スキップしてメイン コンテンツへ

Access データベースを分割する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

複数のユーザーがネットワーク経由で共有するデータベースを分割することを検討してください。 パフォーマンスを向上させるし、データベース ファイルの破損の可能性を低く共有データベースを分割することができます。

データベースを分割した後、バックエンド データベースを移動する、またはさまざまなバックエンド データベースを使用すると決定できます。 使用しているバックエンド データベースを変更するのには、リンク テーブル マネージャーを使用することができます。

注: 

  • データベースを分割するは、データベースをアーカイブと同じではできません。 このトピックでは、データをアーカイブする方法は説明しません。 別のデータベースにデータベース ファイルは、ファイル サイズの制限にすぐに拡張するか、データベース ファイルを小さくため、古いレコードを定期的に移動してデータと完全に別の期間に、データをアーカイブします。 場合によっては、データベースを分割してデータをアーカイブできます。 詳細については、データをアーカイブへのアクセスonline」を参照してください。

  • Web データベースを分割すると、そのデータベースの web テーブルはバックエンド データベースには移動されず、されず、結果生じるフロント エンド データベースからアクセスできません。

この記事の内容

概要

始める前に

データベースを分割します。

フロント エンド データベースを配布します。

使用するバックエンド データベースを変更します。

概要

データベースを分割すると、データ テーブルが入っているバック エンド データベースと、クエリ、フォーム、レポートなどの他のすべてのデータベース オブジェクトが入っているフロント エンド データベースの 2 つのファイルに編成されます。 各ユーザーはフロント エンド データベースのローカル コピーを使用してデータを操作します。

データベースを分割するには、データベースの分割ウィザードを使用します。 データベースを分割すると後、は、ユーザーに、フロント エンド データベースを配布する必要があります。

注意: データベースに複数のエンドユーザーがある場合は、データを保護する、SharePoint リストへのリンクが含まれるデータベースのコピーを共有していないことをお勧めします。 SharePoint のリストをテーブルにリンクする場合は、リンク先を変更して、暗号化されたリンク テーブルの接続情報は、可能性のある SharePoint サイトの権限を変更するには、悪意のあるユーザーが発生する可能性が作成されます。

分割データベースの利点

分割データベースの利点は次のとおりです。

  • パフォーマンスの向上    データベースの通常のでパフォーマンスが向上非常にネットワーク上のデータだけを送信します。 共有データベースの分割されていないデータベース オブジェクト自体、テーブル、クエリ、フォーム、レポート、マクロ、およびモジュール-データだけでなく、ネットワーク経由で送信されます。

  • 可用性の向上    データのみが送信されるため、ネットワーク経由で、レコードの編集などのデータベース トランザクション完了が早く、データを編集するための利用可能なままにします。

  • 強化されたセキュリティ    NTFS ファイル システムを使用しているコンピューターで、バックエンド データベースを保存する場合は、データを保護する NTFS セキュリティ機能を使用することができます。 リンク テーブルを使用して、バックエンド データベースをユーザーにアクセスするため可能性が低くなります侵入者も、フロント エンド データベースを盗むまたは権限を持つユーザーを偽装してには、データに不正アクセスを入手できます。 ファイル システムがわからない場合は、ファイル サーバーを使用して、システム管理者に依頼します。 ファイル サーバーの管理者権限がある場合は、自分でファイル システムを判断する msinfo32 コマンドを実行することができます。

    ファイル システムをチェックするのに msinfo32 を使用する方法

    1. [スタート] ボタンをクリックし、[実行] をクリックします。

    2. [実行] ダイアログ ボックスでmsinfo32を入力し、[ OK] をクリックします。

    3. [システムの概要] で [コンポーネントの横にあるプラス記号をクリックします。

    4. [コンポーネント] では、記憶域] の横にあるプラス記号をクリックし、[ドライブ] をクリックします。 ダイアログ ボックスでは、右側のパネルで利用可能なドライブに関する情報を表示します。

  • 信頼性の向上    ユーザーに問題が発生した場合、データベースが予期せず終了した、データベース ファイルの破損は、ユーザーが開いていたが、フロント エンド データベースのコピーを通常は制限されています。 ユーザーには、リンク テーブルを使用して、バックエンド データベース内のデータのみにアクセスする、ためバックエンド データベース ファイルではあまりが破損している可能性があります。

  • 柔軟な開発環境    各ユーザーは、フロント エンド データベースのローカル コピーでは、各ユーザーが個別に開発いないクエリ、フォーム、レポート、およびその他のデータベース オブジェクト他のユーザーに影響を与えずにします。 同様に、作成し、バックエンド データベースに格納されているデータへのアクセスを停止することがなく、フロント エンド データベースの新しいバージョンを配布できます。

ページの先頭へ

始める前に

データベースを分割するには、次の操作を検討してください。

  • 常に分割する前に、データベースをバックアップしてください。 データベースを分割してデータベースを分割しないことを決定し、バックアップ コピーから元を戻すことができます。

  • データベースを分割すると、時間がかかる場合があります。 その分割中にデータベースを使用しないように、ユーザーを通知する必要があります。 データベースを分割するときに、ユーザーはデータを変更する場合、バックエンド データベースの変更は反映されません。

    ヒント: 場合は、ユーザーが、データを変更するデータベースを分割するときが完了したら、バックエンド データベースに新しいデータをインポートできます。

  • データベースを分割するデータを共有する方法の 1 つですがのバージョンのバックエンド データベースのファイル形式と互換性がある Microsoft Office Access データベースを使用しているすべてのユーザーが必要です。 たとえば、バックエンド データベース ファイルは、.accdb ファイル形式を使用している場合ユーザーがそのデータを Access 2003 を使用してにアクセスすることはできません。

