Yammer で個人情報を監視する (認証管理者)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Yammer 内の個人情報は、まさに個人のものでなければなりません。 しかし、場合によってはプライベート メッセージやその他のコンテンツを認証管理者が調べる必要があります。 たとえば、プライベート スレッドで、だれかが別の人に嫌がらせをしているという報告を受けたとします。 あなたは、ネットワークのメンバーが会社の基準に従ったふるまいをしていることを確認できるようにする必要があります。

Yammer の認証管理者は、プライベート コンテンツに対するアクセス権を自分自身に一時的に付与して問題を調査し、その後はアクセス権を無効にして既定のモードに戻し、プライベート コンテンツを読み取れないようにすることができます。 プライベート コンテンツに対するアクセス権の付与は、Yammer の次の種類のコンテンツに適用されます。

  • プライベート メッセージ

  • プライベート グループ

  • プライベート グループ内のメッセージ、ファイル、メモ

  • プロファイル

注: Yammer ネットワークが Office 365 に関連付けられている場合、Office 365 のグローバル管理者であればだれでも Yammer の認証管理者になります。

認証管理者に Yammer のプライベート コンテンツへのアクセス権を付与する
  1. Yammer に認証管理者としてログオンします。

  2. [設定]、[ネットワーク管理] の順にクリックします。

  3. [コンテンツとセキュリティ] で、[コンテンツ モード] を選びます。

  4. [プライベート コンテンツ モード] を選び、[保存] を選びます。

    このモードが選択されているときは、プライベートな会話やプライベート グループ内のコンテンツを表示できます。 プライベート コンテンツを表示していることを知らせるバナーが表示されます。 プライベート コンテンツは [プライベート コンテンツ モード] を有効にした認証管理者だけに表示されるものであり、ネットワークのすべての認証管理者に表示されるわけではありません。

問題の調査を終えたら、ネットワークを既定のモードに戻します。既定のモードでは、プライベート コンテンツは認証管理者に表示されません。

認証管理者に対してもプライベート コンテンツをもう一度プライベートにする
  1. Yammer に認証管理者としてログオンします。

  2. [設定]、[ネットワーク管理] の順にクリックします。

  3. [コンテンツとセキュリティ] で、[コンテンツ モード] を選びます。

  4. [既定のモード (推奨)] を選び、[保存] を選びます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

Yammer (Yammer デベロッパー センター) で管理プライベート コンテンツ モードを確認します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×