Word 2010 で廃止、変更される機能

Microsoft Office Word 2007 や以前のバージョンの Microsoft Word を使い慣れている場合、Microsoft Word 2010 で廃止または変更された機能については、次の一覧を参照してください。

  • 自動要約    タイトル、サブタイトル、作成者、キーワード、およびコメントを表示する自動要約機能は Word 2010 では使用できません。文書に要約を挿入した場合、その要約はそのまま維持されます。要約表示で文書を保存しても、同じ文書を次回に開く場合、表示は異なります。

  • [クリップ アート] 作業ウィンドウ    [クリップ アート] 作業ウィンドウの一部が変更されています。

    • [探す場所] ボックス    [探す場所] ボックスは使用できなくなりました (つまり、検索を特定のコンテンツのコレクションに制限できなくなりました)。検索を絞り込むには、[検索] ボックスで複数の検索用語を使用します。

    • [クリップの整理] リンク    [クリップの整理] リンクは使用できなくなりました。Windows 7、Windows Vista、または Windows XP から Microsoft クリップ オーガナイザーを開くには、Windows の [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム] をポイントします。次に、[Microsoft Office] をポイントし、[Microsoft Office 2010 ツール] をポイントして、[Microsoft クリップ オーガナイザー] をクリックします。

  • クリップ オーガナイザー    Microsoft Office プログラムの [クリップ アート] 作業ウィンドウから直接クリップ オーガナイザーにアクセスすることはできなくなりました。また、クリップ オーガナイザーで次の変更が行われました。

    • 自動整理    コンピューター上のメディア ファイルを自動的に検索し、コレクションに整理するコマンドはなくなりました。ただし、クリップ オーガナイザーにクリップを手動で追加したり、スキャナーまたはカメラからクリップをインポートしたりすることはできます。

    • 電子メール受信者に添付ファイルとして送信    電子メール メッセージでクリップを添付ファイルとして送信するためのコマンドは使用できなくなりました。

    • コレクションから削除    クリップ オーガナイザーからクリップを削除することはできますが、特定のコレクションからクリップを削除できなくなりました。

    • 同様のスタイルを検索する    同様のスタイルのクリップを検索できるコマンドは使用できなくなりました。

    • リスト ビューと詳細ビュー    リスト ビューと詳細ビューは使用できなくなりました。代わりに、すべてのクリップが [クリップ オーガナイザー] ウィンドウに縮小表示されます。

  • 見出しマップ    見出しマップは、Word 2010 ではナビゲーション ウィンドウに変更されました。ナビゲーション ウィンドウでは、ウィンドウ内の見出しに変更履歴のマークが表示される機能を除き、見出しマップのすべての機能がサポートされます。

  • ドキュメント ワークスペース    Word 2010 では、ドキュメント ワークスペースを使用できなくなりました。代わりに、Word では、Microsoft SharePoint Foundation 2010 サイトに保存されているドキュメントの同時編集がサポートされます。

  • エンカルタ百科事典のリサーチ サービス    エンカルタ百科事典のリサーチ サービスを使用できなくなりました。照会を実行しても、結果は返されません。

  • 一太郎コンバーター    [ファイルを開く] ダイアログ ボックスの [ファイルの種類] の一覧で、日本語版のコンバーターを使用できなくなりました。今後、Office.com ダウンロード センターで別個にダウンロードできるようになる可能性があります。

  • レター ウィザード    日本語版の Word ではレター ウィザードを使用できなくなりました。ウィザードで使用されていた 3 種類のテンプレートは、Office.com で入手できるようになる予定です。

  • Microsoft Works データベースを使用する差し込み印刷    Microsoft Word 2010 では、Microsoft Works データベースを使用する差し込み印刷を実行できません。Works からデータをエクスポートし、差し込み印刷用の新しいデータ ソースとしてインポートすることはできます。

  • メモ ウィザード    日本語版の Word ではメモ ウィザードを使用できなくなりました。ウィザードで使用されていた 3 種類のテンプレートは、Office.com で入手できるようになる予定です。

  • Microsoft Office Document Imaging (MODI)    Word 2010 では、MODI を使用できなくなりました。ただし、別個の 32 ビット版 TIF コンバーターを Web からダウンロードできるようになる予定です。Word 2010 のインターネット FAX 機能では、固定ファイル形式を生成するために XPS プリンター ドライバーを使用します。

  • OASYS コンバーター    [ファイルを開く] ダイアログ ボックスの [ファイルの種類] の一覧で、日本語版のコンバーターを使用できなくなりました。

  • 印刷プレビュー    以前のバージョンの Word にあった印刷プレビュー機能は、Microsoft Office Backstage ビューの [印刷] 領域のプレビュー機能に変更されました。

  • [リサーチ] ウィンドウ    Windows Internet Explorer 7 では、[リサーチ] ウィンドウを使用できなくなりました。このため、Microsoft Word 2010 で Alt キーを押しながらクリックしても、ブラウザーの [リサーチ] ウィンドウは開きません。

  • RTF ファイル形式    文書をリッチ テキスト形式 (RTF ファイル形式) で保存すると、Word 2010 の機能が失われます。

  • [ライブラリの検索] ボタン    Word 2007 で [引用文献の挿入] の下に表示された [ライブラリの検索] ボタンは Word 2010 では使用できなくなりました。

  • 操作タグ    テキストが自動認識され、紫色の点線で表示されなくなりました。代わりに、テキストを選択し、右クリックして表示されるショートカット メニューの [追加アクション] をクリックすることで、さまざまなアクションを実行できます。また、Outlook の連絡先に基づいていた個人情報操作タグも使用できなくなりました。この機能は、Office Communicator の連絡先に基づいて個人を識別するアクションに変更されました。

  • 表の見出し機能    表の見出し機能は、中国語 (簡体字)、中国語 (繁体字)、および韓国語では使用できなくなりました。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×