Word 2016 for Mac で目次を書式設定またはカスタマイズする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Word で目次を作成した後、目次の表示をカスタマイズできます。たとえば、表示する見出しレベルの数や、エントリとページ番号の間に点線を表示するかどうかなどの選択を行うことができます。また、テキストの書式設定を変更でき、その設定は目次を何回更新しても維持されます。

  1. [参考資料]、[目次]、[ユーザー設定の目次] の順にクリックします。

    目次スタイルのリストの一番下で、[ユーザー設定の目次] をクリックする

  2. [目次] ダイアログ ボックスで、必要な変更を行います。 変更のプレビューは、右側のボックスに表示されます。

    [目次] ダイアログ ボックス

    • 各エントリとそのページ番号の間に点線を挿入するには、[タブ リーダー] ボックスの一覧をクリックし、線のスタイルを選びます。 すべての線を削除するには、[(なし)] をクリックします。

    • 目次の全体的な外観を変更するには、[書式] の一覧をクリックし、使用する書式をクリックします。

    • 目次に表示されるレベルの数を変更するには、[レベルの表示] の横にある上向き矢印または下向き矢印をクリックします。

  3. [OK] をクリックします。

目次のテキストの書式を設定する

目次の各レベルのテキストの表示を変更できます。

  1. [参考資料]、[目次]、[ユーザー設定の目次] の順にクリックします。

    目次スタイルのリストの一番下で、[ユーザー設定の目次] をクリックする

  2. [目次] ダイアログ ボックスで、[書式] ボックスの一覧の [任意のスタイル] をクリックします。

  3. ダイアログ ボックスの一番下にある [変更] をクリックします。

  4. [スタイル] ダイアログ ボックスの [スタイル] ボックスの一覧で、変更するレベルをクリックし、[変更] をクリックします。

  5. [スタイルの変更] ダイアログ ボックスで、書式を必要に応じて変更し、[OK] をクリックします。

  6. 目次に表示するすべてのレベルについて、手順 4. と 5. を繰り返します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×