Word 2013 の基本的な作業

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Word 2013 は、高品質な文書を作成できるように設計された文書処理プログラムです。Word を使うと、より効率的に情報を整理して文書を作成できます。

Word 2013 で文書を作成するには、まず初めに白紙の文書かテンプレートのどちらかを選びます。テンプレートを使うと、作業の大半を省くことができます。その後、文書を作成したり、共有したりするときの基本的な手順は同じです。また、編集ツールや校閲ツールを使うと、他のユーザーと連携して文書の完成度を高めることができます。

ヒント: 初めて文書を作成する方のためのトレーニング コースについては、「Word 2013: 初めての文書作成」を参照してください。Word 2013 の新機能の詳細については、「Word 2013 の新機能」を参照してください。

テンプレートを選ぶ

多くの場合を簡単に空白のページで開始するのではなく、テンプレートを使用して新しい文書を作成するはできます。Word のテンプレートは、テーマ、スタイルを使用する準備が整いました。実行する必要があるは、コンテンツを追加するだけです。

Word 2013 を起動するたびに、ギャラリーからテンプレートを選んだり、カテゴリをクリックしてテンプレートを表示したりできます。また、その他のテンプレートをインターネット上で検索することもできます (テンプレートを使わない場合は [白紙の文書] をクリックします)。

Word のスタート画面

テンプレートの詳細を確認するには、テンプレートをクリックして大きなプレビューを開きます。

ページの先頭へ

文書を開く

Word を起動するたびに、左側の列に最近使った文書の一覧が表示されます。探している文書が見つからない場合は、[他の文書を開く] をクリックします。

その他の文書

既に Word を起動している場合は、[ファイル]、[開く] の順にクリックして、ファイルの場所を参照します。

以前のバージョンの Word で作成したドキュメントを開くときに、文書ウィンドウのタイトル バーに互換モードを参照してください。その他の互換性に作業できるまたは、新規または Word 2013 の拡張機能を使用する文書をアップグレードすることができます。詳細については、以前のバージョンの Word で文書を開くを参照してください。

ページの先頭へ

文書を保存する

初めて文書を保存する場合は、次の操作を行います。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [名前を付けて保存] をクリックします。

  3. 文書の保存先を参照します。

    注: 文書をパソコンに保存するには、[コンピューター] でフォルダーを選ぶか、[参照] をクリックします。文書をインターネット上に保存するには、[場所] で保存先を選ぶか、[場所の追加] で場所を追加します。ファイルがインターネット上にある場合は、リアルタイムで共有、提案や意見の提出、共同作業を行うことができます。

  4. [保存] をクリックします。

    注: 保存するファイルの形式は自動的に .docx 形式になります。文書を .docx 以外の形式で保存するには、[ファイルの種類] ボックスの一覧をクリックし、希望のファイル形式を選びます。

文書を保存して作業を続ける場合は、クイック アクセス ツール バーの [上書き保存] をクリックします。

クイック アクセス ツール バーの [保存]

ページの先頭へ

文書を読む

閲覧モードで文書を開くと、ほとんどのボタンとツールが非表示になるため、気を散らさずに集中して読むことができます。

閲覧モード

  1. 読みたい文書を開きます。

    注: 保護された文書、添付ファイルなどの一部の文書は、自動的に閲覧モードで開かれます。

  2. [表示]、[閲覧モード] の順にクリックします。

  3. 文書内の別のページに移動するには、次のいずれかの操作を行います。

    • ページの左右にある矢印をクリックします。

    • キーボードの PageDown キーまたは PageUp キーを押すか、Space キーまたは BackSpace キーを押します。矢印キーまたはマウスのスクロール ホイールを使うこともできます。

    • タッチ デバイスを使っている場合は、指で左か右へスワイプします。

      ヒント: 文書をもう一度編集するには、[表示]、[文書の編集] の順にクリックします。

ページの先頭へ

変更履歴の記録

文書を共同で作成している場合も、自分だけで編集している場合も、[変更履歴の記録] をオンにするとすべての変更を確認できます。追加、削除、移動、書式設定の変更が、すべて記録されます。

  1. 校閲する文書を開きます。

  2. [校閲]、[変更履歴の記録] の順にクリックし、[変更履歴の記録] を選びます。

変更履歴の記録

詳細については、「変更履歴の記録」または「変更履歴とコメントを削除する」を参照してください。

ページの先頭へ

文書を印刷する

印刷後の文書の見た目の確認、印刷オプションの設定、そして印刷は、すべて 1 か所で行うことができます。

Backstage ビューでの印刷

  1. [ファイル] タブをクリックし、[印刷] をクリックします。

  2. 次の操作を行います。

    • [印刷] の [部数] ボックスに、印刷する部数を入力します。

    • [プリンター] で、使用するプリンターが選択されていることを確認します。

    • [設定] では、そのプリンターの通常の印刷設定が自動的に選択されています。設定を変更するには、変更する設定をクリックし、新しい設定を選びます。

  3. 設定が終了したら、[印刷] をクリックします。

詳細については、ドキュメントを参照してください。

この後の作業

目次を作成文書をテンプレートとして保存すると、または複数のドキュメントのコピーを印刷して、この後の文書で作業移動します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×