スキップしてメイン コンテンツへ
Access デスクトップデータベースでスクリーンリーダーを使用してテンプレートをダウンロードして使用する

Access デスクトップデータベースでスクリーンリーダーを使用してテンプレートをダウンロードして使用する

[スクリーン リーダー コンテンツ] というラベルが表示された、読み上げの記号。 このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使用する、視覚に障碍のある方を対象としています。 一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

キーボードとスクリーンリーダーで Access を使って、 Access デスクトップデータベースでテンプレートをダウンロードして使い始めることができます。 これはナレーターでテストしましたが、一般的なアクセシビリティ標準や手法に従う限り、他のスクリーンリーダーと連携する可能性があります。 テンプレートをダウンロードする方法と、アセットトラッキングと学生テンプレートの使用を開始する方法について説明します。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • スクリーン リーダーの詳細については、「Microsoft Office でのスクリーン リーダーの機能」を参照してください。

  • 最適なエクスペリエンスを実現するには、 Microsoft Edge ブラウザーでこのヘルプトピックを表示して、目的のテンプレートを開きます。

この記事の内容

テンプレートをダウンロードする

データベースの作成に時間をかけたくない場合は、 Access デスクトップデータベーステンプレートを使うことができます。 このトピックでは、資産管理と学生テンプレートを例として使用します。

  1. [ Access スタート] 画面で、Alt キーを押しながら S キーを押して、[検索] フィールドにフォーカスを移動します。

  2. 使用するテンプレートに応じて、「アセットのトラッキングまたは学生」と入力し、enter キーを押します。 検索が完了 Access すると、もう一度入力した検索語句が読み上げられます。

  3. 使用するテンプレートの名前が読み上げられるまで Tab キーを押し、その後に検索結果の数を入力します。たとえば、"1/1" と読み上げられます。 次に、Enter キーを押してテンプレートを開きます。 ナレーターは、テンプレートのプレビューウィンドウの内容を読み上げます。 完全な説明を聞きたくない場合は、Ctrl キーを押しながらナレーションを中断します。

  4. Shift キーを押しながら Tab キーを2回押して、[ファイル名] フィールドにフォーカスを移動し、データベースの名前を入力します。

  5. "作成、ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、enter キーを押して、選択したテンプレートを使用して新しいデータベースを作成します。

使用しているテンプレートに応じて、[資産管理] テンプレートを使用するか、または[学生] テンプレートを使用して操作を続けます。

資産管理テンプレートの使用を開始する

[資産管理] テンプレートを使用して、コンピューター、office 機器、または他のユーザーが所有または管理するその他のものを追跡します。 次の手順に従って、最初にテンプレートをダウンロードした後で、データベースにアセットを入力する方法を確認してください。

  1. Access がアセットトラッキングデータベースの準備が完了すると、スクリーンリーダーによっては、次のように読み上げられる場合があります。 "セキュリティの警告"。 すべてのコンテンツを有効にするには、もう一度セキュリティの警告が読み上げられるまで F6 キーを押し、"コンテンツの有効化、ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、enter キーを押します。

  2. このテンプレートを使用していない場合は、[ようこそ] ウィンドウが開くことがあります。 このウィンドウを閉じるには、"開始、ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、enter キーを押します。 スクリーンリーダーによって、データベースのファイル名と場所が読み上げられ、[資産リスト] フォームが開き、フォーカスは [検索] フィールドに表示されます。

    ヒント: データベースを開くたびに [ようこそ] ウィンドウが表示されないようにするには、[はじめに] ボタンに到達したら、もう一度 tab キーを押します。 "このデータベースが開かれているときにようこそを表示する" と読み上げられます。 Space キーを押してオプションをオフにし、Shift キーを押しながら Tab キーを押して [作業の開始] ボタンに戻ります。

  3. リストへのアセットの追加を開始するには、Alt キーを押しながら N キーを押して [資産の詳細] ウィンドウを開き、アセットの名前を入力します。 たとえば、コンピューターの一覧を作成しているときに、それぞれに固有の4番号の ID が設定されている場合は、「デスクトップ 1234」と入力します。

  4. [資産の詳細] ウィンドウで前後に移動するには、tab キーを押すか、Shift キーを押しながら tab キーを押します。 フィールドには、次の2種類があります。

    • ほとんどのフィールドには、メーカー購入価格など、その資産詳細に関する情報を入力するだけで済みます。 [取得日] フィールドと [廃止日] フィールドに日付を入力して enter キーを押すと (たとえば、 2015 年9月 1日)、 Access は自動的に正しい日付形式に変換されます。

    • "コンボボックス" または "Combo、edit" という音声が、フィールドの名前の後 (カテゴリ条件など) である場合は、情報を入力するか、または Alt キーを押しながら↓キーを押してメニューを開き、上下の方向キーを使用して使用可能な値を参照します。を選び、Enter キーを押して選択します。

