Word for Mac、iPhone、iPad のアクセシビリティに関する新機能

Microsoft は、Office 365 アプリケーションがアクセシビリティに対応し、すべてのデバイスで使用できるように取り組んでます。

  • 障碍のある方がどのデバイスからでも、コミュニケーションを取り、コンテンツを使用して作成できます。

  • 誰でも簡単にアクセシビリティに対応したコンテンツを作成できる

ここでは、キーボードや支援技術を使用するユーザー向けに Word 2016 for Mac、Word for iPad、Word for iPhone を改良した過程について、最近発表された記事を取り上げています。引き続き Word を改善できるように、皆様からのフィードバックをお待ちしております。

注: この更新で改善された機能は、Office 365 サブスクリプションのお客様を対象に公開されます。このような強化された機能にいち早くアクセスするには、Office Insider プログラムにご参加ください。

VoiceOver を使った Word の操作がより一貫性のある、信頼性の高いものになりました。VoiceOver で、より豊富な機能にアクセスできるようになっています。文書の管理が、さらに簡単かつ効率的になるように取り組んでいます。これには、VoiceOver がテキスト、スタイル、テーブル、およびリストを操作できるような基本的な改善を含みます。また、校正、変更履歴の記録、コメントや共同編集などの機能も含みます。

スクリーン リーダーやキーボードでこれらの機能を使用する方法については、Office アクセシビリティ センターで、Word のアイコンを選択してください。

2016 年 12 月のハイライト

Word for Mac/iOS 向け PowerPoint の 2016 年 12 月更新のハイライトを紹介します。

スクリーン リーダーとキーボードの相互作用

キーボード操作やテキストの書式設定など、基本的な作業を行う際の操作性が改良されました。

  • VoiceOver では、iOS でのテキストの書式設定や、ハイパーリンクへの移動についての情報を提供します。

  • キーボードと VoiceOver の操作により、ダイアログ ボックス、メニュー、ウィンドウ間をより効率よく移動できます。

  • VoiceOver では、標準的な数学用語を利用して数式を読み上げたり、編集したりします。

  • 脚注や文末脚注が含まれるテキストの閲覧や編集を行うときに、VoiceOver は、テキストの参照先を読み上げます。

  • Mac のナビゲーション ウィンドウでは、文書の見出しを読んで移動できます。

  • VoiceOver を使用し、図形を操作したり、変更したりできます。

テーブル

  • VoiceOver は、行と列の見出しを読み上げます。

  • Mac と iOS では、VoiceOver によるテーブル内の移動と編集の信頼性と一貫性が向上しています。

  • Mac で行または列の全体を読むには、VO-R や VO-C などの VoiceOver テーブル コマンドを使います。

変更履歴の記録とコメントの使用

この更新プログラムでは、ドキュメント内の変更履歴の記録が改善され、より効果的にコメントを使用できるようになりました。

  • 変更履歴に関する VoiceOver からの情報の信頼性が向上しています。変更履歴が含まれるテキストの閲覧や編集を行うときは、改訂の種類 (挿入、削除、編集など) も読み上げられます。

  • VoiceOver は、コメントのあるテキストを一貫して識別します。コメントが含まれるテキストの閲覧や編集を行うときは、そのテキストに適用されているコメントの数も読み上げられます。

グループ作業と共同編集

  • VoiceOver では、共同編集中、役に立つ情報が読み上げられます。たとえば、別のユーザーがテキスト ブロックをロックしていることなどが伝えられます。

強化されたコントラスト

この更新プログラムでは、コントラストを強める設定との互換性が改善されています。

  • テキストの書式設定とページの背景が、コントラスト設定と適合するようになりました。

  • リボン コマンドやギャラリーのコンテンツも、コントラスト設定と一致します。

アクセシビリティの高い共同編集

  • 人気の Office テンプレートの多くがアクセシビリティに対応するようになりました。レポート、プレゼンテーション、表紙用シート、または履歴書にいたるまで、アクセシビリティに対応したテンプレートが見つかります。Word on Mac からテンプレートを使用するには、[オンライン テンプレートの検索] ボックスで "アクセシビリティに対応したテンプレート" と入力して検索します。

  • Word 文書内のテキスト、スタイル、オブジェクトの色のコントラストは、既定でアクセシビリティ ガイドラインを満たします。

  • アクセシビリティ チェックが Mac で利用できるようになりました。リボンの [校閲] タブのボタンから起動できます。

  • iOS で、画像に代替テキストを追加し、編集できます。

名前を付けて​​保存するか、PDF にエクスポートする

次の作業で Word PDF ツールを利用できます。

  • タグ付きの文書のタイトルを表示します。

  • ハイパーリンクを正しくタグ付けします。

  • 箇条書きと段落番号を正しくタグ付けします。これには、ネストされた一覧が含まれます。

  • 言語の属性があるドキュメントをマークします。

ご意見をお聞かせください。

フィードバックを歓迎します。 Word での操作にご満足いただければ幸いです。障碍のあるユーザーが Word をより使いやすくなる方法についてご提案があれば、Word User Voice で、ご意見をお寄せいただくか、またはご投票ください。

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×