YIELDMAT 関数

ここでは、Microsoft Excel の YIELDMAT 関数の書式および使用法について説明します。

説明

満期日に利息が支払われる証券の利回りを返します。

書式

YIELDMAT(受渡日, 満期日, 発行日, 利率, 現在価値, [基準])

重要: 日付は、DATE 関数を使って入力するか、他の数式または他の関数の結果として指定します。たとえば、2008 年 5 月 23 日を入力する場合は、DATE(2008,5,23) を使用します。日付を文字列として入力した場合、エラーが発生することがあります。

YIELDMAT 関数の書式には、次の引数があります。

  • 受渡日    必ず指定します。証券の受渡日を指定します。受渡日とは、発行日以降に証券が買い手に引き渡される日付です。

  • 満期日    必ず指定します。証券の満期日を指定します。満期日とは、証券の支払期日です。

  • 発行日    必ず指定します。 証券の発行日を指定します。日付にはシリアル値が使用されます。

  • 利率    必ず指定します。 発行日の証券の利率を指定します。

  • 価格    必ず指定します。 額面 $100 に対する証券の価値を指定します。

  • 基準    省略可能です。計算に使用する基準日数を示す数値を指定します。

基準

基準日数 (月/年)

0 または省略

30 日/360 日 (NASD 方式)

1

実際の日数/実際の日数

2

実際の日数/360 日

3

実際の日数/365 日

4

30 日/360 日 (ヨーロッパ方式)

解説

  • Microsoft Office Excel では、日付を連続したシリアル値として処理することで、日付の計算が行われています。既定では、1900 年 1 月 1 日がシリアル値 1 として保存され、2008 年 1 月 1 日は 1900 年 1 月 1 日から 39,448 日後に当たるので、シリアル値は 39448 になります。

  • 受渡日とは、債券などの証券の売買代金を決済した日付です。満期日とは、証券の支払期日です。たとえば、2008 年 1 月 1 日に発行された 30 年債券を、発行日の 6 か月後に購入したとします。この債券は、発行日が 2008 年 1 月 1 日、受渡日が 2008 年 7 月 1 日になり、満期日は、発行日の 30 年後に当たる 2038 年 1 月 1 日になります。

  • 受渡日、満期日、発行日、基準に整数以外の値を指定すると、小数点以下が切り捨てられます。

  • 受渡日、満期日、発行日に無効な日付を指定すると、エラー値 #VALUE! が返されます。

  • 利率 < 0 または現在価値 ≦ 0 の場合は、エラー値 #NUM! が返されます。

  • 基準 < 0 または基準 > 4 の場合は、エラー値 #NUM! が返されます。

  • 受渡日 ≥ 満期日の場合は、エラー値 #NUM! が返されます。

使用例

次の表のサンプル データをコピーし、新しい Excel ワークシートのセル A1 に貼り付けます。数式を選択して、F2 キーを押し、さらに Enter キーを押すと、結果が表示されます。必要に応じて、列幅を調整してすべてのデータを表示してください。

データ

説明

2015 年 3 月 8 日

受渡日

2008 年 11 月 3 日

満期日

2007 年 11 月 8 日

発行日

6.25%

半年単位の利率

¥10,001.23

現在価値

0

基準 (30 日/360 日)

数式

説明 (計算結果)

計算結果

=YIELDMAT(A2,A3,A4,A5,A6,A7)

上のデータの下で債券の利回りを求めます (0.060954 または 6.10%)

6.10%

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×