Year 関数

年を表す整数をバリアント型 (内部処理形式 IntegerVariant) で返します。

構文

Year( date )

必須の date引数 は、日付を表すことができる任意の Variant、数値式、文字列式、またはこれらの組み合わせです。date が Null の場合は、Null が返されます。

注: カレンダー プロパティの設定がグレゴリオ暦の場合、返される整数は、date 引数でグレゴリオ暦の年を示します。カレンダーがイスラム暦の場合、返される整数は、date 引数でイスラム暦の曜日を示します。イスラム暦の場合、引数の数は、1/1/100 (グレゴリア暦 718 年 8 月 2 日) から 4/3/9666 (グレゴリア暦 9999 年 12 月 31 日) までを示す任意の数値式です。

注: 次の例は、Visual Basic for Applications (VBA) モジュールでのこの関数の使用方法を示しています。 VBA の使用方法の詳細については、[検索] の横にあるドロップダウン リストで [開発者用リファレンス] を選び、検索ボックスに検索する用語を入力します。

この例では、Year 関数を使用して、指定した日付から年を取得します。開発環境では、日付リテラルはコードのロケール設定を使用して、短い日付の書式設定で表示されます。

Dim MyDate, MyYear
MyDate = #February 12, 1969# ' Assign a date.
MyYear = Year(MyDate) ' MyYear contains 1969.
スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×