  • サポートされない機能を使用している場合は、バックエンド データベースの以前のバージョンの Access ファイル形式を使用することがあります。 たとえば、データ アクセス ページ (Dap); を使用している場合バックエンド データベースが Dap をサポートしている、以前のファイル形式である場合は、それらを使用する続行することができます。 ユーザーが新しい形式の利点にアクセスできるように、フロント エンド データベースに新しいファイル形式を使用することができます。 Access 2010 以降を使用してデータ アクセス ページ内のデータを変更できないことに注意してください。

ページの先頭へ

データベースを分割します。

  1. お使いのコンピューターでは、データベースを分割するのコピーを作成します。 ローカルのハード ドライブに、ネットワーク共有ではなく、データベース ファイルを起動します。 データベース ファイルは、ローカルのハード ディスク ドライブから現在共有されている場合おくことができることができます。

  2. ローカルのハード ディスク ドライブ上のデータベースのコピーを開きます。

  3. [データベース ツール] タブの [データの移動] で、 Access データベース] をクリックします。 データベース分割ツールのウィザードを開始します。

  4. [データベースの分割] をクリックします。

  5. バックエンド データベースの作成] ダイアログ ボックスで、名前、ファイルの種類をバックエンド データベース ファイルの場所を指定します。

    注: 

    • 既定の名前を使用することを検討してください。 元のファイル名を保持し、データベースのファイル名拡張子の直前に、名前に_beを挿入して、バックエンド データベースがあることを示します。

    • 一部のユーザーが以前のバージョンの Access を使用してデータにアクセスしない限り、ファイルの種類は変更されません。

    • ファイル名] ボックスに、ファイル名の前に、ネットワーク上の場所にパスを入力することができます。 たとえば、バックエンド データベースのネットワーク上の場所が\\server1\share1\バックエンド データベースのファイル名がMyDB_be.accdb場合は、[ファイル名] ボックスで\\server1\share1\MyDB_be.accdbを入力できます。

    • データベースを使用するすべてのユーザーに利用可能な場所を選択する必要があります。 ドライブのマッピング異なるため、対応付けられているドライブ文字を使用するのではなく場所のUNCパスを指定してください。

  6. ウィザードの終了後、確認メッセージが表示されます。

データベースを分割します。 フロント エンド データベースでは、(元の共有データベースのコピー) の使用を開始して、この手順のステップ 5 で指定したネットワーク上の場所でバックエンド データベースが置かれているファイルがあります。

フロント エンド データベースのデザイン変更を制限します。

フロント エンド データベースを配布する変更を制限する、コンパイル済みバイナリ ファイル (.accde ファイル) として保存することを検討してください。 コンパイル済みバイナリ ファイルは、コンパイル済みすべての Visual Basic のアクセス (VBA) コードに保存されているデータベース アプリケーション ファイルです。 Access のコンパイル済みバイナリ ファイルには VBA のソース コードは残っていません。 ユーザーは、.accde ファイル内のオブジェクトのデザインを変更できません。

  1. コンパイル済みバイナリ ファイル (.accde) として保存するフロント エンド データベース ファイル (.accdb) を開きます。

  2. ファイル_gtとして保存_gt accde の作成_gt の名前を付けて保存] をクリックします。

  3. 名前を付けて保存] ダイアログ ボックスには、ファイルを保存、ファイル名] ボックスに、ファイルの名前を入力し、[保存] をクリックするフォルダーを参照します。

ページの先頭へ

フロント エンド データベースを配布します。

データベースを分割した後は、データベースを使用することが開始されるように、ユーザーで、フロント エンド データベースを配布します。

注意: データベースに複数のエンドユーザーがある場合は、データを保護する、SharePoint リストへのリンクが含まれるデータベースのコピーを共有していないことをお勧めします。 SharePoint のリストをテーブルにリンクする場合は、リンク先を変更して、暗号化されたリンク テーブルの接続情報は、可能性のある SharePoint サイトの権限を変更するには、悪意のあるユーザーが発生する可能性が作成されます。

次のいずれかの操作を行います。

  • データベースのユーザーに電子メール メッセージを送信して、フロント エンド データベース ファイルをメッセージに添付します。 ユーザーが、フロント エンド データベースをすぐに使い始めるに簡単に指示が含まれます。

  • データベースのすべてのユーザーにアクセスして、ユーザーに指示などの他のデータベースにアクセスするために必要なと共にネットワーク上の場所を指定する電子メール メッセージを送信できるネットワーク上の場所に、フロント エンド データベース ファイルを保存します。

  • CD-ROM や USB ドライブなど、リムーバブル メディアを使用して、フロント エンド データベース ファイルを配布します。 をインストールする場合、ファイル自分で機能することを確認することを確認できます。 ユーザーは、ファイルをインストールする必要がある場合、ファイルをインストールするようにする必要があり、問題が発生した場合の連絡先に説明するドキュメントを含める必要があります。

ページの先頭へ

使用するバックエンド データベースを変更します。

バックエンド データベースを移動したり、リンク テーブル マネージャーを使用して、別のバックエンド データベースを使用することができます。

バックエンド データベースを移動する場合は、最初のコピーを作成して、新しい場所にし、この手順を実行します。

  1. [外部データ] タブの [インポート & リンク] グループで [リンク テーブル マネージャー] をクリックします。

  2. リンク テーブル マネージャーでは、現在のバックエンド データベース内のテーブルを選択します。

    ヒント: 他のデータベースにリンクしていない場合は、 [すべて選択]をクリックします。

  3. 常には、新しい] チェック ボックスをチェックする] を選択し、[ OK] をクリックします。

  4. 参照して、新しいバックエンド データベースを選択します。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×