Yammer ネットワークのセットアップ (Yammer 管理者ガイド)

この記事では、Yammer 管理ツールの使い方について詳しく説明します。これらのツールにアクセスするには、Yammer ネットワークの左側のナビゲーション バーで、[管理] をクリックし、[Success Center] をクリックします。ここから、すべての管理コントロールにアクセスできます。

この記事は、『Yammer 管理者ガイド』の一部です。

Yammer ネットワークのセットアップ    

Yammer ユーザーの管理

Yammer データの監視

その他の Yammer 機能

Yammer のセキュリティに関する FAQ

Yammer の技術的前提条件チェックリスト

Success

管理ツールを使ってネットワークをセットアップする方法の詳しいガイドを見るには、[ネットワーク管理]、[Success] の順に選びます。このページから、推奨手順の [新規ネットワーク チェックリスト] に従って、ネットワークを正しくセットアップできます。また、[ここから開始] をクリックして、Yammer Success Site、製品トレーニングのためのリソース ライブラリ、IT 統合ガイド、ネットワーク使用のためのコミュニティ ヒントにアクセスすることもできます。

構成

Yammer の管理機能では、会社とユーザーのニーズに合わせて、ネットワークを簡単にセットアップできます。これらの設定に直接アクセスするには、[ネットワーク管理]、[構成] の順に選びます。

基本

ここでは、ネットワークの名前を指定し、パブリッシャーに表示されるメッセージをカスタマイズできます。

メール設定

ここでは、メッセージ配信とメール通知の既定の設定を指定できます。

有効な機能

Yammer の機能とアプリケーションは、会社間およびユーザー間のコミュニケーションとコラボレーションが促進されるように設計されています。これらの機能は既定で有効になりますが (そうではないことが明記されていない限り)、[ネットワーク管理]、[構成] の順に選んでいつでも無効にできます。

ファイルと画像の添付:    任意の数のファイルと画像のどちらか一方または両方を、メッセージまたは返信に添付できます。各ファイルのサイズの上限は 5 GB です。既定では、ファイルの添付は有効になっています。この設定をオフにすると、この機能が無効になりますが、既存の添付ファイルには影響しません。

注: Yammer での画像の最大サイズは、横 7680 ピクセル、縦 4320 ピクセルです。このサイズより大きい画像をアップロードしようとすると、エラーが表示されます。

ファイルの削除:    ネットワーク管理者は、任意のファイルを削除することができます。グループ管理者は自分が管理しているグループに投稿されたファイルを削除できます。ネットワーク管理者がファイルを削除するには、上部のナビゲーション バーで省略記号の下の [ファイル] をクリックします。この操作を行うと、[ファイル] ディレクトリが表示され、右側のドロップダウン メニューで各ファイルを選択して削除できます。グループ管理者も、自分が管理しているグループの [ファイル] タブで、グループに投稿されたファイルを同様に削除できます。

サードパーティ アプリケーション:   Yammer のパートナーおよび開発者のネットワークは拡大しているため、Yammer API を使ってサードパーティ アプリケーションが継続して構築されています。Microsoft SharePoint、Microsoft Flow、Microsoft Dynamics、その他多くのビジネス アプリケーションとの統合が含まれる最新のリストは、トップ ナビゲーションの省略記号 (3 つのドット) をクリックし、ドロップダウン メニューから [アプリ] を選ぶと表示されるアプリ ディレクトリにあります。この設定を無効にすると、ユーザーがこれらのアプリケーションに対して追加およびアクセスができなくなります。認証管理者を含むすべてのユーザーが、無効にする前に追加されたアプリにアクセスできなくなることに注意してください。

インライン ビデオ プレーヤー:   Yammer では Azure Media Services を使ってネットワーク内でビデオを再生することができます。詳しくは、「Azure Media Services」をご覧ください。

組織図:   Yammer の組織図は、ユーザーが自分のユーザー プロファイルに追加する上下関係に基づいて作成されます。このため他のユーザーが、管理体制や同僚との社内での関係を理解しやすくなります。この設定をオフにすると、この機能が無効になり、Yammer で組織図を表示できなくなります。

メッセージ翻訳:    この機能は、対応している 33 言語からネットワークの既定の言語にメッセージを翻訳するオプションをユーザーに提供します。この機能を有効にするには、Microsoft 所有の翻訳テクノロジを利用するための使用条件とサービス規約にネットワーク管理者が同意する必要があります。この機能は、既定では無効になっています。

