スキップしてメイン コンテンツへ
Access デスクトップデータベースでスクリーンリーダーを使用してフォームにグラフを作成する

Access デスクトップデータベースでスクリーンリーダーを使用してフォームにグラフを作成する

[スクリーン リーダー コンテンツ] というラベルが表示された、読み上げの記号。 このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使用する、視覚に障碍のある方を対象としています。 一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

Access_1st_NoVer でキーボードとスクリーンリーダーを使用して、フォームに円グラフ、縦棒グラフ、または折れ線グラフを作成します。 ここでは、ナレーター、JAWS、および NVDA でテストしていますが、他のスクリーンリーダーと共に使用できるのは、一般的なアクセシビリティ標準と手法に準拠しているためです。 グラフの書式設定、サイズ変更、または移動を行う方法についても説明します。

グラフをフォームに追加して、データを視覚的に表示することができます。 テーブルまたはクエリにグラフをバインドしたり、さまざまなプロパティを使用してグラフをカスタマイズしたりできます。

グラフの詳細と、作成するグラフを決定する方法については、「フォームまたはレポートのグラフを作成する」の「ニーズに合った最適なグラフの種類を選択する」を参照してください。

注: 

この記事の内容

グラフを作成する

Access_1st_NoVerでグラフを正しく作成するには、テーブルまたはクエリなどのデータソースにグラフをバインドし、フィールドをグラフの寸法にマップします。

  1. グラフを作成するフォームに移動して、Shift キーを押しながら F10 キーを押します。 コンテキスト メニューが開きます。 [デザイン] ビューでフォームを開くには、D キーを押します。

  2. グラフの種類を選択するには、Alt キーを押しながら J、D、H、1キーを押します。 [グラフ] メニューが開きます。 次のいずれかの操作を行います。

    • 円グラフを作成するには、P キーを押します。

    • 縦棒グラフを作成するには、C キーを押します。

    • 折れ線グラフを作成するには、L キーを押します。

  3. Enter キーを押します。 プレースホルダーのグラフがフォームに挿入されます。 [グラフの設定] ウィンドウが開きます。

  4. フォーカスを [グラフの設定] ウィンドウに移動するには、ウィンドウ内の項目が読み上げられるまで F6 キーを押します。 ウィンドウの識別のために、同僚に質問しなければならない場合があります。

  5. 必要に応じて、[データ] タブにフォーカスを移動するには、現在のタブが読み上げられるまで Shift キーを押しながら tab キーを押します。 次に、"データタブ" と読み上げられるまで右方向キーを押します。 タブのプロパティが表示されます。

  6. グラフのデータソースの種類を選択または変更するには、"データソース" の後に現在のソースの種類 ("テーブル" など) が読み上げられるまで、Tab キーを押します。 データソースの種類を変更するには、目的のソースの種類が読み上げられるまで左方向キーまたは右方向キーを押します。

  7. Tab キーを 1 回押します。 現在のデータソースの名前の後に "コンボボックス" と読み上げられます。 データソースが選択されていない場合は、"コンボボックス" と読み上げられます。 データソースを選択または変更するには、目的のソースが読み上げられるまで下方向キーを押し、聞こえたら Enter キーを押します。

    既定では、サンプル図は、データ ソース内の最初の 2 つのフィールドを [軸 (カテゴリ)] と [値 (Y 軸)] のディメンションとして使用したライブ グラフと置き換えられます。 テーブル内の最初の列は主キーであることが多いため、グラフ内のディメンションとして使用したくない場合があります。

  8. グラフを作成するには、[軸 (カテゴリ)]、[凡例 (系列)]、[値 (Y 軸) ] オプションで、少なくとも2つのフィールドを選択する必要があります。 オプションに移動するには、"軸、カテゴリ" など、目的のオプションが読み上げられるまで Tab キーを押します。 目的のフィールドが読み上げられるまで、上方向キーまたは下方向キーを押します。 フィールドがチェックボックスとして表示されている場合は、Space キーを押して選択します。 フィールドがラジオボタンの場合は、移動時に自動的に選択されます。 各オプションとグラフに対する操作の詳細については、「データの設定」の「手順 3:フォームまたはレポートのグラフを作成する」を参照してください。

