Yammer の Office 365 へのサインイン

Yammer の Office 365 サインインによって、ユーザーが Office 365 ID で Yammer にアクセスできるようになります。これは同じ ID を使用するため、Yammer の認証モデルとして推奨されます。

  • Office 365 では、 Yammer サービスを簡単に管理することができます。たとえば、Yammer ユーザーをライフ サイクルを通じて Office 365 から管理したり、Office 365 で Yammer の管理者を管理したりできます。

  • ユーザーは Office 365 から Yammer にスムーズに切り替えることができます。個別のユーザー名とパスワードでログインすることなく Yammer を使用したり、Office 365 のアプリ起動ツールの Yammer ボタンを使用して Yammer にすばやく切り替えたりできます。

Yammer の Office 365 サインインを使用するには、Yammer Enterprise をアクティブ化して Yammer を Office 365 テナントに接続します。

Yammer Enterprise ネットワークを Office 365 でアクティブ化した後も、Office 365 にまだ追加されていないユーザーの従来の Yammer ID (メール、パスワードによるログイン) が引き続きサポートされます。すべての Yammer ユーザーを Office 365 に追加することを強くお勧めします。

より密接に Office 365 アプリ起動ツールと統合する

Yammer と Office 365 を接続した後、Office 365 ID を使用して Yammer にアクセスするユーザーには Office 365 アプリ起動ツールが表示されます。アプリ起動ツールは、Outlook、SharePoint Online サイト、および OneDrive for Business を含む Office 365 の他のサービスにシームレスにアクセスする方法を提供します。ユーザーは任意の Office 365 サービスにログインでき、Yammer にはアプリ起動ツールでクリックするだけでいつでも移動できます。

これは、Yammer タイルを含む、Office 365 アプリ起動ツールのスクリーンショットです。

アプリ起動ツールで O365 のナビゲーション バーに Yammer が表示されたスクリーンショット

仕組み

Office 365 ユーザーが Office 365 から初めて Yammer を訪問するときに、Yammer が Office 365 アカウントを既存の Yammer アカウント (利用できる場合) と接続しようとします。このためには、Office 365 のユーザー アカウントのメール アドレスが、既存の Yammer アカウントの電子メール アドレスと一致している必要があります。ユーザーが Office 365 でサインインすると、Yammer は最初に Office 365 ユーザーのプライマリ電子メール、次にプロキシ電子メール、その次にユーザー プリンシパル名 (UPN) とマッピングしようとします。一致するものがない場合は、新しい Yammer ユーザーが作成されます。

ユーザーが www.yammer.com から Yammer にアクセスした場合、Yammer は追加で、ユーザーが少なくとも 1 回、Office 365 へのログインに成功しているかどうかを確認します。このチェックは、Office 365 の資格情報がユーザーに付与されていることを確認し、Office 365 の展開中にユーザーが既存の Yammer ネットワークからロック アウトされないようにします。ユーザーが Office 365 にログインしていない場合は、引き続き従来の Yammer ID を使用して Yammer にアクセスします。ユーザーが正常にログインする時間と、Yammer がそれを検出する時間の間には数時間の遅延があります。すぐに Yammer の Office 365 サインインを使用するには、最初に Office 365 にログインしてから、アプリ起動ツールの Yammer タイルを使用して Yammer にアクセスします。

次のフローチャートは、この仕組みを示しています。

ユーザーが Office 365 ID でログインできるかどうか、Yammer ID でログインするかどうか、新しい Yammer ユーザーを作成するかどうかのデシジョン ツリーを示すフローチャート図。

ユーザーと接続し、Yammer の Office 365 サインインを使用した後、ユーザーは従来の Yammer ID を使用してログインできなくなり、このユーザーのライフ サイクルは Office 365 から管理されるようになります。

Yammer の Office 365 へのサインインはどのようにして有効にしますか?

