XML の対応付けの名前を変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

XML の対応付けをブックに追加すると、 Microsoft Office Excel 2007提供既定 XML マップの名前は次のように: Root_MapRoot_Map1Root_Map2などです。混乱しないように、する XML の対応付けにわかりやすい名前を入力する 1 つ以上の XML マップを操作している場合は特にします。

  1. [開発] タブが表示されていない場合は、次の操作を行って表示します。

    1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、次に [Excel のオプション] をクリックします。

    2. [基本設定] カテゴリの [Excel の操作の基本オプション] で、[[開発] タブをリボンに表示する] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

      注: リボンは、Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイスのコンポーネントです。

  2. [開発] タブの [XML] で、[ソース] をクリックします。

    リボンの XML グループ

  3. [XML ソース] 作業ウィンドウで、[XML の対応付け] をクリックします。

  4. 名前を変更する XML の対応付けをクリックします。

  5. [名前の変更] をクリックします。

  6. 新しい名前を入力し、Enter キーを押します。

  7. [OK] をクリックします。

    新しい名前が、[XML ソース] 作業ウィンドウの上部の [ブック内の XML の対応付け] の一覧に表示されます。

注: 要素名は、XML スキーマ ファイル (.xsd)、または XML スキーマ ファイルがない場合に Excel が推論で作成するスキーマに基づいているため、XML の対応付けを作成した後では要素名を変更できません。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×