Word for Mac 2011 と Word 2016 for Mac の比較

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

次の表は、Word for Mac 2011 と Word 2016 for Mac の主な機能を比較したものです。

含まれている機能 機能は含まれています 機能は改善されています 機能は改善されています 機能は含まれていません 機能は含まれていません

機能

Word for Mac 2011

Word 2016 for Mac

スレッド形式のコメント

文書のコメントに返答する

機能は含まれていません

含まれている機能

[デザイン] タブ

文書の見た目を引き立てるデザイン機能へのクイック アクセス

機能は含まれていません

含まれている機能

リサーチ

アプリを終了せずに文書内の用語に関する情報を Web から取得できます。 [校閲] タブで、[リサーチ] をクリックします。

機能は含まれていません

含まれている機能

マルチタッチ ジェスチャのサポート

トラックパッドを使った拡大縮小が可能になりました。2 本指を広げると拡大、閉じると縮小できます。

機能は含まれていません

含まれている機能

Office テーマを選ぶ

クラシックなテーマまたは新しいカラフルなテーマを適用します。

機能は含まれていません

含まれている機能

閲覧の再開

文書内の最後の位置が自動的に記憶されるので、再び開いたときには最後に表示していた場所を簡単に見つけることができます。

機能は含まれていません

含まれている機能

リボンの改善

新しくデザインされたリボンでは、Office for Windows と同じようにツールや表示形式を整理できる

含まれている機能

機能は改善されています

共有機能の向上

ドキュメントを添付ファイルまたはリンクとして共有したり、クラウドに保存されているドキュメントで共同作業するユーザーを招待したりできる

含まれている機能

機能は改善されています

どこからでもファイルにアクセス

Office 365、OneDrive、OneDrive for Business、SharePoint とのシームレスな統合。 複数のデバイスで、Microsoft アカウントでサインインしてファイルにアクセスできる

含まれている機能

機能は改善されています

ナビゲーション ウィンドウ

ナビゲーション ウィンドウが改善されたので、文書内の現在の位置を把握して、目的の場所に移動できる

含まれている機能

機能は改善されています

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×