Access アプリケーションを展開する

Access では、データベース アプリケーションを開発するために、機能豊富なプラットフォームが提供されています。 データベース アプリケーションと呼ばれるコンピューター プログラムでは、データと、ビジネス タスクのロジック (アプリケーション ロジック) に従うユーザー インターフェイスの両方を、保存および管理する方法が提供されています。

ユーザーのコンピューターに Access がインストールされていなくても実行できる Access アプリケーションを展開するには、Microsoft.com ダウンロード センターから無料で手に入る Access Runtime と共にアプリケーションを配布できます。

この記事では、基本的な展開の計画、Access Runtime の機能、Runtime をダウンロードする方法について説明します。 Access を使用したデータベース アプリケーションの展開の概要についても説明します。

目的に合ったトピックをクリックしてください

展開を計画する

Access Runtime について理解する

Access Runtime をダウンロードする

Access アプリケーションを展開する

展開を計画する

始める前に、アプリケーションを展開する方法に関する次の質問に答えてください。

データとロジックを分ける必要がありますか?

データの管理とアプリケーションのロジックが 1 つのファイルに結合された Access アプリケーションを作成できます。 Access ではこれが既定のアプリケーション構造です。 1 つのファイルにデータ管理とアプリケーション ロジックを組み合わせると、展開方法は最も簡単になりますが、この方法が最もうまくいくのは一度に 1 人のユーザーだけがアプリケーションを使用する場合であり、多少のリスクが伴います。 たとえば、ユーザーが誤ってアプリケーション ファイルを削除したり破損したりすると、データが失われる可能性があります。

ほとんどの場合は、データの管理とアプリケーションのロジックを分離する必要があります。 これは、以下の向上に役立ちます。

  • セキュリティ    データ ストレージにサーバーを使用すると、データをセキュリティで保護するのに役立ちます。

  • パフォーマンス    データベースやデータベース サーバーを分けると、ネットワーク トラフィックを削減できます。

  • カスタマイズ性    ナビゲーション ウィンドウの新しいマクロ アクションは、誰が何を見ることができるかを制御するのに役立ちます。 異なるユーザーに異なるアプリケーション ロジック ファイルを配布することができます。

データとロジックを分離する方法

データとロジックを分離する方法の 1 つは、[Access データベース] コマンド ([データベース ツール] タブの [データの移動] グループ) を使用することです。 [Access データベース] コマンドでは、データベース アプリケーションがデータ用とロジック用の 2 つの Access ファイルに分割されます。 [Access データベース] コマンドを使用すると、元のファイル名の後に "_be" ("バックエンド" の意味) が付いたファイルが作成されます。たとえば、元のデータベース ファイルの名前が "Database1.accdb" の場合は、"Database1_be.accdb" という名前の新しいデータベース ファイルが作成されます。

データ管理とアプリケーション ロジックを分離するもう 1 つの方法は、データの管理にはデータベース サーバー プログラム (Microsoft SQL Server など) を使用し、アプリケーションのロジックには Access を使用することです。

データ管理とアプリケーション ロジックの両方に 1 つの Access ファイルで十分かどうかを判断するには、次のことを検討します。

  • データの整合性とセキュリティ    Access ユーザーには、アプリケーション ロジックが含まれるファイルに対する読み取り/書き込みアクセス許可が必要です。 データとロジックを 1 つのファイルにまとめた場合、データはアプリケーション ロジックと同じリスクにさらされます。

    ロジックとデータに異なるファイルを使用する Access アプリケーションでは、NTFS セキュリティ機能を利用することで、データの整合性とセキュリティを保護できます。 ユーザーに明示的な読み取り/書き込みアクセス許可が必要なのはアプリケーション ロジック ファイルだけなので、データ ファイルをより安全に保護することができます。

    アプリケーションには、特定のデータにアクセスできるユーザーを制御する機能など、さらにセキュリティ オプションが必要な場合があります。 その場合は、SQL Server や Windows SharePoint Services を備えた Windows Server オペレーティング システムなどのサーバー製品を使用してアプリケーション データを保存および管理し、Access を使用してアプリケーション ロジックを提供する必要があります。

