Access のパフォーマンスを向上させる

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

この記事では、Microsoft Office Access データベースのパフォーマンスを向上させるためのヒントを記載します。 以下のヒントを次に、レポートの実行などの複雑なクエリに基づいてフォームを開く、データベースの多くの操作の速度を上げることができます。

データベースのパフォーマンスを向上させるために最適な方法の 1 つは、よく使用されるフィールドに対してインデックスを作成するのにです。 この記事のいずれかのヒントを使用して実行できます。 複数のインデックスを作成すると、パフォーマンスが向上します。 インデックスをいくつかが、自動的に作成は、インデックスを追加でパフォーマンスを向上させるかどうかを慎重に検討する必要があります。

この記事では、インデックスを作成してなど、特定のデータベース オブジェクトのパフォーマンスを最適化する方法は説明しません。 詳細については、「作成してパフォーマンスを向上させるためにインデックスを使用する」を参照してください。

この記事の内容

ローカル データベースのパフォーマンスを向上させる

マルチ ユーザー環境でのパフォーマンスを向上させる

お使いのコンピューターに Access のパフォーマンスを向上させる

ローカル データベースのパフォーマンスを向上させる

次のガイドラインを使用して、ローカルの Access データベースのパフォーマンスを最適化できます: ネットワーク上ではなく、ローカルのハード ディスク ドライブに保存されているデータベース。

名前の自動修正をオフにします。

最適化/修復を自動的にデータベースを設定します。

データベースを排他モードで開く

オート コレクトのオプションをオフにします。

名前の自動修正をオフにします。

名前の自動修正機能により、いるデータベース オブジェクトの機能はそのままに依存する他のデータベース オブジェクトの名前を変更できます。 たとえば、テーブルの名前を変更すると、そのテーブルを使用するクエリは、名前の自動修正、それらのクエリは、変更の理由により、問題を確認してください。 この機能を利用できるが、一部のパフォーマンスが低下してはします。

データベース設計が安定した場合、そのオブジェクトは名前を変更できませんは安全なパフォーマンスを向上させるために、名前の自動修正を無効にすることができます。

  1. 最適化するデータベースを開きます。

  2. [ファイル]、[オプション] の順にクリックして、[Access のオプション] ダイアログ ボックスを開きます。

  3. [Access のオプション] ダイアログ ボックスの左側のウィンドウで、[現在のデータベース] をクリックします。

  4. [名前の自動修正オプション] で、右側のウィンドウですべてのチェック ボックスをオフにします。

最適化/修復を自動的にデータベースを設定します。

時間の経過とともにデータベース ファイルのパフォーマンスできる速度が遅くなる削除に割り当てられたままスペースまたは一時的なオブジェクトの理由により、します。 最適化/修復] コマンドを使用して、この余分なスペースが削除され、迅速かつ効率的に実行するデータベースことができます。 データベースを閉じるときに自動的に最適化/修復] コマンドを実行するためのオプションを設定することができます。

  1. 最適化するデータベースを開きます。

  2. [ファイル]、[オプション] の順にクリックして、[Access のオプション] ダイアログ ボックスを開きます。

  3. [Access のオプション] ダイアログ ボックスの左側のウィンドウで、[現在のデータベース] をクリックします。

  4. [アプリケーション オプション] で、右側のウィンドウで、[閉じるときに最適化する] チェック ボックスを選択します。

データベースを排他モードで開く

のみのユーザーがデータベースを使用する場合は、 排他的モードでデータベースを開く他のユーザーが同時にデータベースを使用できないし、パフォーマンスを向上させることができます。

  1. Access を起動します。データベースは開きません。 データベースを開いて、ある場合は、閉じます。

  2. [開く] をクリックし、[参照] をクリックします。

  3. [開く] ダイアログ ボックスでは、データベース ファイルを開きたいを選択します。 データベース ファイルの場所に移動する必要がある場合は、ファイルの場所] ボックスの一覧を使用できます。

