Access フォームについて学習するためのリソース

フォームは、データベースで不可欠なオブジェクトであり、ユーザーがデータを見て操作するための窓として機能します。使用できるフォームの種類、フォームを作成、カスタマイズ、および管理する方法などの Microsoft Access フォームの基本的な機能について包括的に理解したい場合は、この記事にあるリソースのまとめが役立ちます。

この記事の内容

概要

フォームの種類

フォームを作成するさまざまな方法

フォームに別のビューを使用する

フォームを使って作業する

Web データベースでフォームを使用する

次の手順

概要

フォームは、ユーザーがデータを入力および編集できるユーザー インターフェイスを作成するために使用できるデータベース オブジェクトです。フォームには、さまざまなタスクを実行するコントロールが含まれていることがよくあります。たしかに、テーブル内のデータを単純に編集するだけで、フォームを使用しなくてもデータベースを作成できますが、ほとんどのユーザーはテーブルに含まれているデータを表示、入力、および編集するためにフォームを使用しています。また、フォームを使用すると、他のユーザーがデータベース内のデータを操作する方法を制御することができます。たとえば、特定のフィールドだけを表示するフォームを作成し、特定の操作の実行だけを許可することができます。これにより、データが保護され、データ入力のエラーが少なくなります。この記事では、Access フォームの基本機能からフォームの作成およびカスタマイズにいたるまでのリソースのまとめが提供されます。

Microsoft Access データベースでフォームの役割と機能を理解する最適な方法は、まずデータベースのさまざまな部分の概要とデータベースにおけるフォームの役割から開始し、詳細については、データベースの基本機能を参照します。

次に、「フォームの概要」でフォームに焦点を当ててみましょう。

フォームを作成する前に、コントロールとほとんどのフォームで不可欠な機能の理解を深めてください。ユーザーはコントロールを使用して、データベースのデータを入力、編集、または表示することができます。Access で使用できるさまざまな種類のコントロールの知識があると、フォームをカスタマイズする際に役立ちます。コントロールの詳細については、「コントロールの概要」を参照してください。

フォームの種類

Access では、作成するフォームの種類に応じてフォームを作成するさまざまな方法が提供されています。次のいくつかの一般的な種類のフォームとその作成方法について学習します。

必要なフォームの種類

詳細

詳細フォーム: 一度に 1 つのレコードに関する情報を表示する空の Access フォーム。

フォームの概要

複数項目フォーム: 帳票フォームとも呼ばれ、一度に複数のレコードに関する情報を表示します。データシートのような表示になりますが、書式設定、グラフィック、ボタン、その他のコントロールの追加などの制御を加えられます。

複数のアイテム ツールを使用してフォームを作成する

分割フォーム: フォーム ビューとデータシート ビューでデータを同時に表示します。大量のデータを表示する必要があるが、一度に 1 つのレコードだけを変更する必要がある場合に役立ちます。

分割フォームを作成する

ナビゲーション フォーム: ナビゲーション コントロールが含まれているフォーム。Access のナビゲーション ウィンドウはブラウザーで利用できないため、データベースを Web に発行する計画がある場合にデータベースを移動するときには、ナビゲーション フォームが特に重要になります。

ナビゲーション フォームを作成する

ビデオ: ナビゲーション フォームを作成する

フォームを作成するさまざまな方法

[作成] タブの [フォーム] のオプションを使用して、新しいフォームをすばやく作成します。また、ナビゲーション ウィンドウでテーブルまたはクエリを選択し、[フォーム] を使用してそのオブジェクトに基づいて新しいフォームをすばやく作成することもできます。

いくつかの一般的なフォームの作成方法の詳細については、次の表のリソースを参照してださい。

フォームを作成する方法

学習内容

フォームツール: 一度に 1 つのレコードに関する情報のみを表示する 1 項目フォームをすばやく作成します。

フォーム ツールを使用してフォームを作成する

フォーム ウィザード: より多くの種類のフィールドを選択してフォーム上に表示する場合、このツールを使用してフォームを作成します。また、データのグループ化や並べ替えの方法を定義することもできます。

フォーム ウィザードを使用してフォームを作成する

空白のフォーム:フォーム ツールまたはウィザードが自分のニーズに合わない場合は、空白フォーム ツールを使用してすばやくフォームを作成できます。フォームに含めるフィールドの数が少ない場合は特に便利です。

フォームの概要」の「空白フォームツールを使用してフォームを作成する」を参照してください。

ページの先頭へ

フォームに別のビューを使用する

前のセクションで説明されている一部の記事ですでに学習したように、Access フォームをフォーム ビュー、デザイン ビュー、およびレイアウト ビューの 3 つのビューに表示できます。特定のタスクにどのビューを使用するかを理解しておくと便利です。たとえば、デザイン ビューまたはレイアウト ビューを使用してフォームをカスタマイズできます。フォーム ビューがフォームの既定のビューであり、主にデータが含まれているフォームを表示したり、データを入力したりするために使用されます。レイアウト ビューとデザイン ビューはフォームのデザイン変更に使用されるため、これらのビューの使用方法の詳細については、次の表のリソースを参照してください。

