XML ビューアー Web パーツを使用して構造化データと XML ベース ドキュメントおよび XML ベース フォームを表示する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

XML ビューアー Web パーツを使用して、XML (Extensible Markup Language) を表示し、XSLT (Extensible Stylesheet Language Transformation) を XML に適用した後でコンテンツを表示できます。

重要: HTML FORM 要素が含まれるコンテンツは、XML Web パーツに表示できません。HTML FORM 要素を使用する必要がある場合は、ページ ビューア Web パーツまたはフォーム Web パーツの使用を検討してください。

この記事の内容

Web パーツの使い方

コンテンツを Web パーツに追加する方法

編集済みの XML コンテンツとリンクした XML コンテンツを組み合わせる

ページに Web パーツを追加します。

Web パーツのプロパティを編集する

Web パーツの共通プロパティを構成します。

Web パーツを使用する方法

XML Web パーツを使って表示できる情報には、次のようなものがあります。

  • データベースのテーブルやクエリに基づく構造化データ

  • XML ベースのドキュメント

  • 構造化データと非構造化データを組み合わせた XML フォーム (週間業務報告書や出張経費明細書など)

ページの先頭へ

コンテンツを Web パーツに追加する方法

XML ビューアー Web パーツにコンテンツを追加するには 2 とおりの方法があります。

  • XML/XSL エディタ    XML および XSLT のソース コードは、XML エディタや XSLT エディタを使って入力または編集できます。XML および XSL のソース コードを直接編集するためのテキスト エディタなので、使用するには XML 構文および XSLT 構文に関する知識が必要です。

  • XML/XSL リンク    XML や XSLT を編集する代わりに、XML や XSLT のソース コードを含んだテキスト ファイルへのハイパーリンクを入力することもできます。使用できる有効なハイパーリンク プロトコルは次の 2 つです。

    • ハイパーテキスト転送プロトコル (http://)

    • SSL (Secure Sockets Layer) 暗号化を使用した、安全なハイパーテキスト転送プロトコル (https://)

      絶対 URL と相対 URL のどちらでも使用できますが、ファイル パスは使用できません。

ページの先頭へ

編集された XML コンテンツとリンクされた XML コンテンツを結合する

編集された XML コンテンツとリンクされた XML コンテンツを結合して、主要な情報と副次的な情報を両方とも提供することができます。たとえば、リンクされた XML (すなわち主要な情報) が利用できない場合、編集された XML コンテンツで副次的な情報としてエラー メッセージを提供できます。編集された XML コンテンツとリンクされた XML コンテンツを両方とも提供する場合は、リンクされた XML コンテンツが必ず先に使用されます。リンクされた XML コンテンツにアクセスできない場合に、編集済み XML コンテンツが使用されます。

注:  編集済みの XSL コンテンツとリンクした XSL コンテンツを組み合わせたこのような使い方は、サポートされていません。

ページの先頭へ

Web パーツをページに追加する

ページを編集するには、少なくとも、サイトの既定の <サイト名> のメンバー SharePoint グループに追加されることで取得されたアクセス許可を持っている必要があります。

  • ページで、リボンの [ページ] タブをクリックし、[編集] をクリックします。

    [ページ] タブの [編集] コマンド

    注: [編集] コマンドが無効になっている場合は、ページの編集に必要なアクセス許可を持っていない可能性があります。担当の管理者に問い合わせてください。

  • Web パーツを追加するページをクリックし、[挿入] タブをクリックして、[Web パーツ] をクリックします。

    [Web パーツ] コマンド

  • [カテゴリ] で、カテゴリ ([リストとライブラリ] など) をクリックし、ページに追加する Web パーツ ([お知らせ] など) をクリックして、[追加] をクリックします。