  • 拡張性    Access ファイルに許される最大サイズは 2 ギガバイト (GB) です。 テキスト データの 2 GB はかなりの量ですが、アプリケーションによっては十分ではない可能性があります。データベース レコードに添付ファイルを格納しているアプリケーションでは特にそうです。 データとロジックを分離した場合、アプリケーションはより多くのデータに対応できるようになります。 ユーザーが大量のデータを格納することが予想される場合は、複数の Access データ ファイルの使用を検討できます。

    また、Access プログラムの仕様で拡張性についての他の情報を確認する必要もあります。 Access の仕様の詳細については、「Access の仕様」を参照してください。

  • ネットワーク キャパシティ    複数のユーザーがネットワーク経由で同時にアプリケーションを使用することが必要な場合は、データとロジックが 1 つのファイルにまとめられていると、データの破損が発生する可能性が高くなります。 さらに、データとロジックを 1 つの Access ファイルにまとめた場合、Access によって生成されるネットワーク トラフィックを最適化することができません。 複数のユーザーがネットワーク経由でアプリケーションを同時に使用する場合は、複数の Access ファイルを使用することにより、またはデータにはデータベース サーバー製品を使用し、アプリケーション ロジックには Access を使用することにより、データとロジックを分離する必要があります。

どのようなネットワーク環境ですか?

すべてのユーザーが同じローカル エリア ネットワークを使用している場合、またはアプリケーションがネットワーク経由で使用されない場合は、1 つのアプリケーション ファイルでも、ほとんどの環境でパフォーマンスに問題はありません。

データとロジックを分離した場合は、ネットワークのパフォーマンスがいっそうよくなります。 ユーザーが同じローカル エリア ネットワークを使用していない場合は、データの格納と管理にはサーバーを使用し、アプリケーション ロジックには Access を使用します。

ユーザーは Access を持っていますか?

すべてのユーザーのコンピューターに Access がインストールされている場合は、他の Access データベース ファイルと同じようにアプリケーションを開いて使用できます。

一部またはすべてのユーザーのコンピューターに Access がインストールされていない場合は、アプリケーションを展開するときに、それらのユーザーに対して Access Runtime ソフトウェアを展開する必要があります。

ページの先頭へ

Access Runtime について理解する

Access Runtime は再頒布可能なプログラムであり、それを使用すると、自分のコンピューターに Access がインストールされていないユーザーでも、Access データベース アプリケーションを使用することができます。 Access Runtime を使用して Access データベースを開くと、データベースはランタイム モードで開きます。

ランタイム モードとは何ですか?

ランタイム モードは、Access の特定の機能が既定で利用できなくなっている Access の動作モードです。 ただし、このような使用できない機能の一部は、ランタイム モードで使用可能にすることができます。

ランタイム モードで使用できない機能

Access の以下の機能は、ランタイム モードでは使用できません。

  • ナビゲーション ウィンドウ    ナビゲーション ウィンドウはランタイム モードでは使用できません。 これは、データベース アプリケーションの任意のオブジェクトにユーザーがアクセスするのを防ぐのに役立ちます。 ランタイム モードを使用している間は、(たとえば、スイッチボード フォームを提供することにより) ユーザーに公開されているオブジェクトだけを開くことができます。 ランタイム モードでは、ナビゲーション ウィンドウを使用できるようにすることはできません。

  • リボン    既定では、リボンをランタイム モードで使用することはできません。 これにより、ユーザーがデータベース オブジェクトを作成または変更すること、および新しいデータ ソースへの接続や意図されていない方法でのデータのエクスポートなどの他の潜在的に危険な操作を実行することを、防ぐことができます。 カスタム リボンを作成し、そのリボンをフォームまたはレポートに関連付けることができます。 ランタイム モードで既定のリボン タブを公開することはできません。

  • デザイン ビューとレイアウト ビュー    ランタイム モードでは、すべてのデータベース オブジェクトに対してデザイン ビューとレイアウト ビューを使用できません。 これは、データベース アプリケーションでのオブジェクトのデザインをユーザーが変更するのを防ぐのに役立ちます。 ランタイム モードでは、デザイン ビューまたはレイアウト ビューを有効にすることはできません。

  • ヘルプ    既定では、統合されたヘルプをランタイム モードで使用することはできません。 ランタイム モードのアプリケーションで使用できる機能は管理者が制御するので、Access の統合された標準ヘルプの中には、アプリケーションを使用するユーザーには関係ないものが存在し、ユーザーに混乱や不満を感じさせる可能性がある場合があります。 独自のカスタム ヘルプ ファイルを作成して、ランタイム モードのアプリケーションを補完することができます。

Access Runtime ソフトウェアを使用しなくても、ランタイム モードで Access データベースを開くことができますか?

