XML の対応付けの情報をブックから削除する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

セキュリティに関するお知らせ : XML の対応付けとそのデータ ソース情報は、特定のワークシートではなくブックに保存されています。機密である可能性がある対応付けの情報が、悪意のあるユーザーによって Visual Basic for Applications (VBA) マクロで参照されるおそれがあります。さらに、マクロに対応した Excel Open XML 形式のファイルとしてブックを保存した場合、メモ帳などのテキスト編集プログラムで、この対応付け情報を参照できます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

ブックから XML の対応付けのデータ ソースの定義を削除します。

XML の対応付けをブックから削除します。

XML の対応付けのデータ ソース定義をブックから削除する

対応付けの情報を引き続き使用するが、機密である可能性があるデータ ソース情報を削除する場合は、XML スキーマのデータ ソース定義をブックから削除できます。この場合でも、XML データのエクスポートは可能です。

この手順を行うと、現在のデータ ソース定義が XML の対応付けから完全に削除されます。

  1. 対応付けセルをクリックし、目的の XML の対応付けを選択します。

  2. [開発] タブが表示されていない場合は、次の操作を行って表示します。

    1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、次に [Excel のオプション] をクリックします。

    2. [基本設定] カテゴリの [Excel の操作の基本オプション] で、[[開発] タブをリボンに表示する] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

      注: リボンは、Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイスのコンポーネントです。

  3. [開発] タブの [XML] で、[対応付けのプロパティ] をクリックします。

    リボンの XML グループ

  4. [XML の対応付けのプロパティ] ダイアログ ボックスの [データ ソース] で、[データ ソースの定義をブックに保存する] チェック ボックスをオフにします。

    既定では、このオプションはオンになっています。オフにしても、ワークシートからデータが削除されることはありません。

重要: データ ソース定義には、インポートされた XML データの接続情報が含まれています。この情報を削除すると、他のユーザーがこの情報を参照できなくなりますが、対応付けられたデータを XML ファイルにエクスポートすることは引き続き可能です。ただし、XML データ ファイルを再インポートした場合、データ ソース定義が再度ファイルに保存されます。

ページの先頭へ

XML の対応付けをブックから削除する

XML の対応付けを削除する前にワークシートを削除した場合、対応付けの情報 (データ ソースについての情報や、機密である可能性があるその他の情報) は、ブックにそのまま保存されています。機密の情報を削除するようにブックを更新する場合は、ワークシートを削除する前に XML の対応付けを削除して、対応付けの情報をブックから完全に削除することが必要です。

  1. [開発] タブが表示されていない場合は、次の操作を行って表示します。

    1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、次に [Excel のオプション] をクリックします。

    2. [基本設定] カテゴリの [Excel の操作の基本オプション] で、[[開発] タブをリボンに表示する] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

  2. [開発] タブの [XML] で、[ソース] をクリックします。

    リボンの XML グループ

  3. [XML ソース] 作業ウィンドウで、[XML の対応付け] をクリックします。

    [XML の対応付け] ダイアログ ボックスが表示されます。

  4. 削除する XML の対応付けを選択します。

  5. [削除] をクリックし、[OK] をクリックします。

注: XML の対応付けを削除した場合、その XML の対応付けのみが削除され、現在対応付けられているデータは削除されません。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×