グラフの書式を設定する

グラフとそのさまざまな要素の書式を設定できます。 個々のデータ系列を書式設定することもできます。これは、グラフの凡例に対応する、列、折れ線、または扇形の値のセットです。 書式設定オプションは、グラフの種類によって異なります。

書式設定できるデータ系列プロパティの詳細については、「書式設定」セクションの手順3「フォームまたはレポートのグラフを作成する」を参照してください。

円グラフの書式を設定する

[プロパティシート] ウィンドウを使って、円グラフのプロパティを変更することができます。 手順8で変更するプロパティを選択するには、同僚に問い合わせる必要がある場合があります。

  1. グラフを作成する」の手順に従って、デザインビューでグラフを含むフォームを開きます。

  2. "ワークスペース" という音声が読み上げられるまで F6 キーを押し、その後にフォームの名前を指定します。

  3. グラフにフォーカスを移動するには、グラフの数値が読み上げられるまで、Tab キーを押します (たとえば、"グラフ19、折りたたまれています")。

  4. F4 キーを押して、[プロパティシート] ウィンドウを開きます。

  5. F6 キーを1回押します。 フォーカスが [プロパティシート] ウィンドウのプロパティ行に移動します。 行番号と、その後にプロパティセルの内容が読み上げられます。

  6. [プロパティシート] ウィンドウでは、グラフの外観に影響する設定は、通常、[書式] タブにあります。 タブに移動して選択するには、現在選択されているタブアイテム (たとえば、"データタブアイテム、選択されています") が読み上げられるまで、Tab キーを押します。 "書式タブ項目" と読み上げられるまで、左方向キーまたは右方向キーを押します。 [書式] タブのプロパティが表示されます。

    ヒント: 利用可能なすべてのグラフプロパティを検査する場合は、[すべて] タブを選択します。

  7. 選択したタブのプロパティの一覧にフォーカスを移動するには、Tab キーを1回押します。

  8. 選択したタブのプロパティを参照するには、上方向キーまたは下方向キーを押します。 サブメニューを展開するには、Alt キーを押しながら下方向キーを押します。 サブメニュー内の項目を選択するには、目的のオプションが読み上げられるまで上方向キーまたは下方向キーを押し、enter キーを押して選択します。 テキストフィールドを変更するには、フィールドに新しい値を入力します。

  9. [プロパティシート] ウィンドウを閉じるには、F4 キーを押します。

縦棒グラフまたは折れ線グラフの書式を設定する

  1. グラフを作成する」の手順に従って、デザインビューでグラフを含むフォームを開きます。

  2. "ワークスペース" という音声が読み上げられるまで F6 キーを押し、その後にフォームの名前を指定します。

  3. グラフにフォーカスを移動するには、グラフの数値が読み上げられるまで、Tab キーを押します (たとえば、"グラフ19、折りたたまれています")。

  4. フォーカスを [グラフの設定] ウィンドウに移動するには、ウィンドウ内の項目が読み上げられるまで F6 キーを押します。 ウィンドウの識別のために、同僚に質問しなければならない場合があります。

  5. [書式] タブを選択するには、現在のタブが読み上げられるまで Shift キーを押しながら tab キーを押し、"書式設定タブ" と読み上げられるまで右方向キーを押します。

  6. [書式] タブのプロパティの一覧にフォーカスを移動するには、tab キーを1回押します。

  7. [書式] タブに移動するには、SR キーを押しながら右方向キーまたは左方向キーを押します。 メニューを展開するには、Alt キーを押しながら下方向キーを押します。 メニューを参照するには、上方向キーまたは下方向キーを押します。 オプションを選択するには、Space キーまたは enter キーを押します。 テキストフィールドを変更するには、フィールドに新しい値を入力します。