  4. [開く] の矢印をクリックし、[排他モードで開く] をクリックします。

オート コレクトのオプションをオフにします。

既定では、アクセスは、入力中にスペルを修正します。 パフォーマンスを向上させるためにオート コレクト機能を無効にすることができます。

  1. 最適化するデータベースを開きます。

  2. [ファイル]、[オプション] の順にクリックして、[Access のオプション] ダイアログ ボックスを開きます。

  3. Access のオプション] ダイアログ ボックスの左側のウィンドウで [文章校正] をクリックします。

  4. 右側のウィンドウでオート コレクトのオプション] で [オート コレクトのオプション] をクリックします。

  5. オート コレクトのオプション] ダイアログ ボックスで、不要なオプションのチェック ボックスをオフにします。

    注: 福利厚生を表示するすべてのオート コレクトのオプションが大きくのメリットをオフにするその他の自動修正オプションをオフにする必要はありません。

ページの先頭へ

マルチ ユーザー環境でのパフォーマンスを向上させる

マルチ ユーザー環境で使われている Access データベースのパフォーマンスを最適化するには、次のガイドラインができます。

データベースを分割します。

ページ レベルまたはレコード レベルのロック設定を変更します。

適切なのレコード ロックの設定を選択します。

ネットワークの更新を調整して、設定を更新します。

データベースを分割します。

データベースを分割すると、バックエンド データベースでネットワーク サーバー上にデータベース ファイルのあるデータ テーブルを配置します。 別のデータベース ファイル、フロント エンド データベースと呼ばれるには、クエリ、フォーム、およびレポートなど、他のデータベース オブジェクトを配置します。 ユーザーが自分のコンピューターで、フロント エンド データベースのコピーを保持します。 データのみがネットワーク経由で送信されるので、パフォーマンスが向上します。

データベース分割ツールのウィザードを使用してデータベースを分割します。

  • [データベース ツール] タブの [データの移動] で、 Access データベース] をクリックします。

ページ レベルまたはレコード レベルのロック設定を変更します。

Access は、レコードを編集しているときに、データ量をロックします。 ロックされているデータの量は、選択したロックの設定によって異なります。 ページ レベルのロックを選択して、パフォーマンスを向上することができます。 ただし、ページ レベルのロックが低下するデータの可用性、レコード レベルでロックをより多くのデータがロックされているためです。

  • ページ レベルのロック    Access のレコードが含まれているページをロックする (ページでは、レコードが含まれているメモリ領域)。 レコードを編集すると、ページ レベルのロックを有効にすると、メモリをロックするには、近くに格納されている他のレコードこともあります。 ただし、レコード レベルでロックするのではなくページ レベルのロックを使用する場合は、パフォーマンスは一般に高速です。

  • レコード レベルのロック    Access では、編集しているレコードだけをロックします。 その他のレコードには影響しません。

ページ レベルまたはレコード レベルのロック設定を変更します。    

  1. 調整するデータベースを開きます。

  2. [ファイル]、[オプション] の順にクリックして、[Access のオプション] ダイアログ ボックスを開きます。

  3. 左側のウィンドウで [クライアントの設定] をクリックします。

  4. [詳細設定] セクションで、右側のウィンドウで選択または、[レコード レベルを使用して、開いているデータベースのロック] チェック ボックスをオフにします。

適切なのレコード ロックの設定を選択します。

Access は、それらを編集するときに、レコードをロックします。 Access のロックと間隔の値がこれらのレコードを時間のレコードの数がロックされている選択したレコード ロック設定によって異なります。

  • ロックしません。     Access には、ユーザーの変更を保存より簡単に使用されるデータの結果になるまでレコードやページをロックしません。 ただし、データの競合 (同じレコードに同時に変更) は、この設定を使用している場合に発生することができます。 データの競合が発生した場合、ユーザーがのデータを保持するバージョンを決める必要があります。 これは、一般に、最も簡単なオプションですが、データの競合より優先パフォーマンスの向上することがあります。