Access の完全バージョンがインストールされているコンピューターであれば、すべての Access データベースをランタイム モードで実行できます。 Access データベースをランタイム モードで実行するには、次のいずれかの操作を行います。

  • データベース ファイルのファイル名拡張子を、.accdb から .accdr に変更します。

  • データベースへのショートカットを作成し、/Runtime コマンドライン スイッチをショートカットに含めます。

ランタイム モードではデータベースのセキュリティが強化されますか?

ランタイム モードでは利用できるナビゲーション機能とデザイン機能が制限されますが、データベース アプリケーションを保護する主な手段としてランタイム モードを使用してはいけません。 完全バージョンの Access がインストールされているコンピューターでは、ユーザーがランタイム データベース アプリケーションを通常のデータベース アプリケーションとして開き (つまり、すべての機能が利用可能な状態)、デザインを変更したり、他の望ましくない操作を実行したりする可能性があります。

完全バージョンの Access がインストールされていないコンピューターにだけデータベース アプリケーションを展開したとしても、ユーザーは、完全バージョンの Access がインストールされているコンピューターにアプリケーションを転送し、ランタイム データベース アプリケーションを通常のデータベース アプリケーションとして開くことができます。

注: フォーム、レポート、または Microsoft Visual Basic for Applications (VBA) モジュールのデザインをユーザーが変更できないように Access アプリケーションを配布する必要がある場合は、コンパイル済みバイナリ ファイル (.accde) の使用を検討してください。 コンパイル済みバイナリ ファイルの使用の詳細については、この記事で後述するセクション「使用するファイル形式を決定する」を参照してください。

ページの先頭へ

Access Runtime をダウンロードする

Microsoft ダウンロード センターから Access Runtime をダウンロードするには、お使いのバージョンに該当する以下のリンクをクリックしてください。

Access Runtime をダウンロード、使用、または再配布するために購入する必要はなく、Runtime を配布する相手のユーザーの数に制限はありません。

ページの先頭へ

Access アプリケーションを展開する

Access アプリケーションを展開するには、少なくとも次のタスクを行う必要があります。

  1. アプリケーションを作成する    アプリケーションでは、ユーザーがデータベース オブジェクトを開いて使用するための手段を提供する必要があります。 アプリケーションでそのような手段を提供しないと、ユーザーはアプリケーションを使用するためにコンピューターに Access をインストールする必要があります。 そして、ユーザーがアプリケーション内を移動する方法を予測することができないため、アプリケーションの完全なドキュメントを提供することがより困難になります。 さらに、ユーザーが Access Runtime ソフトウェアを使用してアプリケーションを開いた場合、組み込まれている Access のナビゲーション機能は使用できなくなります。

    1 つの方法としては、データベース オブジェクトを開いたり他の操作を実行したりするコマンド ボタンが含まれるフォームを作成し、アプリケーションの開始時に開く既定のフォームとしてそのフォームを指定します。

    注: フォームの作成の詳細については、「フォーム ツールを使用してフォームを作成する」を参照してください。

    既定で開くフォームを指定する方法

    1. [ファイル]、[オプション] の順にクリックします。 Access 2007 を使用している場合は、Microsoft Office ボタン、[Access のオプション] の順にクリックします。

    2. [Access のオプション] ダイアログ ボックスの左側のウィンドウで、[現在のデータベース] をクリックします。

    3. 右側のウィンドウの [アプリケーション オプション] で、[フォームの表示] コンボ ボックスを使用して既定のフォームを選択します。

    カスタム リボンを作成し、アプリケーションの開始時に開くフォームにそのリボンを関連付けることもできます。 カスタム リボンの作成の詳細については、「Access でカスタムリボンを作成する」を参照してください。

  2. アプリケーションをインストールする    アプリケーションのインストールについては、オプションと考慮事項がいくつかあります。 ユーザーによるアプリケーションの使用方法をより適切に制御するため、特定のファイル形式を展開することができます。 または、アプリケーションをパッケージ化してインストールしやすくしたり、データ コンポーネントとロジック コンポーネントを個別に展開したりできます。

