Access アプリでリスト ビューを使用する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

重要    Microsoft では、SharePoint で Access Web App を作成および使用することはお勧めしなくなりました。 代わりに、Microsoft PowerApps を使用して、Web およびモバイル デバイス用にコードなしのビジネス ソリューションを作成することを検討してください。

Access アプリのデータをフォームレイアウトで表示するには、リストビュー ([リストの詳細] ビューとも呼ばれます) を使用します。 アプリに新しいテーブルを追加したり、アプリにデータをインポートしたりすると、Access によって各テーブルのリストビューが自動的に作成されますが、テーブルの追加のリストビューを作成することもできます。 リストビューには組み込みの検索ボックスが含まれているため、特定のデータを検索またはフィルター処理する場合に便利です。 また、リストビューは、レコードの詳細を表示したり、テーブルのレコードを追加、編集、削除したりする場合に便利です。 リストビューの左側にあるリストコントロールで、表示または編集するレコードを選択します。 access アプリにテーブルを追加する方法について詳しくは、「 access アプリを作成する」をご覧ください。

注: この記事は、Access デスクトップ データベースには適用されません。 デスクトップ データベースでのフォームの作成の詳細については、「Access でフォームを作成する」を参照してください。

リストビュー

Access で新しいリスト ビューを作成すると、テーブル内のフィールドごとに、ビューでコントロールが自動作成されます。 また新しいフィールドをテーブルに追加すると、そのフィールドに対する新しいコントロールがリスト ビューに追加されます。 コントロールの移動やサイズ変更など、リスト ビューのデザインを変更してデザインの変更を保存した場合、テーブルに新しいフィールドを追加しても、リスト ビューに新しいコントロールは追加されなくなります。 この場合、テーブルに新しいフィールドを追加する際に、リスト ビューに新しいコントロールを手動で追加する必要があります。 詳細については、ビューにコントロールを追加する方法を参照してください。

新しいリスト ビューの追加

テーブルに新しいリスト ビューを追加するには、次の手順どおりに行います。

  1. Access でアプリケーションを開きます。

  2. 左ウィンドウのテーブル セレクターでテーブルのキャプション名をクリックしてから、[新しいビューの追加] (プラス記号) をクリックします。

    Access クライアントからリスト ビューを追加する

  3. [新しいビューの追加] ダイアログの [ビュー名] ボックスにビューの名前を入力して、[ビューの種類] を [リストの詳細] に設定します。次に [レコード ソース] ボックスでテーブル名を選びます。

  4. [ホーム]、[アプリの起動] の順にクリックして、ブラウザーでリスト ビューを開きます。

  5. テーブル名、[リスト] の順にクリックして、このビューでのデータの追加、変更、または削除を行います。

ページの先頭へ

リスト ビューでアクション ボタンを使用する

  • 新しいレコードを追加するには、[追加] アクションバーの [レコードの追加] ボタン アクション ボタンをクリックしてデータを入力してから、[保存] アクションバーの [保存] アクションボタン アクション ボタンをクリックします。

  • レコードを編集するには、リストからレコードをクリックし、[編集] アクションバーの [編集] アクションボタン アクション ボタンをクリックします。

  • レコードを削除するには、リストからレコードをクリックし、[削除] アクションバーの [レコードの削除] アクションボタン アクション ボタンをクリックします。

  • レコードに保存していないデータの変更をキャンセルするには、[キャンセル] アクションバーの [キャンセル] アクションボタン アクション ボタンをクリックします。

リストビューのアクションバー

詳細については、Access アプリでのアクション ボタンの操作方法を参照してください。

ページの先頭へ

リスト ビューでデータをフィルター処理する

検索ボタンを使用して、リストにフィルターをかけることができます。 たとえば、"奥" という文字を含むアイテムを探すには、[このリストにフィルターを適用] ボックスに「奥」と入力してから Enter キーを押します。 Access は複数のフィールドに渡ってフィルタリングを行います。 この例の場合なら、"奥村" などの結果が得られます。