  • 編集済みレコード     Access は、ユーザーが編集を始めるとすぐに、レコードをロックします。 その結果、長期間のレコードのロックが、データの競合が少なくなります。

  • All records     Access テーブル、フォーム内のすべてのレコードのロックまたはそのテーブルを使用したデータシートが開いています。 これが、テーブル内のデータを編集しているユーザーのパフォーマンスを向上することができますが、データを編集するその他のユーザーの機能が制限以上、その他のオプションします。

レコード ロックの設定を変更します。    

  1. 調整するデータベースを開きます。

  2. [ファイル]、[オプション] の順にクリックして、[Access のオプション] ダイアログ ボックスを開きます。

  3. 左側のウィンドウで [クライアントの設定] をクリックします。

  4. [詳細設定] セクションで、[既定のレコード ロック] の右側のウィンドウで、必要なオプションをクリックします。

ネットワークの更新を調整して、設定を更新します。

必要に応じて、更新間隔 (秒)Update 再試行の間隔 (ミリ秒)update 回数、およびODBC 更新間隔 (秒)の設定を調整してみてください。

何度もアクセスが別のユーザーがロックされている場合は、レコードを保存しようとした頻度およびを指定するのには、更新間隔を実行して更新回数の設定を使用します。

データを更新する頻度を制御するのにには、 ODBC 更新間隔更新間隔の設定を使用します。 データシートまたはフォームに既に存在するデータのみが更新されます。 更新は、レコードを並べ替えるいない、新規レコードの表示または不要になった指定した条件に一致するクエリの結果から削除したレコードとレコードを削除します。 このような変更を表示するには、データシートまたはフォームの基になるレコードを再実行します。

ネットワークの更新を変更し、設定を更新します。    

  1. パフォーマンスを向上させるために設定するデータベースを開きます。

  2. [ファイル]、[オプション] の順にクリックして、[Access のオプション] ダイアログ ボックスを開きます。

  3. 左側のウィンドウで [クライアントの設定] をクリックします。

  4. [詳細設定] セクションで、右側のウィンドウで、必要な設定を変更します。

ヒント: 、再クエリを実行するには、shift キーを押しながら f9 キーを押します。

ページの先頭へ

お使いのコンピューターに Access のパフォーマンスを向上させる

次のガイドラインは、作業しているデータベースが保存されているコンピューターまたはネットワーク上かどうかに関係なく、アクセスのパフォーマンスを向上させるために役立ちます。

ユーザー インターフェイスのアニメーションをオフにします。

操作タグをオフにします。

使用されていない他のプログラムを閉じる

お使いのコンピューターに以上の RAM を追加します。

ハード ディスク ドライブをクリーンアップします。

必要とする Windows サービスを無効にします。

仮想メモリ設定を調整します。

スクリーン セーバーを使用しません。

デスクトップの背景を使用しません。

ユーザー インターフェイスのアニメーションをオフにします。

Access のユーザー インターフェイスには、メニューが開いたときなどのアニメーションが含まれています。 これらのアニメーションはできますが、インターフェイスが使いやすくするため、少し下の項目が低下ことができます。 その操作は、パフォーマンスを向上させるために無効にできます。