デザイン

自社のロゴやユーザー設定のヘッダーを追加してネットワークをカスタマイズすると、ユーザーは Yammer を親しみを感じ、安心して使用できるようになります。これにより、Yammer が会社によって承認され、信頼されているアプリケーションであることが従業員にも分かります。ネットワークをカスタマイズするには、[ネットワーク管理]、[デザイン] の順に選びます。

ネットワークの色の選択

[ネットワークの色の選択] でオプションを選ぶと、ネットワーク ヘッダーをさまざまな色で表示できます。また、必要に応じて [ヘッダーの背景色] および [ヘッダーのテキスト色 (デスクトップ アプリケーションのみ)] に色の 16 進コードを入力することもできます。ヘッダー テキストに対してユーザー設定の色を選ぶと、デスクトップ アプリケーションにのみ適用されることに注意してください。Web 上では、テキスト色がヘッダーの背景色に基づいて (黒または白に) 自動的に選ばれます。

Yammer メールのロゴの選択

ここでアップロードしたロゴは、Yammer ネットワークからユーザーに送信されるすべてのメールに表示されます。[保存] をクリックすると、ネットワークのカスタム ブランドが設定されます。

管理者

[ネットワーク管理]、[管理者] の順に選ぶと、ネットワークのすべての管理者の一覧が表示されます。管理者以外のユーザーには会社全体グループの管理者の一覧のみが表示され、各管理者をフォローまたはフォロー解除できます。管理者には管理者の一覧が表示され、追加の管理者を指名したり、現在の管理者を削除したりできます。認証管理者には認証管理者の権限を付与したり、取り消したりするための追加のオプションがあります。

使用ポリシー

使用ポリシーを決定して、ユーザーに同意を求めることで、Yammer でのアクティビティがポジティブで建設的なものになり、会社のポリシーや文化と合うようになります。使用ポリシーを作成または変更すると、ユーザーのホーム画面にリンクとして表示されますが、ユーザーがネットワークに入る前に同意しなければならないポップアップとして表示することもできます。また、使用ポリシーのリマインダーを右サイド バーに表示することもできます。使用ポリシーを表示または変更するには、[ネットワーク管理]、[使用ポリシー] の順に選び、必要に応じて HTML コードで書式を設定します。画像タグ、リンク、基本の書式設定を含むすべての基本 HTML タグを使用ポリシーで使用することができます (JavaScript は許可されません)。

使用ポリシーの作成のヒント

最良の結果を得るためには、使用ポリシーを次のようにすることをお勧めします。

  • 主に肯定的で説明的なものにします (単なる禁止事項の一覧にならないようにします)。

  • 肯定的な例や提案を示すことによって使用を奨励します。

  • 職場にふさわしいコンテンツにするよう要請します

関連する会社のポリシー情報や Yammer トレーニング リソースへの HTML リンクを追加することもできます。

Yammer 利用規定のサンプル

Yammer へようこそ。Yammer の目標は、従業員同士、部署、地理的な複数の場所が互いに連係できる環境を提供し、人々が意味のある情報を共有できるようにすることです。

このネットワーク内の活動は次の要件に準拠します。
  • Yammer 内のデータはすべて Yammer 内に保持されます (公的な投稿やツイートはありません)。

  • 機密情報をメイン フィードに投稿しないでください。

  • 他のメンバーを尊重してください。反対意見を述べることは問題ありませんが、相手を尊重する態度を心がけてください。

  • 各投稿では、価値のある情報を共有してください。

  • Yammer に投稿したユーザーには、その内容に対する責任があります。

  • アイデアを具体化することは重要ですが、メッセージは簡潔にまとめ、要点を述べてください。

次のベスト プラクティスを実行して、利用を開始します。
  • 最初に参加するときは、フォローする同僚を選択します。 その同僚からの投稿は [フォロー中] フィードに表示されます。 社内のすべての投稿を表示するには、[すべて] を選択します。

  • プロファイル情報にデータを入力します。[専門分野] と [教育] セクションに入力して、プロファイル写真を追加します。

  • [通知] セクションでメールの設定をカスタマイズします。

  • 質問を投稿する前に、検索バーを使って [トピック] フィードを調べて、既存の内容を確認してください。メッセージの重複を防ぐことができます。

  • グループ ディレクトリを参照し、関連するグループに参加します。特定のグループが存在しない場合は、新しいグループを開始し、チームのメンバーを招待して投稿します。最良の結果を得るために、既存のメール listserv に代わる方法としてグループを使用してください。