リストビューの [検索] ボックスを使用する

フィルタリングされていない表示に戻るには、検索ボックスの [x] をクリックします。

詳細については、リスト ビューでデータを検索する方法を参照してください。

ヒント: リスト ビューでレコードを表示する場合、キーボード ショートカットとしてスラッシュを入力し、検索ボックスにフォーカスを移動します。

ページの先頭へ

リスト ビューを削除する

既存のリスト ビューを削除するには、次の手順どおりに行います。

  1. Access でアプリケーションを開きます。

  2. 左ウィンドウのテーブル セレクターでテーブルのキャプション名をクリックしてから、リスト ビューをクリックします。

  3. プロパティ ボタンをクリックして、[削除] をクリックします。

    [ブラウザーで開く]、[編集]、[名前の変更]、[複製]、[削除] が表示された [設定] メニュー
  4. リスト ビューを削除するには [はい] をクリックし、削除をキャンセルするには [いいえ] をクリックします。

注: リスト ビューを削除すると、テーブルに添付されているビューのリストやナビゲーション ウィンドウからもリスト ビューが削除されます。 リスト ビューの削除は、元に戻すことはできません。

ページの先頭へ

リスト ビューのキャプションの名前を変更する

Access アプリで新しいテーブルを作成した場合、リストがビューのキャプションとして使われます。 このキャプションは、ナビゲーション ウィンドウに表示される、リスト ビュー オブジェクトの実際の名前ではありません。 自分の好みに合わせて、リスト ビューのキャプションを変更できます。 リスト ビューのキャプションを変更しても、ナビゲーション ウィンドウに表示される、リスト ビュー オブジェクトの名前は変更されません。

リスト ビューのキャプションの名前を変更するには、次の手順どおりに行います。

  1. Access でアプリケーションを開きます。

  2. 左ウィンドウのテーブル セレクターでテーブルのキャプション名をクリックしてから、リスト ビューをクリックします。

  3. プロパティ ボタンをクリックし、[名前の変更] をクリックします。

    [ブラウザーで開く]、[編集]、[名前の変更]、[複製]、[削除] が表示された [設定] メニュー
  4. 新しいリスト ビューのキャプション名を入力して、Enter キーを押します。

    ユーザーに変更されたリストビューのキャプション
  5. クイック アクセス ツールバーの [保存] をクリックして、キャプションの変更を保存します。

ヒント: 画面上部にあるリスト ビューの位置を変更するには、キャプションをクリックしたまま右または左にドラッグして、新しい位置に移動します。

ページの先頭へ

リスト ビューのコピーを作成する

リスト ビューの同一コピーを作成する場合は、Access アプリの複製機能を使用できます。

リスト ビューのコピーを作成するには、次の手順どおりに行います。

  1. Access でアプリケーションを開きます。

  2. 左ウィンドウのテーブル セレクターでテーブルのキャプション名をクリックしてから、リスト ビューをクリックします。

  3. プロパティ ボタンをクリックし、[複製] をクリックします。

    [ブラウザーで開く]、[編集]、[名前の変更]、[複製]、[削除] が表示された [設定] メニュー
  4. リスト ビューの新しいコピーの名前を [複製の名前] ボックスに入力します。 ナビゲーション ウィンドウの各ビュー オブジェクトの名前は一意である必要があります。

  5. これを割り当てるテーブルを [複製の場所] ボックスで選びます。 ビューのコピーをテーブルに割り当てた場合、左ウィンドウでテーブルのキャプション名をクリックすると、ビューのキャプション名が表示されます。

    重複するボックスの名前と重複するボックスの場所が表示された [ビューの複製] ダイアログ。

    ヒント: ビューのコピーを特定のテーブルに割り当てない場合は、[複製の場所] ボックスで [スタンドアロン/ポップアップ] を選ぶことができます。 ビューのコピーをスタンドアロン ビューとして作成した場合、ナビゲーション ウィンドウにオブジェクトが表示されますが、テーブルに割り当てたビューのリストには表示されません。 ブラウザーでスタンアロン ビューを開くには、OpenPopup マクロ アクションを使用する必要があります。

  6. [OK] をクリックして、リスト ビューの新しいコピーを作成するか、[キャンセル] をクリックしてリスト ビューのコピーの作成をキャンセルします。

  7. 変更をビュー リストに保存するには、クイック アクセス ツールバーの [保存] をクリックします。

ページの先頭へ

次のステップ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×