用します。 3 種類に分けられますレプリカ: グローバル、ローカル、および匿名します。

W

ページの先頭へ

WHERE 句

取得するレコードを指定する SQL ステートメントの一部です。

ワイルドカード文字

特定の文字で始まる、ファイル名、またはその他のアイテムのすべてのレコードを追加するのには、クエリよぶ式で使用されている文字、または特定のパターンに一致します。

X

ページの先頭へ

XML 属性

については、次のような詳細については、ノート シールを提供するタグに追加される < 材料の数量単位「2」=「カップ」= > 小麦粉 </要素 > します。 この例では、数量および単位は、属性です。

XML 要素

拡張マークアップ言語 (XML) ドキュメントの開始、終了タグで区切られている情報。 XML 要素の例は、< LastName > 西脇 </LastName > します。

XML エンティティ

文字と XML ドキュメントの場合は、その他の文字を置き換えるの記号と特殊文字の組み合わせが解析 XML での他の意味のあるします。 たとえば、& lt;表す、< 記号で、左かっこのタグのもします。

Y

ページの先頭へ

Yes/No データ型

フィールドのデータ型はい/いいえ、True または False などの 2 つの値の 1 つだけが含まれているフィールドを使用します。 Null 値を指定することはできません。

Z

ページの先頭へ

長さ 0 の文字列

文字が含まれていない文字列。 長さ 0 の文字列を使用して、フィールドの値が存在しないようにしていることを示すことができます。 二重引用符間にスペースを入力して、長さ 0 の文字列を入力する ("")。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×