Word 2016 for Mac でチェックリストを作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Word では、次の 2 種類のチェック リストを作成できます。

  • 行頭文字または段落番号の代わりにボックスまたはチェック マークが含まれるリスト。 ボックスは、リストを印刷し、完了した各項目にチェック済みの印を付ける場合に使用します。

  • Word でチェック済みの印を付けることができるリスト。 これを作成するには、[開発] タブからコンテンツ コントロールを追加する必要がありますが、開発者以外もその作業は可能です。

行頭文字または段落番号をチェック マークまたはボックスで置き換える

リストの各項目を示す行頭文字または段落番号を、自分で選んだ別の記号で置き換えることができます。たとえば、印刷用の文書でチェック マークを付けることができるボックスなど、別の記号で置き換えることができます。 選んだ記号は [行頭文字ライブラリ] に追加されるため、別のリストでもう一度使用する場合に便利です。

行頭文字または段落番号をチェック マークを付けるためのボックスで置き換えるには、次の手順に従います。
  1. 箇条書き全体を選びます。

    行頭文字または段落番号は、選ばれているように表示されません。

  2. [ホーム] をクリックし、[箇条書き] の横にある矢印をクリックします。

    箇条書きアイコンの横にある矢印をクリックして、行頭文字を選ぶか追加します。
  3. [行頭文字ライブラリ] に必要なチェック マークやチェック ボックスが表示されない場合は、[新しい行頭文字の定義] をクリックします。

    行頭文字ライブラリに目的の記号がない場合は、[新しい行頭文字の定義] をクリックします。
  4. [行頭文字] をクリックして、記号の表から記号を選びます。

    他の選択肢を表示するには、[フォント] ボックスで Wingdings などの記号のフォントを選びます。

  5. 記号の一覧をスクロールし、空のボックス ( Wingdings フォントの空のボックス。 ) や 3D ボックス ( Wingdings フォントの影付きの空のボックスです。 ) など、使用する記号を選びます。

  6. [OK] をクリックしてから、[箇条書きの書式設定] ダイアログ ボックスで [OK] をもう一度クリックします。

Word でチェック済みの印を付けることができるチェック リストを作成する

Word でチェック済みの印を付けることができるチェック ボックスを作成するには、文書にチェック ボックスのコンテンツ コントロールを追加します。

手順 1: [開発] タブを表示する

最初にすることは、[開発] タブを表示するように Word を設定することです。 Word で [開発] タブが表示されている場合は、次の手順を省略できます。

Word で [開発] タブを表示するには、次の手順に従います。
  1. [Word] メニューで [環境設定] をクリックします。

  2. [Word 環境設定] で [表示] をクリックします。

    [Word 環境設定] で、[表示] をクリックして、表示の環境設定を変更します。
  3. [表示] ダイアログ ボックスの最下部近くで、[[開発] タブの表示] を選びます。 [OK] をクリックします。

    [表示] ダイアログ ボックスの下部で、[[開発] タブの表示] を選びます。

手順 2: リストを作成する

行頭文字または段落番号を使ったリストの書式設定とは異なり、リストの各項目にチェック ボックスを個別に追加できます。 また、チェック ボックスとリスト項目との間に空白を入れるには、Space キーまたは Tab キーを押します。

ヒント: チェック ボックスとリスト項目のテキストとの間にタブ文字を追加すると、リスト項目に、Word で箇条書きに適用されるようなぶら下げインデントの書式設定を行うことができます。 ぶら下げインデントについては、「手順 3: レイアウトを調整する」で説明しています。

次の手順では、リストを作成するときにチェック ボックスを追加する方法について説明します。その次の手順では、既存のリストにチェック ボックスを追加する方法について説明します。

リストを作成するときにリスト項目にチェック ボックスを追加するには、次の手順に従います。
  1. [開発] タブをクリックしてから、[チェック ボックス] をクリックします。

    [チェック ボックス] をクリックして、Word でマークを付けることができるチェック ボックスを挿入します。
  2. チェック ボックスの後ろに空白を入れる場合は、Tab キーまたは Space キーを押します。

  3. リストの最初の項目を入力して、Enter キーを押します。

  4. リストの項目ごとに、手順 1 ~ 3 を繰り返します。

既存のリストにチェック ボックスを追加するには、次の手順に従います。
  1. 最初のリスト項目の先頭にカーソルを置きます。

  2. [開発] タブをクリックしてから、[チェック ボックス] をクリックします。

    [チェック ボックス] をクリックして、Word でマークを付けることができるチェック ボックスを挿入します。
  3. チェック ボックスの後ろに空白を入れる場合は、Tab キーまたは Space キーを押します。

  4. チェック ボックスと、チェック ボックスの後ろに追加したタブ文字または空白 (入れた場合) を選んでから、Command キーを押しながら C キーを押して、選んだ文字をコピーします。

  5. 次のリスト項目の先頭にカーソルを置いてから、Command キーを押しながら V キーを押して、コピーしたチェック ボックスと文字を貼り付けます。

  6. リストの残りの項目ごとに、手順 5 を繰り返します。

手順 3: レイアウトを調整する

リストに 1 行に収まらない項目がある場合は、ぶら下げインデントを使用して項目を配置できます。

ぶら下げインデントをリストに適用するには、次の手順に従います。
  1. リストを選択します。

  2. [書式] メニューで [段落] をクリックします。

    [段落] ウィンドウ

  3. [インデント] で [] ボックスに「0.25」と入力します。

  4. [最初の行] リストで [ぶら下げ] をクリックします。

    リストのぶら下げインデントについては、[左] のインデントを設定して、[最初の行] を [字下げ] に設定します。

    [] には、既定値 [1 字] が設定されています。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×