スキップしてメイン コンテンツへ
Access デスクトップデータベースでスクリーンリーダーを使用してフォームを作成する

Access デスクトップデータベースでスクリーンリーダーを使用してフォームを作成する

[スクリーン リーダー コンテンツ] というラベルが表示された、読み上げの記号。 このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使用する、視覚に障碍のある方を対象としています。 一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

Access デスクトップデータベースでフォームを作成するには、キーボードとスクリーンリーダーで Access を使います。 ここでは、ナレーター、JAWS、および NVDA でテストしていますが、他のスクリーンリーダーと共に使用できるのは、一般的なアクセシビリティ標準と手法に準拠しているためです。

注: 

この記事の内容

フォームウィザードを使用してフォームを作成する

フォームウィザードでフォームを簡単に作成できます。

  1. フォームを追加するテーブルを開きます。

  2. フォームウィザードを開くには、Alt キーを押しながら C、F、Z キーの順に押します。"フォームウィザードウィンドウ" と読み上げられます。 "行 1" に続けて、"使用可能なフィールド" テーブルの最初の行の名前を指定します。

  3. フォームに追加する最初のフィールドの名前が読み上げられるまで、上方向キーまたは下方向キーを押します。

  4. Tab キーを2回押し、enter キーを押して、[選択したフィールド] テーブルにフィールドを追加します。

  5. フォームにさらにフィールドを追加するには、手順3-4 を繰り返します。

  6. "次へボタン" と読み上げられるまで F6 キーを押し、enter キーを押します。

  7. 次の画面で、上下の方向キーを使用してフォームのレイアウトを選択します。

  8. "[戻る] ボタン" と読み上げられるまで F6 キーを押し、"次へボタン" と聞こえるまで Tab キーを押し、enter キーを押します。

  9. 次の画面では、フォームの名前を入力することができます。 Tab キーを 1 回押します。 作成したフォームの既定の名前が読み上げられます。これはテーブル名と同じです。 フォームの新しい名前を入力します。

  10. "戻るボタン" と読み上げられるまで F6 キーを押し、"完了ボタン" と聞こえるまで Tab キーを押し、enter キーを押します。

複数項目フォームを作成する

複数のアイテムフォームを使用すると、一度に複数のレコードの情報を行と列に配置して表示できます。

  1. フォームを追加するテーブルを開きます。

  2. 複数のアイテムツールを使用するには、Alt キーを押しながら C、F、M、U キーを押し、フォームを作成してレイアウトビューで表示し Access ます。 レイアウトビューでは、データが表示されているときにフォームのデザインを変更することができます。 フォーカスが、テーブルの最初の行の最初のフィールドに移動します。

  3. これでフォームを編集できるようになりました。

    • フォームのビューを変更するには、"ステータスバー" と読み上げられるまで F6 キーを押します。 右方向キーを押して目的のものが見つかったら、enter キーを押します。

    • 新しいレコードを追加するには、Ctrl キーを押しながら正符号 (+) キーを押します。 別のフィールド間を移動するには、Tab キーを押します。

分割フォームを作成する

分割フォームには、フォームビューとデータシートビューという2つのビューがあります。 2 つのビューは同じデータ ソースに連結され、常に互いに同期されます。 フォームの一方の部分でフィールドを選ぶと、フォームのもう一方の部分で同じフィールドが選ばれます。 データの追加、編集、削除は、どちらの部分でも行うことができます (レコード ソースが更新可能であり、そのような動作を回避するようにフォームを設定していない場合)。

  1. フォームを追加するテーブルを開きます。

  2. 分割フォームツールを使用するには、Alt キーを押しながら C、F、M、P キーを押します。 Access フォームが作成され、画面の上部のセクションとその下にあるデータシートビューが表示されます。

  3. これでフォームを編集できるようになりました。

    • フォームビューとデータシートビューの間を移動するには、F6 キーまたは Shift + F6 キーを押します。

    • フォームビューでフィールド間を移動するには、tab キーを押すか、Shift キーを押しながら Tab キーを押します。

    • データシートビューで行と列の間を移動するには、方向キーを使用します。

コントロールに定型入力を追加する

定型入力を設定して、フォームによって正しく書式設定されているデータのみが受け入れられるようにします。 定型入力の詳細については、「定型入力を使用してデータ入力形式を制御する」を参照してください。

  1. フォームを表示している場合は、"ステータスバー" と読み上げられるまで F6 キーを押し、"デザインビュー" と読み上げられるまで右方向キーを押して、enter キーを押します。

  2. 定型入力を追加するフォーム内のコントロールに移動します。

  3. Shift キーを押しながら F10 キーを押してコンテキストメニューを開き、"プロパティ" と読み上げられるまで下方向キーを押した後、enter キーを押して [プロパティシート] ウィンドウを開きます。

  4. F6 キーを押して、[プロパティシート] ウィンドウにフォーカスを移動し、Shift キーを押しながら Tab キーを押して、ウィンドウの上部にあるタブバーに移動します。

  5. "すべて、タブ項目" と読み上げられるまで右方向キーを押した後、tab キーを押してタブバーから移動します。

  6. "行 57" と読み上げられるまで下方向キーを押します。

  7. 使用する定型入力を入力します。 定型入力の書式の詳細については、「定型入力について」を参照してください。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して Access を起動します。

Access デスクトップ データベースでスクリーン リーダーを使ってテーブルを作成する

Access デスクトップ データベースでスクリーン リーダーを使ってクエリを作成する

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×