Word 2016 for Mac でのスペル チェックおよび文章校正の方法の選択

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

文書にスペルや文法の間違いがあると、文書を読む人の注意がそれてしまうため、このような間違いはできるだけ削除することが望まれます。とはいえ、Word 2016 for Mac を使ってこれに対応する場合、それぞれ好みの方法があるものです。文書の終了時にまとめてスペル チェックを行うことを好む人もいれば、スペル チェックと文章校正を作業中に実行することを好む人もいます。

この記事では、作業方法に合わせて校正ツールを調整する方法について説明します。

注: スペル チェックと文章校正を行う別の言語でする方法について説明します。

ここで説明する多くの手順では、最初に校正オプションを表示する必要があります。

  1. [Word] メニューで [環境設定] をクリックします。

  2. [スペル チェックと文章校正] をクリックします。

    [文章校正] をクリックして、スペル チェックと文章校正を行うための設定を変更します。

    Word の [スペル チェックと文章校正] ダイアログ ボックスが表示されます。

    [スペル チェックと文章校正] ダイアログ ボックスでスペル チェックと文章校正に影響する設定を変更します。

オートコレクトの設定の詳細については、「自動的にスペルを修正し、文字と記号を挿入する」および「メイン辞書の単語を使用してスペルを自動的に修正する」をご覧ください。

スペル修正のオプションを表示および変更するには、最初に、「校正オプションを表示する」で説明されているように [スペル チェックと文章校正] を開く必要があります。その後で、以下に示されている設定を表示および変更できます。

注: Word でのスペル修正の設定は、すべての Office プログラムにも適用されます。

スペル チェックの設定を選択します。

[スペル チェックと文章校正] に表示されるオプションの一部は、Microsoft Office のすべてのアプリケーションに適用されます。オプションを変更するために使用するアプリケーションにかかわらず、選択する設定はすべてのアプリケーションに適用されます。

以下のオプションを選択するには、前の「校正オプションを表示する」で説明したように、[スペル チェックと文章校正] を開きます。

選択するオプション

Word での動作:

常に修正候補を表示する

スペルをチェックするときに各スペル ミスの単語の修正候補を提案します。

入力時にスペル チェックを行う

マークの単語をWord入力中には、その辞書では検索できません。詳細については、このオプションは、バック グラウンドでのスペル チェックの動作を変更する」を参照してください。

[繰り返し使われる単語にフラグを付ける]

繰り返し使われる単語を識別します。このオプションがオンの場合、たとえば "beep beep" にはフラグが付けられます。

インターネットとファイル パスのアドレスを無視する

インターネット アドレスとファイル パスの単語は無視します。 このオプションがオンの場合、たとえば次の単語は無視されます。

  • http://www.proseware.com/

  • \\proseware\public\

  • mailto:andy@proseware.com

[すべて大文字の単語は無視する]

すべて大文字の単語は無視します。 このオプションがオンの場合、たとえば "ABC" はスペル ミスとは見なされません。

数字を含む単語は無視する

数字を含む単語は無視します。 このオプションがオンの場合、たとえば "a1b2c3" はスペル ミスとは見なされません。

[メイン辞書のみ使用する]

スペル チェック プログラムに組み込まれているメイン辞書のみを使用します。 このオプションがオンの場合、文書のスペル チェックを行うと、単語の候補リストにユーザー辞書の単語が含まれません。

フランス語モード] を選択します。

すべての Microsoft Office プログラムに影響を与えるもう 1 つのオプションは、フランス語モードを選択した設定です。この設定、および他の言語のモードは、[言語の詳細設定] をクリックして使用できます。

  1. [Word] メニューで [環境設定] をクリックします。

  2. [スペル チェックと文章校正] をクリックします。

  3. [スペル チェックと文章校正] で、[言語の詳細設定] をクリックします。

    Word に言語の詳細設定が表示されます。

    [フランス語モード] の一覧表示から、フランス語のスペル チェックのルールを選択します。
  4. [フランス語モード] ボックスの一覧で、次の表で説明されているオプションのいずれかを選択します。

