Word Online でのスペルをチェックします。

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

誤入力やスペルミスは誰にでもあります。 Word Online では、それらの発見と修正が容易になります。

閲覧表示になっている場合は、[ドキュメントの編集]、[Word Online で編集] の順にクリックして編集表示に切り替えます。

[Word Online で編集] コマンドの画像

編集表示になっているときに、入力した単語が Word Online によって認識されない場合、赤の波線が下に付けられます。

スペル ミスの可能性があることを示す Word のフラグ

単語を右クリックすると、候補のリストが表示されます。

スペルミスの右クリック メニュー

その後で、使用する候補をクリックします。

Word Online で文章校正を行うことはできますか

いいえ、できません。 ただし、Word デスクトップ プログラムをお持ちの場合は、[Word で開く] ボタンをクリックして Word で文書を開き、そこで文章校正を行うことができます。

[Word で開く] ボタン

Word で、 [文章校正を行う文書を開く。次に、[元の場所に文書を保存するには、ctrl キーを押しながら S キーを押します。

Word Online は、Office デスクトップ プログラムとシームレスに連動します。 Office を持っていない場合は、最新バージョンを今すぐ試す購入できます。

ヒント: Office Online は、新しい機能で常に更新されています。 最新ニュースとお知らせについては、Office Online ブログを参照してください。

単語の下に表示される赤の波線を削除する

何らかの理由でスペルミスのある単語を無視する場合は、単語を右クリックし、[校正言語の設定] をクリックします。

スペルミスのある単語の右クリック メニューの [校正言語の設定] オプション

次に、[スペル チェックを実行しない] チェック ボックスをオンにします。

[言語] ダイアログ

チェックをやめた単語を再チェックする

気が変わった場合は、単語を右クリックし、[校正言語の設定] をクリックします。

次に、[スペル チェックを実行しない] チェック ボックスをオフにします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×