  • 必要に応じて、トピック、リンク、写真、およびイベントを投稿に追加します。

  • Yammer FAQ とハウツー ガイドを使って、一般的な問題を解決します。

  • 時間をかけて Yammer のさまざまな機能を試してください。使っているうちに操作を覚えることができます。

質問を投稿するか、特定の質問を含むダイレクト メッセージを [ネットワーク管理者] に送信します。

外部ネットワーク

既に説明したように、Yammer 内部/ホーム ネットワークの拡張として外部ネットワークを作成できます。外部ネットワークは、基本的には自社のネットワークです。管理機能を持っており、内部ネットワークとほぼ同様に動作します。ただし、外部ネットワークはホーム ネットワークのメンバーと組織外の関係者 (顧客、仕入先、パートナーなど) との共同作業を可能にするために使用される点が異なります。外部関係者 (外部メール アドレスを持つ) は、外部ネットワークに招待されるか、アクセスを要求する必要があります。外部関係者には参加後、その外部ネットワークに対して投稿されたコンテンツだけが表示されます (つまり、組織の他のホーム ネットワークにはアクセスできません)。

外部ネットワークを作成するには
  1. まず、左のナビゲーション バーで [ネットワーク] に移動して、[新しいネットワークの作成] をクリックします。ここで、次の操作を行うことができます。

    • ネットワーク名の作成:    ネットワークに一意の名前を指定します。ネットワークには、固有のメール アドレスと URL が付与されます。

    • 説明の指定:    明確で簡潔な説明を付けておくと、このネットワークの基本的な目的を理解しやすくなります。

    • ネットワーク画像の追加:    ネットワーク画像の追加: 新しいネットワークを表すサムネイル画像またはロゴをアップロードします。

    • 権限の設定:    メンバーシップが [オープン] (すべてのメンバーが新しいメンバーを招待できる) か [クローズ] (管理者だけが新しいメンバーを招待できる) かを選択します。 会社のホーム ネットワークのメンバーが招待なしで参加できるかどうかを選択することもできます。

    • [ユーザーが他の会社の外部ネットワークに参加するには管理者の承認を必要とする]:    このチェック ボックスをオンにした場合、ユーザーは外部ネットワークに参加する前に承認を申請する必要があります。

  2. [ネットワークの作成] をクリックすると、外部ネットワーク情報を確認するための新しいページが表示されます。

  3. [保存] をクリックすると、ネットワークがセットアップされ、使用できるようになります。 外部ネットワークに参加する人を招待するには、上部のナビゲーション バーで [追加] をクリックします。

[ネットワーク管理者] メニューで、ホーム ネットワークで行ったのと同じ構成プロセスに従うことで、外部ネットワークを追加で構成およびデザインすることができます (このガイドの「デザイン」を参照)。

外部ネットワークの設定の構成

外部ネットワーク設定を構成するには、[ネットワーク管理者] > [外部ネットワーク] に移動します。ここでは、外部ネットワークの登録を許可するユーザー (ネットワークのメンバーまたは管理者のみ) を決定することができます (既定の設定ではすべてのユーザーに外部ネットワークの作成が許可されています)。次の項目を決定するためのチェック ボックスもあります。

  • [ユーザーが他の会社の外部ネットワークに参加するには管理者の承認を必要とする]:    このチェック ボックスをオンにすると、ユーザーは他の組織が作成した外部ネットワークに参加する前に承認を申請する必要があります。

  • [[関連外部ネットワーク] ディレクトリを無効にする]:    [関連ネットワーク] ディレクトリは、1 人以上のユーザーが属している外部ネットワークの一覧です。 このチェック ボックスをオンにすると、[外部ネットワーク] ページからこのディレクトリが削除されます。

  • [[自社の外部ネットワーク] ディレクトリを無効にする]:    [自社の外部ネットワーク] ディレクトリには、自社の Yammer ネットワークに属しているすべての外部ネットワークの一覧が表示されます。ユーザーが外部ネットワークを表示したり、参加を要求したりできないようにする場合は、このチェック ボックスをオンにします。

次の記事: Yammer ユーザーの管理 (Yammer 管理者ガイド).

関連トピック

Yammer 管理者ガイド
Yammer 管理者センター

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×