スキップしてメイン コンテンツへ
Access デスクトップ データベースでスクリーン リーダーを使ってテーブルを作成する

Access デスクトップ データベースでスクリーン リーダーを使ってテーブルを作成する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

[スクリーン リーダー コンテンツ] というラベルが表示された、読み上げの記号。 このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使用する、視覚に障碍のある方を対象としています。 一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

キーボードとスクリーン リーダーを使ってAccessを使用すると、 Accessデスクトップ データベースにテーブルを追加できます。 ナレーター、JAWS、NVDA とテストされていますが、一般的なアクセシビリティ標準や手法をフォローする限り、その他のスクリーン リーダーと連動可能性があります。 また、保存、名前変更、およびテーブルを削除する方法について学習します。

注: 

この記事の内容

Access のテーブル

すべての情報やデータはテーブルに保存されるため、テーブルはデータベースにとって重要なオブジェクトです。 たとえば、企業のデータベースを仕入先、電子メール アドレス、および電話番号の名前を格納する連絡先テーブルことができます。 テーブルを作成する前に、要件を考慮し、必要になる可能性のあるすべてのテーブルを決定します。 データベースの計画および設計のヘルプについては、「データベース設計の基本」を参照してください。

通常、 Accessなどのリレーショナル データベースには、いくつかの論理的に接続されているテーブルがあります。 一般的なデータベースでは、各テーブルに従業員や製品などの特定の件名に関するデータを格納します。 テーブルには、レコード (行)、フィールド (列)、および各レコードのフィールド値 (セル) があります。

  • レコード (行) には、特定の従業員または製品に関する情報など、特定のデータが含まれます。

  • フィールド (列) には、名、メール アドレス、価格など、テーブルの件名のある側面についてのデータが含まれています。

  • レコードのフィールドの値 (セル) には、テキスト、数値、日付、およびハイパーリンクなどのさまざまな種類のデータが含まれます。

各テーブルには、特定の件名、 Accessなどのリレーショナル データベースのテーブルにデータが格納されますが、関連する課題についてのデータを保存します。 たとえば、データベースに、次の含まれる場合があります。

  • 自社の顧客やその住所を一覧表示する [得意先] テーブル

  • 価格と各アイテムの写真を含め、販売する製品を一覧表示する製品テーブル

  • 顧客の注文を記録する注文テーブル

別々のテーブルに格納されているデータを関連付けるには、リレーションシップを作成します。 リレーションシップとは、共通のフィールドを持つ 2 つのテーブル間の論理的な関連付けです。 Accessのデスクトップ データベースのテーブル間のリレーションシップを作成する方法の詳細については、作成、編集、またはリレーションシップを削除するを参照してください。

テーブルを追加する

  1. 新規または既存のデータベースを開きます。

    ヒント: テーブルが開いているまで、スクリーン リーダーを閲覧を起動できません。 開いているテーブルを既存のデータベースを開く場合は、Enter キーを押します。 ナビゲーションウィンドウの一番上の表を開きます。

  2. N キーを押しての alt キーを押しながら C、T、ください。新しいテーブルが追加され、サウンドが:「テーブル X」。 2 番目のフィールドの最初のセルにフォーカスします。 (最初のフィールドの既定の名前は、 IDです)。

  3. テーブルにデータを入力します。 Excelブックをなどの別のソースからデータを貼り付けることもできます。

    新しいフィールドでフィールドの値を入力し、次のフィールドの値に移動すると、 AccessFieldXフィールドが自動的に付けします。

フィールドの見出しの名前を変更します。

テーブルのフィールド (列) のヘッダーの名前を変更することができます。

  1. フィールドを選択するには、フィールドにフォーカスを移し、Ctrl キーを押しながら Space キーを押します。

  2. ショートカット メニューを開くには、shift キーを押しながら F10 キーを押します。

  3. キーを押してください。フィールドの見出しにフォーカスが移動して、「Leaving メニュー、データシートの行 X」のサウンドが、フィールドの名前と「型とテキスト」。 フィールドの新しい名前を入力します。

ヒント: 製品名や価格などのわかりやすいヘッダー名を使うと、その内容を見なくても各フィールドの内容を理解するのに役立ちます。

フィールドを追加する

テーブルにフィールド (列) を追加できます。

  1. 新しいフィールドを追加する、レコードに移動します。

    • テーブルの最初のレコードに移動するには、Ctrl キーを押しながら Home キーを押します。

    • テーブルの最後のフィールドの最後のレコードに移動するには、Ctrl キーを押しながら End キーを押します。

  2. 新しいフィールドに移動するには、右矢印キーを押します。

  3. 新しいフィールドの最初のレコードに移動するには、ctrl キーを押しながら上方向キーを押します。

  4. データを入力します。 別のセルに移動すると、新しいフィールドは既定の名前 Field X で追加されます。

テーブルを保存する

を新しいテーブルを作成または既存のテーブルを変更した後は、作業内容を保存します。

  1. テーブルを保存するには、Ctrl キーを押しながら S キーまたは Alt + F、秒を押します。

    テーブルを初めて保存するの [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスが開き、「名前を付けて保存]」と表の既定の名前のサウンドが。

    注: 

    • テーブルを保存する前に終了しようとすると、] ダイアログ ボックスを自動的に表示されます。 サウンドが:「たいテーブルのデザインに変更を保存するか?」 フォーカスがある [はい] をクリックします。 テーブルを保存するには、Enter キーを押します。

    • テーブルに名前が既存のテーブルに変更を保存するときに、以前に指定します。 テーブルを保存するときに名前を変更するには、F12 キーを押します。 [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスが開き、新しい名前を入力することができます。

  2. 、テーブルの名前を入力し、Enter キーを押します。

    最初にテーブルを保存するときにデータが含まれている、たとえばを説明する名前、顧客部品の在庫、または製品を付けます。

    ヒント: データベース内のオブジェクトの名前付け規則を決定し、一貫して使用します。

テーブルの名前を変更する

注: 開かれている場合は、テーブルの名前を変更することはできません。 作業中のテーブルを閉じるには、ctrl キーを押しながら W キーを押します。 ナビゲーションウィンドウにフォーカスが移動します。

  1. ナビゲーションウィンドウでは、「表、」を聞くし、希望の表が聞こえるまで下方向矢印キーを押しますになるまで] タブの [キーを押します。

  2. テーブルのコンテキスト メニューを開くには、shift キーを押しながら F10 キーを押します。

  3. コンテキスト メニューで、M を 2 回押し、し、Enter キーを押します。 サウンドが:「の名前を変更します」。

  4. 新しい名前を入力し、Enter キーを押します。

表を削除する

  1. データシートビューでは、すべてのテーブルを閉じます。 フォーカスが、ナビゲーション ウィンドウに移動します。

  2. 削除するテーブルが聞こえるまでは、下向き矢印キーを押します。

  3. Del キーを押します。 削除の確認を求めるウィンドウが開きます。 フォーカスがある [はい] をクリックします。

  4. テーブルを削除するには、Enter キーを押します。

注: デザインビューから、データシートビューに切り替えるに、alt キーを押しながら J、D、W、および [H キーを押しますデザインビューに切り替えるには、データシートビューに、alt キーを押しながら H キー、W、および D キーを押します

関連項目

スクリーン リーダーを使用して Access を起動

Access デスクトップ データベースでスクリーン リーダーを使ってクエリを作成する

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×