    Web パーツの選択

    Web パーツを選択すると、その Web パーツに関する情報が [Web パーツに関する情報] に表示されます。

  • ページの編集が完了したら、[ページ] タブをクリックし、[保存] をクリックします。

注:  XML ビューアー Web パーツは、[コンテンツ ロールアップ] カテゴリにあります。

XML ビューアー パーツは、配置先として選択したページに追加されます。

Web パーツのプロパティを編集する

  1. Web パーのプロパティを編集するには、Web パーツをポイントして、下向き矢印をクリックします。
    Web パーツをポイントする

  2. [Web パーツの編集] をクリックします。
    [Web パーツの編集] をクリックする

Web パーツのプロパティがツール ウィンドウに表示されます。

ページの先頭へ

Web パーツのカスタム プロパティを構成する

XML Web パーツに固有のプロパティを次に示します。

プロパティ

説明

XML エディタ

XML のソース コードをテキスト エディタで入力する場合に使用します。このエディタを使用するためには、XML 構文の知識が必要です。

XML リンク

XML ソース コードを含むテキスト ファイルにハイパーリンクを入力するときに使用します。次に示す 2 つの有効なハイパーリンク プロトコルを使用できます。

  • ハイパーテキスト転送プロトコル (http://)

  • SSL (Secure Sockets Layer) 暗号化を使用した、安全なハイパーテキスト転送プロトコル (https://)

URL には、絶対 URL と相対 URL のどちらでも使用できます。ただし、ファイル パスは使用できません。

XSL エディタ

XSLT のソース コードをテキスト エディタで入力する場合に使用します。このエディタを使用するためには、XSLT 構文の知識が必要です。

XSL リンク

XSLT ソース コードを含むテキスト ファイルにハイパーリンクを入力するときに使用します。次に示す 2 つの有効なハイパーリンク プロトコルを使用できます。

  • ハイパーテキスト転送プロトコル (http://)

  • SSL (Secure Sockets Layer) 暗号化を使用した、安全なハイパーテキスト転送プロトコル (https://)

絶対 URL と相対 URL のどちらでも使用できますが、ファイル パスは使用できません。

ページの先頭へ

Web パーツの共通プロパティを構成する

Web パーツには、その外観、レイアウト、および細かい特性を制御する共通のプロパティがあります。Web パーツのプロパティは、ツール ウィンドウで変更します。

注: ツール ウィンドウに表示される共通の Web パーツ プロパティは、いくつかの理由で、このセクションに記載されている内容と異なる場合があります。

  • ツール ウィンドウの [詳細] セクションを表示するには適切な権限が必要である。

  • Web パーツの開発者によって、特定の Web パーツの共通のプロパティが非表示に設定されていたり、ツール ウィンドウの各セクション ([外観]、[レイアウト]、[詳細]) に、以下の表にはないプロパティが作成され、表示されている可能性もある。

  • 外観

プロパティ

プロパティ

説明

タイトル

Web パーツのタイトル バーに表示される Web パーツのタイトルを指定します。

高さ

Web パーツの高さを指定します。

Web パーツの幅を指定します。

枠の状態

枠の種類

枠の種類

タイトル バーおよび Web パーツ フレームの枠線を表示するかどうかを指定します。

レイアウト

プロパティ

説明

非表示

ユーザーがページを開いたときに、Web パーツが表示されるかどうかを指定します。このチェック ボックスをオンにした場合、自分がデザインしたページのみ、Web パーツが表示され、タイトルには "(非表示)" という接尾辞が追加されます。

Web パーツ接続を介して他の Web パーツにデータを提供する際、Web パーツそのものは表示しないようにする必要がある場合、Web パーツを非表示にすることができます。

方向

Web パーツのコンテンツの文字の方向を指定します。たとえば、アラビア語は右から左に記述され、英語を含むほとんどの欧州言語は左から右に記述されます。Web パーツの種類によっては、この設定を使用できないことがあります。

