XML テーブルのデータとレイアウトを書式設定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

  1. [開発] タブが表示されていない場合は、次の操作を行って表示します。

    1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、次に [Excel のオプション] をクリックします。

    2. [基本設定] カテゴリの [Excel の操作の基本オプション] で、[[開発] タブをリボンに表示する] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

      注: リボンは、Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイスのコンポーネントです。

  2. XML テーブル内のセルを選択します。

  3. 対応付けられたセルをクリックして、目的の XML の対応付けを選択します。

  4. [開発] タブの [XML] で、[対応付けのプロパティ] をクリックします。

    リボンの XML グループ

  5. [XML の対応付けのプロパティ] ダイアログ ボックスで、次のうち必要な操作を行います。

    列の幅を調整します。   

    1. XML データの更新時に列幅が最適な幅に自動的に調整されるようにするには、このオプションをオンにします。これが既定のオプションです。

      注: 最大列幅は画面の幅の 2/3 です。

    2. 列幅が自動的に調整されないようにするには、XML データの更新時に、このオプションをオフにします。

      列のフィルターを保持します。   

    3. XML データの更新時に並べ替え順序および適用されたフィルタを保存するには、このオプションをオンにします。これが既定のオプションです。

    4. XML データの更新時に並べ替え順序および適用されたフィルタを無視するには、このオプションをオフにします。

      数値の書式を保持します。   

    5. XML データの更新時に数値の書式を保存するには、このオプションをオンにします。これが既定のオプションです。

    6. XML データの更新時に数値の書式を無視するには、このオプションをオフにします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×