Word 2016 for Mac でセクション区切りを追加する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

セクション区切りを使用して、文書内の一部分のレイアウトや書式を変更できます。 たとえば、文書を複数のセクションに分けて、それぞれ異なるヘッダーやフッターを指定できます。

セクション区切りを挿入する

  1. 新しいセクションを開始する位置をクリックします。

  2. [レイアウト]、[区切り] の順にクリックして、セクション区切りの種類を選択します。

    [レイアウト] タブの [セクション区切り] メニューが強調表示されている

    注:  改ページを追加するには、[改ページ] をクリックします。 詳細については、文書に改ページを追加する方法を参照してください。

セクション区切りの種類

セクション区切り

説明

次のページから開始

Word 文書の次のページで新しいセクションを開始する [[次のページから開始] セクション区切り] コマンド

次のページから新しいセクションを開始します。

現在の位置から開始

Word 文書の同じページで新しいセクションを開始する [セクションの末尾や文書の末尾に区切りを挿入] コマンド

同じページで新しいセクションを開始します。 このセクション区切りは、段組みの文書で使用すると特に便利です。 新しいページを開始せずに、段数を変えることができます。

偶数ページから開始

Word 文書の次の偶数番号ページで新しいセクションを開始する [偶数ページ セクション区切り] コマンド

次の偶数番号のページから新しいセクションを開始します。 たとえば、3 ページ目の最後に偶数ページの改ページを挿入すると、次のセクションが 4 ページ目から始まります。

奇数ページから開始

Word 文書の次の奇数番号ページで新しいセクションを開始する [奇数ページ セクション区切り] コマンド

次の奇数番号のページから新しいセクションを開始します。 たとえば、3 ページ目の最後に奇数ページの改ページを挿入すると、次のセクションが 5 ページ目から始まります。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×