領域

Web パーツが位置するページ上の領域を指定します。

注: ページ上の領域を変更する権限がない場合、領域はリスト ボックスに表示されません。

領域のインデックス

領域に複数の Web パーツが存在する場合に、その領域内の Web パーツの位置を指定します。

順序を指定するには、テキスト ボックスに正の整数を入力します。

領域内の Web パーツが上から下に配置されている場合、値が 1 の Web パーツが領域の一番上に表示されます。領域内の Web パーツが左から右に配置されている場合、値が 1 の Web パーツが領域の左に表示されます。

たとえば、上から下に表示される空の領域に Web パーツを追加する場合、領域のインデックスは "0" です。領域の一番下に 2 つ目の Web パーツを追加した場合、領域のインデックスは "1" になります。2 つ目の Web パーツを領域の先頭に移動するには「0」と入力し、1 つ目の Web パーツについては「1」を入力します。

注: ゾーン内の Web パーツにはそれぞれ、ゾーンのインデックスとして一意の値が割り当てられている必要があります。したがって、現在の Web パーツの領域のインデックス値を変更すると、その領域内の他の Web パーツの領域のインデックス値も変更される可能性があります。

詳細

プロパティ

説明

最小化を許可する

Web パーツを最小化できるかどうかを指定します。

閉じるのを許可する

Web パーツをページから削除できるかどうかを指定します。

非表示を許可する

Web パーツを非表示にできるかどうかを指定します。

領域の変更を許可する

Web パーツを別の領域に移動できるかどうかを指定します。

接続を許可する

Web パーツを他の Web パーツに接続できるかどうかを指定します。

個人用ビューでの編集を許可する

Web パーツのプロパティを個人用ビューで変更できるかどうかを指定します。

エクスポート モード

この Web パーツに関してエクスポートを許可するデータのレベルを指定します。構成によっては、この設定が利用できない場合もあります。

タイトル URL

Web パーツについての追加情報を含んだファイルの URL を指定します。Web パーツのタイトルをクリックすると、このファイルが別のブラウザー ウィンドウで表示されます。

説明

Web パーツのタイトルまたは Web パーツのアイコンにマウス ポインターを合わせたときに表示されるポップ ヒントを指定します。このプロパティの値は、ツール ウィンドウの [Web パーツの検索] メニューの [検索] コマンドを使った Web パーツ検索時に使用されます。

ヘルプ URL

Web パーツについてのヘルプ情報を含んだファイルの場所を指定します。Web パーツ メニューの [ヘルプ] コマンドをクリックすると、ヘルプ情報が別のブラウザー ウィンドウで表示されます。

ヘルプ モード

Web パーツのヘルプ コンテンツをブラウザーでどのように表示するかを指定します。

次のいずれかを選択します。

• [モーダル] 別のブラウザー ウィンドウに表示されます (ブラウザーがこの機能をサポートしている場合)。元の Web ページに戻るには、ウィンドウを閉じる必要があります。

• [モードレス] 別のブラウザー ウィンドウに表示されます (ブラウザーがこの機能をサポートしている場合)。ウィンドウを閉じなくても元の Web ページに戻ることができます。これが既定値です。

• [移動] Web ページが現在のブラウザー ウィンドウに表示されます。

注: カスタムの Microsoft ASP.NET Web パーツがこのプロパティをサポートしている場合でも、SharePoint の既定のヘルプ トピックは必ず別のブラウザー ウィンドウで表示されます。

Web パーツの一覧で Web パーツ アイコンとして使用するイメージが格納されたファイルの場所を指定します。イメージのサイズは 16 × 16 ピクセルであることが必要です。

タイトル アイコン イメージの URL

Web パーツのタイトル バーで使用するイメージが格納されたファイルの場所を指定します。イメージのサイズは 16 × 16 ピクセルであることが必要です。

エラー メッセージのインポート

Web パーツのインポートで問題が発生した場合に表示されるメッセージを指定します。

Web パーツのインポートで問題が発生した場合に表示されるメッセージを指定します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×