XML スキーマに対して XML データを検証する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

XML データを XML スキーマに対して検証すると、ワークシート内の対応付けられた範囲の 1 つまたは複数のセルに対してインポートまたはエクスポートする XML データが XML スキーマに準拠していることを、[XML ソース] 作業ウィンドウで確認できます。

  1. [開発] タブが表示されていない場合は、次の操作を行って表示します。

    1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、次に [Excel のオプション] をクリックします。

    2. [基本設定] カテゴリの [Excel の操作の基本オプション] で、[[開発] タブをリボンに表示する] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

      注: リボンは、Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイスのコンポーネントです。

  2. [開発] タブの [XML] で、[ソース] をクリックします。

    リボンの XML グループ

  3. [XML の対応付けのプロパティ] ダイアログ ボックスで、[インポートまたはエクスポート時にスキーマに対してデータを検証する] チェック ボックスをオンにします。

    このチェック ボックスは既定ではオフになっています。

注: このオプションは、マップされたセルにデータを入力すると、データを検証しません。入力したデータが、対応付けられたスキーマで定義されている任意の列挙に準拠していることを確認するには、するには、さらに [データ] タブの [データ ツール] グループで [データの入力規則] コマンドを使用してデータを検証する必要があります。詳細については、 XML スキーマ定義 (XSD) のデータ型をサポートしてワークシートにできないようにする無効なデータが入力を参照してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×