    これらのオプションと考慮事項の詳細については、次のセクションを参照してください。

使用するファイル形式を決定する

アプリケーションを展開するときは、4 種類の Access ファイル形式を使用できます。

  • .accdb    これは、Access の既定のファイル形式です。 この形式でアプリケーションを展開すると、ユーザーには、選択したあらゆる方法でアプリケーションをカスタマイズしたり、アプリケーション内を移動したりする、ほとんどのオプションが提供されます。 ユーザーがアプリケーションのデザインを変更できないようにする場合は、.accde ファイル形式を使用する必要があります。 さらに、.accdb ファイルではそれがパッケージ化された後で変更されたかどうかをユーザーは簡単に特定できないため、それがはっきりとわかるようにするには、.accdc ファイル形式を使用します。

  • .accdc    この形式は、Access 展開ファイルとも呼ばれます。 Access 展開ファイルは、アプリケーション ファイルと、そのファイルに関連付けられているデジタル署名で構成されます。 このファイル形式では、それがパッケージ化された後で誰もアプリケーション ファイルを変更していないことが、ユーザーに対して保証されます。 この形式は、既定の形式の Access ファイル (.accdb)、または Access のコンパイル済みバイナリ ファイル(.accde) に対して、適用できます。

    Access 展開ファイルに含めることができるアプリケーション ファイルは 1 つだけです。 アプリケーションでデータ ファイルとロジック ファイルが分かれている場合は、個別にパッケージ化できます。

  • .accde    この形式は、コンパイル済みバイナリ ファイルとも呼ばれます。 Access でのコンパイル済みバイナリ ファイルは、すべての VBA コードがコンパイルされて保存されているデータベース アプリケーション ファイルです。 Access のコンパイル済みバイナリ ファイルには VBA のソース コードは残っていません。

    Access のコンパイル済みバイナリ ファイルは、Access Runtime を使用して開くことができます。 ただし、既定では、Runtime は .accde ファイル名拡張子を認識できません。 Access Runtime を使用してコンパイル済みバイナリ ファイルを開くには、Runtime をポイントするショートカットを作成し、ショートカットで開く必要のあるコンパイル済みバイナリ ファイルへのパスをショートカットに含めます。

    重要: コンパイルに使用されたバージョンより前のバージョンの Access を使用して、コンパイル済みバイナリ ファイルを開くことはできません。 この問題を解決するには、ユーザーがインストールしているバージョンの Access でバイナリ ファイルをコンパイルする必要があります。

    コンパイル済みバイナリ ファイルとして Access ファイルを保存する方法

    1. Access で、コンパイル済みバイナリ ファイル (.accde) として保存するデータベース (.accdb ファイル) を開きます。

    2. [ファイル] タブをクリックし、[名前を付けて保存] をクリックします。

    3. [データベース ファイルの種類] で [ACCDE の作成] をクリックし、[名前を付けて保存] をクリックします。

    4. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスで、ファイルを保存するフォルダーを参照し、ファイルの名前を [ファイル名] ボックスに入力して、[保存] をクリックします。

    注: Access 2007 を使用している場合は、[データベース ツール] タブの [データベース ツール] グループで、[ACCDE の作成] をクリックします。

  • .accdr    この形式では、ランタイム モードで開くアプリケーションを展開できます。 ランタイム アプリケーションを展開すると、アプリケーションが使用される方法を制御できますが、それはアプリケーションを保護するための手段ではありません。 ランタイム モードの詳細については、「Access Runtime について理解する」を参照してください。

Access データベースをパッケージ化して署名する

Access では、以前のバージョンより、データベースの署名と配布を簡単かつ迅速に実行できます。 .accdb ファイルまたは .accde ファイルを作成した後、ファイルをパッケージ化し、パッケージにデジタル署名を適用して、署名したパッケージを他のユーザーに配布できます。 パッケージ化と署名の機能を使用すると、データベースが Access 展開 (.accdc) ファイルに格納され、パッケージに署名された後、コード署名済みパッケージがユーザーのコンピューター上の管理者が指定した場所に格納されます。 その後、ユーザーは格納されたパッケージからデータベースを抽出し、パッケージ ファイル内ではなくデータベース内で直接作業できます。

