Word 2016 for Mac で自動的にスペルを修正し、テキストと記号を挿入する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

オートコレクト機能を使用して、誤入力やスペル ミスを修正したり、記号などの文字を挿入したりすることができます。オートコレクト機能には、一般的なスペル ミスと記号のリストで自動的に設定されますが、このリストを変更して文書に合わせることもできます。

注記: 

  • オートコレクト機能では、スペル チェックのメイン辞書内の単語と類似する単語をスペル ミスとして修正することもできます。 詳細については、「メイン辞書の単語を使用してスペルを自動的に修正する」を参照してください。

  • ハイパーリンク内のテキストは自動的に修正されません。

目的に合ったトピックをクリックしてください

オートコレクト機能について

オートコレクト リストにテキスト エントリを追加する

オートコレクト リストのテキスト エントリの内容を変更する

オートコレクト リストのテキスト エントリの名前を変更する

オートコレクト機能について

オートコレクト機能を使用して次の操作を実行できます。

  • 誤入力とスペル ミスを自動的に検出して修正する   たとえば、「teh」と入力してスペースを続けると、オートコレクト機能によって「the」に修正されます。「This is theh ouse」と入力してスペースを続けると、「This is the house」に修正されます。

  • 記号をすばやく挿入する   たとえば、「(c)」と入力すると、オートコレクト機能によって代わりに「©」が挿入されます。 目的の記号が挿入されない場合は、それをリストに追加して挿入されるようにすることができます。

  • 長い文字列をすばやく挿入する   たとえば、「return on investment」などの語句を繰り返し入力する場合は、「roi」のような短縮形を入力するだけでこの語句が自動的に挿入されるように設定できます。

オートコレクトは、単語または記号の 2 つのリストを対比して行われます。 最初の列は、ユーザーが入力する単語や記号です。次の列は、オートコレクトが代わりに挿入する単語、語句、記号です。

オートコレクト一覧には、オートコレクトで修正対象として識別される文字列と、修正後の文字列として挿入される文字列のペアが表示されます。

注: オートコレクト リストは、オートコレクトをサポートするすべての Microsoft Office プログラムに有効であるため、特定の Office プログラムでオートコレクト リストの単語を追加または削除すると、その変更は他の Office プログラムにも反映されます。

ページの先頭へ

オートコレクト リストにテキスト エントリを追加する

スペルを間違えた単語や一連の記号を追加し、正しいスペルの単語、語句、記号を指定して、オートコレクトによって自動的に置き換えることができます。 この操作を行うには、次の手順に従います。

  1. [Word] メニューで [環境設定] をクリックします。

  2. [Word 環境設定] で [オートコレクト] をクリックします。

    [Word 環境設定] で、文書内でオートコレクトから変更される対象を変更するには、[オートコレクト] をクリックします。
  3. [オートコレクト] タブの [入力中に自動修正する] がオンになっていることを確認します。

    [入力中に自動修正する] チェック ボックスをオンにして、オートコレクトで入力中に修正を行います。
  4. [修正文字列] ボックスに、犯しやすい誤入力やスペル ミスの例 (「usualy」など) を入力します。

    オートコレクト一覧で、[修正文字列] ボックスと [修正後の文字列] ボックスに入力して、選ばれた文字列を追加または編集します。
  5. [修正後の文字列] ボックスに、正しいスペル (「usually」など) を入力します。

  6. [追加] をクリックします。

ページの先頭へ

オートコレクト リストのテキスト エントリの内容を変更する

次の手順では、スペルを間違えた特定の単語の代わりにオートコレクトが挿入するテキストを変更する方法について説明します。 オートコレクトが特定のスペルミスに適用する訂正を変更する場合は、次の手順に従います。

  1. [Word] メニューで [環境設定] をクリックします。

  2. [Word 環境設定] で [オートコレクト] をクリックします。

    [Word 環境設定] で、文書内でオートコレクトから変更される対象を変更するには、[オートコレクト] をクリックします。
  3. [オートコレクト] タブの [入力中に自動修正する] がオンになっていることを確認します。

    [入力中に自動修正する] チェック ボックスをオンにして、オートコレクトで入力中に修正を行います。
  4. 変更するエントリをリスト内で選びます。

    エントリの内容が [置換] ボックスと [修正後の文字列] ボックスに表示されます。

  5. [修正後の文字列] ボックスに新しいテキストを入力します。

    オートコレクト一覧で文字列を選んで、[修正後の文字列] ボックスでその修正後の文字列を変更します。
  6. [置換] をクリックします。

ページの先頭へ

オートコレクト リストのテキスト エントリの名前を変更する

次の手順では、スペルを間違えた単語として識別されるテキストを変更する方法について説明します。 スペルを間違えた場合にオートコレクトによって特定の訂正を適用する単語を変更するには、次の手順に従います。

  1. [Word] メニューで [環境設定] をクリックします。

  2. [Word 環境設定] で [オートコレクト] をクリックします。

    [Word 環境設定] で、文書内でオートコレクトから変更される対象を変更するには、[オートコレクト] をクリックします。
  3. [オートコレクト] タブの [入力中に自動修正する] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。

    [入力中に自動修正する] チェック ボックスをオンにして、オートコレクトで入力中に修正を行います。
  4. 変更するエントリをリスト内で選びます。

    エントリの内容が [置換] ボックスと [修正後の文字列] ボックスに表示されます。

  5. [削除] をクリックします。

    オートコレクト一覧で文字列を選んで、[削除] をクリックして削除します。

    エントリの値は [置換] ボックスと [修正後の文字列] ボックスに残るため、変更することができます。

  6. [修正文字列] ボックスに新しい名前を入力します。

  7. [追加] をクリックします。

    [追加] をクリックして、[修正文字列] ボックス内と [修正後の文字列] ボックス内の文字列をオートコレクト一覧に追加します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×