Word 2016 for Mac の変更履歴の詳細オプション

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

文書に変更履歴を表示する方法をカスタマイズしたい場合は、[変更の追跡] ダイアログ ボックスで、変更履歴の表示方法を細かく設定することができます。

マークアップの表示方法を変更する

  1. [校閲] タブで、[変更履歴]、[設定] の順にクリックします。

    [環境設定] が強調表示された [変更履歴とコメントのオプション] メニュー。

  2. [変更の追跡] ダイアログ ボックスでは、文書での変更履歴の表示方法を設定できます。

    [変更の履歴] ダイアログ ボックス

    たとえば、他のユーザーにより新しいテキストが挿入されたときの表示形式を変更するには、[挿入] の横にあるドロップダウン メニューからいずれかのオプションをクリックします。

    [変更の履歴] ボックスの [変更履歴とコメント] の種類 [挿入された箇所] が強調表示されています。

    既定では、校閲者別に挿入、削除、書式設定変更に異なる色が割り当てられます。

注: 割り当てられた色は、文書を閉じて再び開いたときまたはだれかが別のコンピューターで開いたときに変更されることがあります。

Word で校閲者に割り当てられる色を選ぶことはできませんが、変更履歴の種類ごとに異なる色を選ぶことができます。作成者ではなく変更履歴の種類別に色が決められるようにする場合は、ドロップダウン メニューから色を選びます。

[変更の履歴] ボックスの [校閲者別] の色オプション

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×