注: このセクションで説明する機能により、Access ファイルがパッケージ化され、ファイルが信頼できることをユーザーに示すのに役立つデジタル署名がパッケージに適用されます。

パッケージの作成と署名を行うときは、以下の点に注意してください。

  • データベースをパッケージ化して、パッケージに署名するのは、信頼できることを伝える 1 つの方法です。 管理者またはユーザーがパッケージを受け取ったとき、データベースが改ざんされていないことを署名によって確認できます。 作成者を信頼できる場合は、コンテンツを有効にすることができます。

  • パッケージ化と署名機能は、.accdb ファイル形式で保存されたデータベースにのみ適用されます。 以前の .mdb ファイル形式で作成されたデータベースの署名と配布に使用できるように、Access では以前のバージョンの Microsoft Office のツールが提供されています。 新しい .accdb ファイル形式で作成されたファイルを、古いバージョンの Office のツールを使用して署名および配布することはできません。

  • 1 つのパッケージに追加できるデータベース ファイルは、1 つだけです。

  • データベースをパッケージ化して署名すると、マクロまたはコード モジュールだけでなく、データベース ファイル内のすべてのオブジェクトがコード署名されます。 パッケージ化と署名のプロセスでは、ダウンロード時間を短縮するためにパッケージの圧縮も行われます。

  • SharePoint サーバー上にあるパッケージ ファイルからデータベースを抽出できます。

以降のセクションでは、署名済みパッケージ ファイルを作成する方法と、署名済みパッケージ ファイル内のデータベースを使用する方法を説明します。

注: これらの手順を完了するには、少なくとも 1 つのセキュリティ証明書が必要です。 コンピューターに証明書がインストールされていない場合は、SelfCert ツールを使用して作成できます。 プライベート セキュリティ証明書の作成方法については、「デジタル署名を追加してデータベースが信頼できることを示す」を参照してください。

署名済みパッケージを作成する

  1. パッケージ化して署名するデータベースを開きます。

  2. [ファイル] タブをクリックし、[名前を付けて保存] をクリックします。

  3. [データベース ファイルの種類] で [パッケージ化と署名] をクリックし、[名前を付けて保存] をクリックします。

    注: Access 2007 を使用している場合は、Microsoft Office ボタンをクリックし、[発行]、[パッケージ化と署名] の順にクリックします。

  4. [証明書の選択] ダイアログ ボックスで、デジタル証明書を選択し、[OK] をクリックします。

    [Microsoft Office Access 署名済みパッケージの作成] ダイアログ ボックスが表示されます。

  5. [保存先] リストで、署名済みデータベース パッケージを保存する場所を選びます。

  6. [ファイル名] ボックスに署名済みパッケージの名前を入力して、[作成] をクリックします。

    .accdc ファイルが作成され、選択した場所に保存されます。

署名済みパッケージを抽出して使用する

  1. [ファイル]、[開く] の順にクリックします。

    注: Access 2007 を使用している場合は、Microsoft Office ボタンをクリックして、[開く] をクリックします。

  2. [開く] ダイアログ ボックスで、ファイルの種類として [Microsoft Office Access 署名済みパッケージ (*.accdc)] を選択します。

  3. [検索先] リストで、.accdc ファイルが格納されているフォルダーに移動し、ファイルを選択して [開く] をクリックします。

  4. 次のいずれかの操作を行います。

    • 展開パッケージに適用されたデジタル証明書を信頼することを選択した場合は、[データベースの抽出] ダイアログ ボックスが表示されます。 手順 5 に進みます。

    • デジタル証明書を信頼することを選択していない場合は、アドバイザリ メッセージが表示されます。

      1. アドバイザリ メッセージ

      2. データベースを信頼する場合は、[開く] をクリックします。 特定のプロバイダーの証明書をすべて信頼する場合は、[発行元からのコンテンツを常に信頼する] をクリックします。 [データベースの抽出] ダイアログ ボックスが表示されます。

  5. 必要に応じて、[保存先] リストで、抽出されたデータベースの保存場所を選び、[ファイル名] ボックスにその抽出されたデータベース用に別の名前を入力します。

証明書を信頼するかどうか不確かな場合は、証明書の日付やその他の項目を調べて有効かどうかを確認する方法の概要が「デジタル署名の信頼性を確認する方法」に説明されているので、参照してください。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×