Yammer の Office 365 サインインを有効にするには、Yammer Enterprise ネットワークをアクティブ化します。

重要: 

  • Yammer SSO は、廃止が予定されており、2016 年 12 月 1 日に機能を停止します。2016 年 4 月 1 日以降、Yammer SSO を使用した新規構成を設定することはできません。Yammer SSO の代わりに、Yammer 向け Office 365 サインインを使用することをお勧めします。

  • 廃止の詳細、およびYammer SSO を移行する方法の詳細については、「Yammer SSO と Yammer DSync の廃止予定」を参照してください。

ネットワークのすべてのユーザーに Office 365 へのサインインを適用する

ネットワークのすべてのユーザーに Yammer の Office 365 サインインを適用することができます。実際は従来の Yammer ID (ユーザーは電子メール、パスワードでログインする) が無効になります。これを適用すると、ネットワークのすべてのユーザーがログインに Office 365 アカウントを使用する必要があります。詳細については、「Yammer ユーザーに Office 365 ID を適用する」を参照してください。

Yammer を既定のエンタープライズ ソーシャル ネットワークにする

Yammer は、Office 365 の他のサービスとシームレスに統合します。たとえば、Yammer で他のユーザーと Office 365 ビデオを共有したり、Yammer で Delve からドキュメントを共同作業したりできます。このシナリオを有効にするには、Office 365 で Yammer を既定のエンタープライズ ソーシャル ネットワークにします。

注: この変更を実行するには、Office 365 のグローバル管理者になる必要があります。 アクセス許可レベルの詳細については、「Office 365 の権限」を参照してください。

  1. 職場や学校のアカウントで Office 365 にサインインします

  2. ページ上部の [SharePoint] (以前の [サイト]) をクリックします。あるいは、アプリ起動ツール Office 365 アプリ起動ツール アイコン をクリックし、[SharePoint] をクリックします。

    Office 365 のナビゲーション オプション
  3. [設定] を選びます。

  4. [エンタープライズ ソーシャル コラボレーション] で、[Yammer.com のサービスを使用する] をクリックします。

    SharePoint 管理センター、エンタープライズ ソーシャル コラボレーションのオプション
  5. [保存] をクリックします。

    注: この変更では、完了までに 30 分程度かかることがあります。

メールのないユーザーのサポート

従来の Yammer のユーザー名とパスワードでは有効なメール アドレスが必要でしたが、メール アドレスのないユーザーは Office 365 サインインによってサポートされます。ユーザーに割り当てられた UPN がメール アドレスの形式 (例: user@contoso.com) になっており、メール アドレスに関連付けられているドメインが Yammer ネットワークに含まれていることを確認してください。

よく寄せられる質問

  1. 1 つのサインイン アカウントだけで携帯電話から Office 365 と Yammer にアクセスできますか?

    はい。Office 365 ID を使用してどのデバイスやアプリからでも Yammer にアクセスすることができます。Yammer には、ブラウザーから、Yammer Embed から、サード パーティの Yammer アプリから、そしてお使いの携帯端末/タブレットの Yammer アプリからアクセスできます。OneDrive for Business や Outlook などの他の Office 365 サービスにアクセスする際にも同じ Office 365 ID を使用します。

  2. 今後も Yammer Directory Sync は必要ですか?

    Yammer の Office 365 サインインを使用し、Yammer Directory Sync を実装する代わりに Office 365 から Yammer ユーザーをライフサイクルを通じて管理することをお勧めします。Yammer Directory Sync は、Office 365 からユーザーのライフサイクルを管理するために廃止されています。詳細については、「Yammer ユーザーをライフサイクルを通じて Office 365 から管理する」を参照してください。

  3. この処理のために、ユーザーは何らかの操作を行う必要がありますか?

    ネットワークで Yammer の Office 365 サインインが有効化された後に、ユーザーは Office 365 ID を使用して、Yammer に 1 回アクセスする必要があります (この操作によって Office 365 ID と Yammer が接続します)。この後、ユーザーはすべてのデバイスとアプリで Yammer にもう一度サインインする必要があります。

  4. 私は Office 365 の SSO と Yammer 対応の Office 365 サインインを使っています。Office 365 がオンプレミス環境と統合されると、どうなるのでしょうか?

    Yammer の Office 365 サインインによって、Office 365 のフェデレーション設定が自動的に反映されます。

  5. 新しい Yammer 対応の Office 365 サインインを使うために Yammer ネットワークを統合することができますか?

    はい、お勧めします。詳細については、「Network migration:Consolidate multiple Yammer networks (ネットワーク移行: 複数の Yammer ネットワークを統合する)」を参照してください。

詳細情報

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×