Word について

Word 2016 で文書を保存する

Word 2016 で文書を保存する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

文書を保存して使用する予定によって異なります。どこからでもドキュメントにアクセスなど、他のユーザーと共有をリアルタイムに、他のユーザーと共同作業は保存できますオンラインします。保存する方法、ですか。決定するためのいくつかのヒントを紹介します。

  • 同僚が使用する文書の場合は、OneDrive for Business や SharePoint チーム サイトの場所を使用します。

  • プライベート ドキュメントのみが表示されるか、友人や家族と共有するの個人用の OneDrive フォルダーを選択します。

  • 現在使用しているコンピューター上だけで文書を使用する場合は、そのコンピューターのフォルダーに保存します。

    Word 2016 の保存オプション

文書を保存する場所を決める

ヘルプを保存] をクリックして次の表を使用して文書内の場所。

保存場所

使用目的

OneDrive - 組織

後からチームや組織外のパートナーと共有する可能性があるビジネス文書を保存します。 共有オプションを使用すると、文書を表示または編集できるユーザーを選ぶことができます。

サイト - 組織

チームと共有するビジネス文書を保存します。 非公開にしておくには、他のユーザーと共有されていないライブラリに保存します。

OneDrive - 個人用

非公開にしておく、または友達や家族と共有する個人用文書を保存します。

この PC

お使いのコンピューター上のフォルダーにドキュメントを保存します。[この PC] を選択し、フォルダーを選択します。

場所の追加

新しいオンラインの場所を追加します。場所の追加] を選択し、をタップし、またはOffice 365 の SharePointまたはOneDriveを選択します。

さらに詳しく

PDF に保存または変換する

ファイルの保存場所、共有、同期方法について学習する

Office 2016 クイック スタート ガイド

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×