  1. [ファイル]、[オプション] の順にクリックして、[Access のオプション] ダイアログ ボックスを開きます。

  2. 左側のウィンドウで [クライアントの設定] をクリックします。

  3. [表示] で、右側のウィンドウでアニメーションを表示する] チェック ボックスをオフにします。

操作タグをオフにします。

操作タグを使用しない場合は、パフォーマンスを向上させるためにオフにします。

  1. [ファイル]、[オプション] の順にクリックして、[Access のオプション] ダイアログ ボックスを開きます。

  2. 左側のウィンドウで [クライアントの設定] をクリックします。

  3. [表示] で、右側のウィンドウで操作タグをデータシートに表示操作タグをフォームとレポートを表示する] チェック ボックスをオフにします。

使用されていない他のプログラムを閉じる

その他のプログラムを終了、メモリを増設利用できるようににより、ディスクの使用を最小化して、パフォーマンスが向上するには、アクセスします。

注: それらを閉じた後もバック グラウンドで実行されているを継続する一部のプログラムを終了することもできます。 そのようなプログラムの通知領域に表示されます。 一部のプログラムがコンピューターに入力する必要関数が必ずしも目的どおり可能性があるために、これらのプログラムを終了する注意してあります。 疑わしいがあれば、可能性があります必要があるしないプログラムを終了するこれらします。

お使いのコンピューターに以上の RAM を追加します。

お使いのコンピューターに RAM に役立つを追加する大きなクエリは、パフォーマンスを向上させるし、その他のデータベース オブジェクトを同時に開いていることができます。 さらに、RAM は、ハード ディスク ドライブ上の仮想メモリよりも高速です。 RAM を追加するときにディスクの使用を最小限に抑えるし、パフォーマンスの向上に役立ちます。

ハード ディスク ドライブをクリーンアップします。

定期的にこの一連の手順を実行します。

  1. 不要になった自分のコンピューターからファイルを削除します。

  2. インターネット一時ファイルを削除します。

  3. ごみ箱を空にします。

  4. データベースの最適化/修復プロセスの操作を実行します。

  5. ハード ディスク ドライブを最適化します。

必要とする Windows サービスを無効にします。

たとえば、デスクトップの適切なバックアップ ソリューションの場所である場合は場合、は、システムの復元サービスを無効にすることをお勧めします。 使用しない場合は、Microsoft Windows サービスを無効にすると使用以上の RAM アクセスできます。

重要: Windows サービスを無効にする場合は、管理機能を無効にする、再び必要なことにしたすべての Windows サービスを有効にできます簡単にできるようにします。

仮想メモリ設定を調整します。

ほとんどの場合、Windows で使用される既定の仮想メモリ設定が最適な方法で実行する必要があります。 ただし、場合によっては、仮想メモリの設定を調整する Access のパフォーマンスが向上します。 次のような場合の既定の仮想メモリ設定を調整することを検討してください。

  • ディスク容量で仮想メモリに現在使われているドライブがおらず、別のローカル ドライブに空き領域があります。

  • 現在のドライブよりも高速別のローカル ドライブ空き領域があるしが最も使用されていません。

場合、次の仮想メモリを別のドライブを指定してパフォーマンスを向上させるを得ることがあります。

一定の仮想メモリのディスク領域を指定してパフォーマンスを向上させるを取得することがありますもします。 お使いのコンピューターにインストールされている RAM 容量として 1.5 倍の仮想メモリを指定することを検討してください。 たとえば、1,024 mb の RAM を使っている場合は、仮想メモリの 1,536 MB を指定します。

注: その他の仮想メモリを指定する場合は、いくつかの大きなアプリケーションを同時に実行する頻度をすることです。

仮想メモリの設定の変更に関するヘルプは、「変更の仮想メモリ」を Windows のヘルプを検索します。

スクリーン セーバーを使用しません。

スクリーン セーバーでは、メモリを使用して、自動的に開始します。 モニターのデザインの強化の理由により、スクリーン セーバー不要になったから"書き込む"モニターを保護するには 少しパフォーマンスが向上し、スクリーン セーバーを使用しないことによりスムーズに実行するコンピューターのヘルプできます。

ヒント: 不正アクセスからコンピューターを保護するスクリーン セーバーに依存しません。 退席中のステップは、お使いのコンピューターを保護するため、Windows ロゴ キーを押す. キー + L します。

デスクトップの背景を使用しません。

一部の向上が表示される場合は、 [(なし)にデスクトップの背景を設定します。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×