グラフのサイズを変更する

  1. グラフを作成する」の手順に従って、デザインビューでグラフを含むフォームを開きます。

  2. "ワークスペース" という音声が読み上げられるまで F6 キーを押し、その後にフォームの名前を指定します。

  3. グラフにフォーカスを移動するには、グラフの数値が読み上げられるまで、Tab キーを押します (たとえば、"グラフ19、折りたたまれています")。

  4. グラフのサイズを変更するには、Shift キーを押しながら方向キーを押します。 グラフに適したサイズを特定するのに役立つ同僚が必要な場合があります。

グラフを移動する

  1. グラフを作成する」の手順に従って、デザインビューでグラフを含むフォームを開きます。

  2. "ワークスペース" という音声が読み上げられるまで F6 キーを押し、その後にフォームの名前を指定します。

  3. グラフにフォーカスを移動するには、グラフの数値が読み上げられるまで、Tab キーを押します (たとえば、"グラフ19、折りたたまれています")。

  4. 方向キーを使用してグラフを移動します。 グラフの適切な位置を特定するために役立つ仕事仲間が必要になることがあります。

フォームまたはレポート上のデータにグラフをリンクする

グラフでフォームまたはレポート上のデータを操作するようにするには、グラフをフォームまたはレポートと同じデータ ソースにバインドします。 次に、グラフの [リンク子フィールド] と [リンク親フィールド] のデータプロパティに一致するフィールドの値を設定できます。

  1. データ ソースにバインドされるフォームまたはレポートを作成します。 詳細な手順については、「スクリーンリーダーを使用して access デスクトップデータベースでフォームを作成する」または「スクリーンリーダーを使用して access デスクトップデータベースでレポートを作成する」を参照してください。

  2. フォームまたはレポートで、「グラフを作成する」の手順に従ってグラフを追加します。 データソースを選択するときに、フォームまたはレポートと同じソースを選択します。

  3. グラフを作成する」の手順に従って、デザインビューでフォームまたはレポートを開きます。

  4. グラフにフォーカスを移動するには、グラフの数値が読み上げられるまで、Tab キーを押します (たとえば、"グラフ19、折りたたまれています")。

  5. F4 キーを押して、[プロパティシート] ウィンドウを開きます。

  6. F6 キーを1回押します。 フォーカスが [プロパティシート] ウィンドウのプロパティ行に移動します。 行番号と、その後にプロパティセルの内容が読み上げられます。

  7. [データ] タブに移動して選択するには、現在選択されているタブアイテムが読み上げられるまで tab キーを押します。たとえば、"書式タブアイテム、選択されています"。 "データタブ項目" と読み上げられるまで、左方向キーまたは右方向キーを押します。 [データ] タブのプロパティが表示されます。

  8. [リンク子フィールド] または [リンク親フィールド] のいずれかのプロパティボックスにフォーカスを移動するには、同僚に依頼します。

  9. [Selected] プロパティボックスで、Shift キーを押しながら F10 キーを押してコンテキストメニューを開きます。 [サブフォームフィールドリンクビルダー ] ダイアログボックスを開くには、B キーを押します。

  10. [サブフォームフィールドリンクビルダー ] ダイアログボックスには、master フィールドと child フィールドの個別のメニューがあります。 ダイアログボックス内を移動するには、SR + →キーまたは←キーを押します。 マスターまたは子フィールドのリストを展開するには、Alt キーを押しながら下方向キーを押します。 リストを参照するには、下方向キーを押します。 リンク先にするフィールドを選択するには、enter キーを押します。 ダイアログボックス内の移動については、同僚に質問しなければならない場合があります。

    ヒント: 使用するフィールドがわからない場合は、[提案] ボタンに移動するまで SR キーと右方向キーを押し、enter キーを押して選択します。 Access_1st_NoVer 選択したプロパティボックスに推奨フィールドが挿入されます。

  11. フォームまたはレポートを保存します。

  12. フォームビューまたはレポートビューで、グラフが期待どおりに動作することを確認します。 たとえば、フォームまたはレポートをカテゴリフィールドでフィルター処理して、グラフを更新します。 グラフの確認のために、同僚に質問しなければならない場合があります。

関連項目

Access デスクトップ データベースでスクリーン リーダーを使ってテーブルを作成する

Access デスクトップ データベースでスクリーン リーダーを使ってクエリを作成する

Access デスクトップデータベースでスクリーンリーダーを使用してフォームを作成する

スクリーンリーダーを使用して Access テーブルを Excel ブックにエクスポートする

スクリーンリーダーを使用して Excel データを Access デスクトップデータベースに移行する

Access のキーボード ショートカット

スクリーンリーダーを使用して Access を検索および移動する

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×