    オプション

    効果

    [新式のスペル]

    1990 年のスペル改編以降、フランス語学会によって推奨されるスペル規則を使用するには、このオプションを選択します。このオプションをオンにすると、この規則に従っていないスペルの単語が、スペル ミスと見なされます。また、スペル ミスに対し、スペル改編の影響を受けていない単語も含んだ新式のスペル チェック辞書の単語のみが候補として表示されます。

    [旧式のスペル

    1990 年のスペル改編以前のスペル規則を使用するには、このオプションを選択します。この設定では、これらの規則に従っていないスペルの単語が、スペル ミスと見なされます。また、スペル ミスに対し、スペル改編の影響を受けていない単語も含んだ旧式のスペル チェック辞書の単語のみが候補として表示されます。

    [旧式と新式のスペル]

    このオプションを選択すると、新式のスペルであるか旧式のスペルであるかにかかわらず、正しいスペルの単語が採用されます。また、スペル ミスに対し、新式のスペル チェック辞書と旧式のスペル チェック辞書の両方の単語が候補として表示されます。

たとえば、[旧式のスペル] をオンにして文書を編集し、「bruler」というフランス語の単語を入力すると、これは改編後のスペルであるため、スペル ミスと見なされます。 しかし、[新式のスペル] または [旧式と新式のスペル] をクリックすると、この単語はスペル ミスとは見なされません。

文書の操作中に、スペル チェック プログラムをバックグラウンドで動作して、スペル ミスを見つけることができます。 この結果、作業している下書きが完了したときに、スペル チェックの処理が短時間で済みます。 これは、特に大きな文書を扱っている場合に、時間の節約になります。

これらのオプションを表示および変更するには、最初に、校正オプションを表示する必要があります。 その後で、以下に示されている設定を表示および変更できます。

選択または入力時にスペル チェックをオフ

ほとんどの場合、[自動スペル チェック] はオンにしておきます。次の条件に該当する場合は、このチェック ボックスをオフにできます。

  • 編集しているアイテムにスペル ミス (赤の波線) を表示させたくない場合。

  • リソースの制限 (たとえば、メモリや CPU 速度の不足) のためにコンピューターの動作が遅い場合。

自動スペル チェックをオフを切り替える

  1. [Word] メニューで [環境設定] をクリックします。

  2. [スペル チェックと文章校正] をクリックします。

  3. 選択または入力時にスペル チェックをオフにします。

Word は、スペルに加えて、文章を校正する機能を備えています。文章校正オプションを表示および変更するには、最初に、校正オプションを表示する必要があります。

自動文章校正をオフを切り替える

入力しながら文法の誤りに Word で自動的にフラグを設定できます。

現在開いている文書の自動文章校正のオンとオフを切り替えるには、次の操作を行います。

  1. [Word] メニューで [環境設定] をクリックします。

  2. [スペル チェックと文章校正] をクリックします。

  3. 選択または入力時に文章校正をオフにします。

一度にまとめて行う文章校正を有効にします。

  • スペル チェックを一度にまとめて行う場合に文章校正も行うには、[文章校正とスペル チェックを一緒に行う] をオンにします。

読みやすさの統計情報を表示します。

  • 一括スペル チェックが終了した後で読みやすさの統計を表示する場合は、[文書の読みやすさを評価する] を選択します。

2 つのオプションのいずれかを選択するには、[文書のスタイル] メニューから:文章校正とスタイルまたは文章校正を行うだけです。表示または文書チェックと文章校正を使用して文章校正とスタイルのルールの種類を変更する場合は、[設定] をクリックします。詳細については、文法と文書のスタイルのオプションを選択するを参照してください。

注: これらの設定に加える変更は、現在操作しているアイテムだけでなく、編集するすべてのアイテムに適用されます。

フィードバックやスペル チェックと文章校正機能についての推奨事項がある場合は、次のとおりに投稿してください。

関連項目

文法と Word 2016 for Mac 文書のスタイルのオプションを選択します。

別の言語でスペル チェックと文章校正を行う

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×