  5. 資産に添付ファイルを追加する場合は、"添付ファイルの追加または削除、ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、enter キーを押して、Alt キーを押しながら A キーを押します。 Tab キーを押すか、Shift キーを押しながら Tab キーを押して、 [ファイルの選択] ダイアログのさまざまな部分間を移動し、方向キーを使用して移動し、enter キーを押してフォルダーを開くか、ファイルを選択します。 次に、"OK、ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、enter キーを押して添付ファイルを追加します。

  6. 資産情報を保存して次のアセットの追加を開始するには、Shift + F6 キーを押し、"保存して新規作成、ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、enter キーを押します。

  7. アセットの追加を停止するには、Shift キーを押しながら F6 キーを押し、"閉じる、ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、enter キーを押します。 フォーカスが [資産リスト]フォームに戻ります。

  8. データベースを手動で保存するには、Alt キーを押しながら F キーを押し、S キーを押します。

テンプレートの使用方法の詳細については、「 Access の資産管理テンプレートを使用する」を参照してください。 たとえば、資産の詳細を検索したり、列の表示/非表示を切り替えたり、電子メールメッセージを送信したり、資産所有者の住所をマップしたりすることができます。

学生テンプレートの使用を開始する

学生用テンプレートを使用して、学生に関する情報 (メールアドレスとガーディアンの情報など) を把握します。 学生をデータベースに追加する方法については、最初にテンプレートをダウンロードした後で次の手順を実行してください。

  1. 資産管理データベースの準備が Access 完了すると、"セキュリティの警告" と読み上げられる場合があります。 すべてのコンテンツを有効にするには、もう一度セキュリティの警告が読み上げられるまで F6 キーを押し、"コンテンツの有効化、ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、enter キーを押します。

  2. 設定によっては、[ようこそ] ウィンドウが開くことがあります。 このウィンドウを閉じるには、"開始、ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、enter キーを押します。 スクリーンリーダーによって、データベースのファイル名と場所が読み上げられ、[学生リスト] フォームが開き、フォーカスは [検索] フィールドに表示されます。

    ヒント: データベースを開くたびに [ようこそ] ウィンドウが表示されないようにするには、[はじめに] ボタンに到達したら、もう一度 tab キーを押します。 "このデータベースが開かれているときにようこそを表示する" と読み上げられます。 Space キーを押してオプションをオフにし、Shift キーを押しながら Tab キーを押して [作業の開始] ボタンに戻ります。

  3. リストへの学生の追加を開始するには、Alt キーを押しながら N キーを押して [学生の詳細] ウィンドウを開き、"名" と読み上げられるまで tab キーを押し、学生の名を入力します。

  4. Tab キーを 1 回押します。 "姓" と読み上げられます。 学生の姓を入力します。

  5. [学生の詳細] ウィンドウで前後に移動するには、tab キーを押すか、Shift キーを押しながら tab キーを押します。 フィールドには、次の2種類があります。

    • ほとんどのフィールドでは、学生の詳細情報 (たとえば、学生 ID電子メールアドレス) を入力するだけで済みます。 [生年月日] フィールドに日付を入力して enter キーを押すと (たとえば、 2006 年2月 2日)、 Access は自動的に正しい日付形式に変換されます。

    • "コンボボックス" または "Combo、edit" という音声が、フィールドの名前の後 (レベル特殊な状況など) である場合は、情報を入力するか、または Alt キーを押しながら↓キーを押してメニューを開き、上下の方向キーを使用して使用可能な場所を参照します。値を入力するには、Space キーを押して [特殊な環境] メニューで選択範囲をオンまたはオフにし、enter キーを押して選択します。

    注: [クリックしてマップ] ボタンは、学生の住所情報を入力した後にのみ動作します。 ブラウザーの Bing のマップで場所を開きます。

  6. 学生の情報を保存して次の学生の追加を開始するには、Shift キーを押しながら F6 キーを押し、"保存して新規作成、ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、enter キーを押します。

  7. 学生の追加を停止するには、Shift キーを押しながら F6 キーを押し、"閉じる、ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、enter キーを押します。 フォーカスが [学生リスト]フォームに戻ります。

  8. データベースを手動で保存するには、Alt キーを押しながら F キーを押し、S キーを押します。

テンプレートを使用する方法の詳細については、「学生 Access データベーステンプレートを使用する」を参照してください。 たとえば、学生の検索とフィルター処理、学生の出席のトラッキング、列の表示と非表示の切り替え、学生の住所のマッピングなどを行うことができます。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して Access を起動します。

Access デスクトップデータベースでスクリーンリーダーを使用してフォームを作成する

Access デスクトップデータベースでスクリーンリーダーを使用してレポートを作成する

Access デスクトップ データベースでスクリーン リーダーを使ってクエリを作成する

Access のキーボード ショートカット

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×