Word 2016 for Mac でファイルを共有する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

文書を共有する場合は、次のように行います。

  • 他のユーザーを招待して、クラウドに保存した文書の表示や編集ができるようにする。

  • クラウドに保存した文書へのリンクを送信する。

  • 文書のコピーをメールの添付ファイルとして送信する。

文書を共有するための招待状を送信する

ファイルをクラウドに保存してから、そのファイルの表示や編集ができるように他のユーザーを招待します。 このようにすると、ファイルを更新するたびに、共有している全員に最新バージョンが提供されます。

  1. 右上隅の [共有] アイコンをクリックして、[ユーザーの招待] をクリックします。

    [共有オプション] メニュー

    文書をクラウドに保存していない場合は、先に保存するように求められます。

    ユーザーを招待する前にクラウドに保存する

  2. 他のユーザーを招待するには、それらのユーザーのメール アドレスと短いメッセージを追加します。 初めて名前を追加するときには、連絡先にアクセスするように求められることがあります。

    [ユーザーを招待] ダイアログ ボックス

    他のユーザーが文書を編集できるようにする場合は、[編集可能] ボックスをオンにします。

  3. [共有] をクリックします。 招待した全員に、共有ファイルへのリンクが記載されたメールが送信されます。

文書へのリンクを送信する

文書をクラウドに保存した後、他のユーザーに文書への直接リンクを送信して、文書を共有できます。

  1. 右上隅の [共有] アイコンをクリックして、[リンクのコピー] をクリックします。

    [共有オプション] メニュー

    文書をクラウドに保存していない場合は、先に保存するように求められます。

    ユーザーを招待する前にクラウドに保存する

  2. このリンクをメールに貼り付けて、文書を共有する他のユーザーに送信します。

文書をメールの添付ファイルとして送信する

文書をクラウドに保存したくない場合は、メールの添付ファイルとして共有することができます。

  1. 右上隅の [共有] アイコンをクリックして、[添付ファイルの送信] をクリックします。

    [共有オプション] メニュー

  2. [文書] または [PDF] をクリックします。

    共有添付ファイルが強調表示されている

  3. メール アプリケーションが開き、新しいメッセージにファイルが添付されます。 メール アドレスや短いメッセージなどの項目だけ入力したら、[送信] をクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×