Access の仕様

この記事には、Microsoft Access データベース ファイルおよびオブジェクトの制限に関する情報が含まれています。 データベースがこれらの制限を超えるということは、多くの場合、設計に問題があることを示しています。 この記事の情報を使用して、データベースの設計を注意深く確認すると、実装を成功させるために修正が必要な場所を見つけることができます。 たとえば、Microsoft Excel から Access へ、データを正規化しないで直接インポートすると、追加のフィールド (列) が作成されることがあります。 データベースの設計や正規化に関する情報が必要な場合は、「追加情報」セクションのリソースを参照してください。

この記事の内容

データベースの仕様

Project の仕様

追加情報

データベースの仕様

次のテーブルのリストは、Access データベースに適用されます。特定のバージョンの違いがある場合は、個別に呼び出されます。

全般

属性

最大値

Access データベース (.accdb または .mdb) の合計サイズ (すべてのデータベース オブジェクトおよびデータを含む)

2 GB からシステム オブジェクトに必要な領域を差し引いたもの

注: このサイズ制限を回避するには、他の Access データベースのテーブルにリンクします。 複数のデータベース ファイルのテーブルにリンクでき、それぞれの最大サイズが 2GB になります。

ヒント:  データベースのサイズを削減する方法の詳細については、「最適化と修復を使用してデータベース ファイルの問題を予防および修復する」を参照してください。

データベースのオブジェクトの合計数

32,768

モジュール数 ([HasModule] プロパティが [True] に設定されているフォーム、レポートなど)

1,000

オブジェクト名の文字数

64

パスワードの文字数

14

注: Access 2007 では、20 文字です。

ユーザー名またはグループ名の文字数

20

同時ユーザー数

255

ページの先頭へ

テーブル

属性

最大値

テーブル名の文字数

64

フィールド名の文字数

64

テーブル内のフィールド数

255

開いているテーブル数

2,048 (リンクされたテーブルおよび Access によって内部で開かれたテーブルを含む)

テーブルのサイズ

2 GB からシステム オブジェクトに必要な領域を差し引いたもの

短いテキスト フィールドの文字数

注: Access 2013 以降では、テキスト型フィールドは短いテキスト フィールドと呼ばれるようになりました。

255

長いテキスト フィールドの文字数

注: Access 2013 以降では、メモ型フィールドは長いテキスト フィールドと呼ばれるようになりました。

65,535 (ユーザー インターフェイスからデータが入力される場合)
1 GB (プログラムによってデータが入力される場合に使用できる文字領域)

OLE オブジェクト フィールドのサイズ

1 GB

テーブル内のインデックス数

32 (テーブルのリレーションシップを維持するために内部で作成されたインデックス、単一フィールド インデックス、複合インデックスを含む)

インデックスまたはプライマリ キーのフィールド数

10

検証メッセージの文字数

255

入力規則の文字数 (句読点文字や演算子を含む)

2,048

フィールドまたはテーブルの説明の文字数

255

フィールドの [UnicodeCompression] プロパティが [Yes] に設定されている場合の、レコード内の文字数 (長いテキストおよび OLE オブジェクトのフィールドを除く)

4,000

フィールド プロパティ設定の文字数

255

ページの先頭へ

クエリ

属性

最大値

適用されるリレーションシップの数

テーブルあたり、32 から、そのテーブルのリレーションに関わっていないフィールドまたはフィールドの組み合わせに対するインデックス数を引いた数*

クエリ内のテーブル数

32*

クエリ内の結合数

16*

レコードセット内のフィールド数

255

レコードセットのサイズ

1 GB

並べ替えの制限

1 つまたは複数のフィールドで 255 文字

クエリの入れ子レベル数

50*

クエリ デザイン グリッドのセルの文字数

1,024

パラメーター クエリのパラメーターの文字数

255

WHERE 句または HAVING 句内の AND 演算子の数

99*

SQL ステートメントの文字数

約 64,000*

*複数値を持つルックアップ フィールドがクエリに含まれている場合、最大値が小さくなることがあります (.accdb のみ)。

ページの先頭へ

フォームおよびレポート

属性

最大値

ラベルの文字数

2,048

テキスト ボックスの文字数

65,535

フォームまたはレポートの幅

22.75 インチ (57.79 cm)

セクションの高さ

22.75 インチ (57.79 cm)

すべてのセクションにセクション ヘッダーを加えた高さ (デザイン ビュー)

200 インチ (508 cm)

フォームまたはレポートの入れ子レベル数

7

レポート内で並べ替えまたはグループ化できるフィールドまたは式の数

10

レポート内のヘッダーおよびフッターの数

レポートのヘッダー/フッター: 1、
ページのヘッダー/フッター: 1、
グループのヘッダー/フッター: 10

レポートの印刷ページ数

65,536

フォームまたはレポートの使用期間を通じて追加できるコントロールおよびセクションの数

754

フォーム、レポート、またはコントロールの [Recordsource] プロパティまたは [Rowsource] プロパティとして設定される SQL ステートメントの文字数

32,750

ページの先頭へ

マクロ

属性

最大値

マクロ内のアクション数

999

条件の文字数

255

コメントの文字数

255

アクションの引数の文字数

255

ページの先頭へ

Project の仕様

次のテーブルのリストは、Access 2010 と Access 2007 のプロジェクトに適用されます。

全般

属性

最大値

Access プロジェクト (.adp) のオブジェクト数

32,768

モジュール数 ([HasModule] プロパティが [True] に設定されているフォーム、レポートなど)

1,000

オブジェクト名の文字数

64

テーブルの列の数

250 (Microsoft SQL Server 6.5)

1024 (Microsoft SQL Server 7.0、2000、2005)

ページの先頭へ

フォームおよびレポート

属性

最大値

ラベルの文字数

2,048

テキスト ボックスの文字数

65,535

フォームまたはレポートの幅

22 インチ(55.87 cm)

セクションの高さ

22 インチ(55.87 cm)

すべてのセクションにセクション ヘッダーを加えた高さ (デザイン ビュー)

200 インチ (508 cm)

フォームまたはレポートの入れ子レベル数

7

レポート内で並べ替えまたはグループ化できるフィールドまたは式の数

10

レポート内のヘッダーおよびフッターの数

レポートのヘッダー/フッター: 1、
ページのヘッダー/フッター: 1、
グループのヘッダー/フッター: 10

レポートの印刷ページ数

65,536

フォームまたはレポートの使用期間を通じて追加できるコントロールおよびセクションの数

754

フォーム、レポート、またはコントロールの [Recordsource] プロパティまたは [Rowsource] プロパティとして設定される SQL ステートメントの文字数 (.accdb および .adp)

32,750

ページの先頭へ

マクロ

属性

最大値

マクロ内のアクション数

999

条件の文字数

255

コメントの文字数

255

アクションの引数の文字数

255

ページの先頭へ

追加情報

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×