ビューの種類

対象

詳細

レイアウト ビュー

ほとんどの種類のフォーム変更。フォームを変更しながらデータを確認できるため、コントロールのサイズを設定したり、フォームの外観や使いやすさを左右する他のすべてのデザインを変更したりする場合に非常に便利です。

ビデオ: フォーム レイアウトおよびレポート レイアウトの概要

デザイン ビュー

ヘッダー セクション、詳細セクション、フッター セクションなどのフォームの構造の詳細が必要となる変更。デザイン ビューでデザインの変更作業中に基になるデータは確認できません。

次の特定のタスクはデザイン ビューの方が容易に実行できます。

  • 連結オブジェクト フレーム、ページ区切り、グラフなどの幅広い種類のコントロールを追加する。

  • プロパティ シートを使用せずに、テキスト ボックス コントロールのソースを編集する。

  • フォーム セクションのサイズを変更する。

レイアウト ビューで変更できない特定のフォーム プロパティを変更する。

レイアウト ビューとデザイン ビューの違い

ページの先頭へ

フォームを使って作業する

フォームの構造をデザインしましたが、これが連結フォームである場合は、フォームをデータ ソースに接続する必要があります。データ ソースは、フォームに表示されるデータが含まれているテーブル、クエリ、または SQL ステートメントにすることができます。「非連結」フォームはデータ ソースに直接リンクしませんが、アプリケーションの操作に必要なコマンド ボタン、ラベル、または他のコントロールが含まれています。レコード ソースを操作する方法について理解するには、ビデオ: フォームまたはレポートのレコード ソースを設定するをご覧ください。

視覚的に魅力あるフォームは、データベース作業の負担を和らげて効率を高めるとともに、誤ったデータの入力を防ぐ上でも役立ちます。基本的なフォームを作成するだけでなく、ユーザー設定のデザインを追加し、ユーザー独自のフォームにする場合、Access では、これを実現するいくつかの方法が用意されています。希望どおりの外観にデザインする前に、一部のオプションで演習が必要になる場合もありますが、好みのデザインでない場合は、オプションを常に変更することができます。

次の表は、フォームを追加してカスタマイズする次の手順に進めるためのリソースを示します。

目的に合ったトピックをクリックしてください

学習内容

フォームにフィールドをすばやく追加する。

フォームまたはレポートにフィールドを追加する

フォームの外観を整理して、使いやすくし、作業を容易にする。

タブ付きのフォームを作成する

Tab キーによってフォーム上のコントロールの順序を指定する。適切に作成されたフォームでは、Tab キーを押すとコントロールが論理的な順序 (上から下、左から右、など) で選択されるので、フォームが使いやすくなります。

コントロールのタブ オーダーを設定する

メイン フォームにネストされたサブフォームまたはフォームを作成する。

サブフォームは、同じフォーム内の関連する複数のテーブルまたはクエリからのデータを表示する場合に役立ちます。

サブフォームを含むフォームを作成する

フォームの外観を見栄えよく仕上げながら、他の Office ドキュメントやプレゼンテーションとの整合性を保つ。

ビデオ: Office テーマを使用して Access フォームおよびレポートの外観を向上させる

フォーム内の特定のフィールドおよびデータを目立たせる。

ビデオ: 条件付き書式を使用してフォームのデータを強調表示する

データベース内のすべてのフォームのデザイン オプションを設定する。

データベース内のオブジェクトのデザイン設定をカスタマイズする

他のフォームから値を表示するテキスト ボックス コントロールを追加する。

これは、メイン フォーム上の演算テキストボックスが含まれているサブフォームの結果を表示するために使用することができます。

別のフォームのコントロールを参照するコントロールを作成する

フォームでイメージ (背景イメージを含む) を追加、再利用、および更新する。

ビデオ: フォームおよびレポートでイメージを追加、再利用、および更新する

ページの先頭へ

Web データベースでフォームを使用する

Web データベースのフォームのオプション

学習内容

ナビゲーション フォームとは、ナビゲーション コントロールが含まれているフォームのことです。ナビゲーション フォームは、データベースに追加された優れた機能ですが、Access のナビゲーション ウィンドウはブラウザーに表示されないため、データベースを Web に発行する予定がある場合はナビゲーション フォームの作成が特に重要です。

ナビゲーション フォームを作成する

ビデオ: ナビゲーション フォームを作成する

Access 2010 には、フォーム上に Web ページを表示できる新しい Web ブラウザー コントロールが用意されています。

フォームに Web 閲覧を追加する

Web データベースのデザインを変更する場合は、それらの変更をサーバーと同期してブラウザーで利用できるようにする必要があります。

ビデオ: Web データベースのデザインを変更して同期する

ページの先頭へ

次の手順

フォームでいくつかの機能を試してください。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×