Word 2016 for Mac でスペル チェック用の辞書に単語を追加する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

スペル チェックを使用する場合、文書内の単語が Microsoft Word に同梱されているメイン辞書と照合されます。メイン辞書には最も一般的な単語が登録されていますが、固有名詞や専門用語、頭字語は含まれていない場合があります。また、ドキュメント内の単語とは大文字小文字の使い方が異なる単語が登録されていることも考えられます。このような単語や大文字小文字の異なる表記をユーザー辞書に登録すると、スペル チェックでスペル ミスとして検出されるのを防ぐことができます。

詳細については、ユーザー辞書を使用して、 Office for Mac でユーザー辞書を使用するを参照してください。

重要: 1 つの Office プログラムで単語をユーザー辞書に登録すれば、その単語をすべての Office プログラムでスペル チェックに使用することができます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

[ユーザー辞書] ダイアログ ボックスを開く

ユーザー辞書を使用する

ユーザー辞書を作成する

既存のユーザー辞書を追加する

ユーザー辞書の単語を追加、削除、または編集する

ユーザー辞書に関連付けられている言語を変更する

スペル チェックで単語を登録する既定のユーザー辞書を変更する

[ユーザー辞書] ダイアログ ボックスを開く

ユーザー辞書に何らかの変更を加える場合は、最初に [ユーザー辞書] ダイアログ ボックスを開きます。

  1. [Word] メニューで [環境設定] をクリックします。

  2. [作成および校正ツール] で [スペル チェックと文章校正] をクリックします。

    [文章校正] をクリックして、スペル チェックと文章校正を行うための設定を変更します。

    [スペル チェックと文章校正] ダイアログ ボックスが表示されます。

    [スペル チェックと文章校正] ダイアログ ボックスでスペル チェックと文章校正に影響する設定を変更します。
  3. ユーザー辞書を使う場合は、[メイン辞書のみ使用する] チェック ボックスがオフになっていることを確認します。

  4. [辞書] をクリックします。

    [文章校正] の [辞書の追加] をクリックして、Word でスペル チェック時に使用するユーザー辞書を選びます。

    [ユーザー辞書] ダイアログ ボックスが表示されます。

    [ユーザー辞書] ダイアログ ボックスでは、スペル チェックで使用するユーザー辞書の追加、編集、選択を行うことができます。

ページの先頭へ

ユーザー辞書を使用する

最初に、ユーザー辞書を管理するためには、[ユーザー辞書] ダイアログ ボックスを使用してユーザー辞書を選択します。

  1. [ユーザー辞書] ダイアログ ボックスを開く」の手順に従って、[ユーザー辞書] ダイアログ ボックスを開きます。

  2. [ユーザー辞書] ダイアログ ボックスで、使用する各ユーザー辞書名の横にあるチェック ボックスをオンにして、[OK] をクリックします。

ページの先頭へ

ユーザー辞書を作成する

  1. [ユーザー辞書] ダイアログ ボックスを開く」の手順に従って、[ユーザー辞書] ダイアログ ボックスを開きます。

  2. [新規作成] をクリックします。

  3. [別名で保存] ボックスにユーザー辞書の名前を入力します。

  4. [保存] をクリックします。

  5. 新しい辞書を他の言語用の辞書として使用する場合は、[ユーザー辞書] ダイアログ ボックスで新しい辞書が選択されている状態で、[言語] ボックスの一覧で目的の言語を選びます。

  6. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

既存のユーザー辞書を追加する

[ユーザー辞書] ダイアログ ボックスには、Word でスペル チェックに利用できるユーザー辞書が一覧表示されます。サード パーティから購入した辞書を使う場合で、それがコンピューターにインストールされているものの、[ユーザー辞書] ダイアログ ボックスの一覧に表示されていない場合は、その辞書を追加できます。

  1. [ユーザー辞書] ダイアログ ボックスを開く」の手順に従って、[ユーザー辞書] ダイアログ ボックスを開きます。

  2. [追加] をクリックします。

  3. 追加するユーザー辞書が保存されているフォルダーを参照し、目的の辞書ファイルをダブルクリックします。

サード パーティの辞書のインストールの詳細については、その辞書のインストール手順を参照してください。

ページの先頭へ

ユーザー辞書の単語を追加、削除、または編集する

スペル チェックの実行時にユーザー辞書に単語を追加することができるほか、ユーザー辞書を直接編集して、単語を追加、削除、修正することもできます。

注: ユーザー辞書の編集時には、自動スペル チェックが中断されます。ユーザー辞書の修正が終わり、自動スペル チェックを再開する場合は、「[ユーザー辞書] ダイアログ ボックスを開く」の手順 2 に従って [スペル チェックと文章校正] ダイアログ ボックスを表示し、[自動スペル チェック] を選びます。

  1. [ユーザー辞書] ダイアログ ボックスを開く」の手順に従って、[ユーザー辞書] ダイアログ ボックスを開きます。

  2. 編集する辞書を選びます。

    編集する辞書のチェック ボックスをオフにしないように注意します。

  3. [編集] をクリックします。

    編集可能な文書形式でユーザー辞書が開きます。

  4. 必要な変更を行い、文書を保存します。

ページの先頭へ

ユーザー辞書に関連付けられている言語を変更する

既定では、新しいユーザー辞書を作成したときに、辞書は [すべての言語] に設定されます。すべての言語でスペル チェックを行うときに辞書を使用することを意味します。ただし、ある特定の言語のテキストのスペル チェックを行う場合のみこの辞書が使われるよう、ユーザー辞書を特定の言語に関連付けることができます。

  1. [ユーザー辞書] ダイアログ ボックスを開く」の手順に従って、[ユーザー辞書] ダイアログ ボックスを開きます。

  2. [ユーザー辞書] ダイアログ ボックスで、変更する辞書を選びます。

  3. [言語] ボックスの一覧で、辞書の使用対象とする言語を選びます。

ページの先頭へ

スペル チェックで単語を登録する既定のユーザー辞書を変更する

文書のスペル チェックを行うたびに、スペル ミスとして検出される単語をユーザー辞書に登録しておくことができます。スペル チェックを行うときに単語が登録される辞書は既定のユーザー辞書になります。

  1. [ユーザー辞書] ダイアログ ボックスを開く」の手順に従って、[スペル チェックと文章校正] ダイアログ ボックスを開きます。

  2. [スペル チェックと文章校正] ダイアログ ボックスで、ユーザー辞書の一覧から目的の辞書を選びます。

  3. [スペル チェックと文章校正] ダイアログ ボックスを閉じます。

    注: 見出しの下に辞書が 1 つしかない場合は、それが既定の辞書です。この場合、ボタンは使用できません。

次にスペル チェックを実行するときは、選択した既定のユーザー辞書が使用されます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×