Word 2003 から Word 2010 へのアップグレードによる新機能

Microsoft Word 2010 は、Word 2003 から数えて 2 つ後のバージョンです。すぐ後のバージョンは Word 2007 です。これらの新しいバージョンのプログラムには、広範な Word の機能すべてに対するアクセス性が向上するように設計されたユーザー インターフェイスの重要な変更に加え、役に立つ多くの新機能が用意されています。

ここでは、Microsoft Word 2003 以降の Word の変更の概要について説明します。これらの変更に関するダウンロード可能なガイドについては、「Word 2003 から Word 2010 へ移行する」を参照してください。

What do you want to do?

より効率的により多くの作業を行う

他のユーザーと安全に共同作業する

従来の文書の常識をくつがえす

作業の損失を回避する

より効率的により多くの作業を行う

Word 2010 の新しい Office Fluent ユーザー インターフェイスの外観は Word 2003 のユーザー インターフェイスと大きく異なります。メニューとツール バーはリボンと Backstage ビューに置き換えられました。Word を初めて使用するユーザーの場合、インターフェイスを非常に直観的に操作できます。操作に慣れたユーザーの場合は、インターフェイスを少し学習し直す必要があります。Office Fluent ユーザー インターフェイスには、Microsoft Office アプリケーションを有効活用して、より優れた結果をよりすばやく出すことができるという利点があります。

以前のメニューやツール バーの知識を活かすためのインタラクティブ ガイドについては、「Office 2010 でのメニューやツール バー コマンドの場所」を参照してください。

リボンを使用して必要なコマンドを見つける

Office Fluent ユーザー インターフェイスのコンポーネントである新しいリボンでは、ツールがタスクごとにグループ分けされており、頻繁に使用するコマンドにすばやくアクセスできます。Word 2010 では、よく使用するコマンドが一緒に表示されるようにリボンをカスタマイズすることもできます。

Word 2010 のリボン

タブはタスク別に構成されています。

各タブのタスクは、いくつかのサブタスクにグループ分けされています。

各グループのコマンド ボタンをクリックすると、コマンドが実行されるか、またはコマンドのメニューが表示されます。

新しい結果指向の Office Fluent ユーザー インターフェイスでは、必要なツールが必要なときに、わかりやすく整理された形で表示されます。

  • 定義済みのスタイル、表書式、リスト書式、グラフィック効果などのギャラリーから必要な書式を選択することによって、作業時間を節約し、Word の優れた機能のさまざまな利点を活用できます。

  • Fluent ユーザー インターフェイスの採用によって、文書に書式を適用するときに試行錯誤を繰り返す必要がなくなりました。ギャラリーで選択した書式を実際に適用する前に、その書式を適用した場合の文書のしあがりをプレビューすることができます。

    You can use Office Labs の Search Commands (英語) to quickly find commands in Word 2010.

Backstage ビューで文書を処理する

Microsoft Office Backstage ビューでは、ファイルの "中" での操作を除くすべての操作をファイルに "対して" 実行することができます。Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイスの最新機能であり、リボンと連携する機能である Backstage ビューは、ファイルを管理する場所です。文書の作成や保存だけでなく、文書に非表示のメタデータや個人情報が含まれているかどうかの検査や、オプションの設定を行うことができます。Backstage ビューで、ファイルのプレビューと印刷を実行できます。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

詳細については、「Backstage ビューについて」を参照してください。

新しい文書ナビゲーション ウィンドウと検索機能を使用して長い文書内を検索する

Word 2010 では、長い文書内をすばやく検索できます。見出しをコピーして貼り付ける代わりに、ドラッグ アンド ドロップするだけで、文書を簡単に再構成できます。入力と同時に検索する機能を使用して内容を検索できるため、検索対象を正確に把握する必要がありません。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

詳細については、「Word 2010 の新機能」を参照してください。

OpenType 機能を使用して文字を微調整する

Word 2010 では、さまざまな合字の設定、好みのスタイル セットと数値書式など、文字の詳細な書式設定機能がサポートされます。多くの OpenType フォントでこれらの新機能を使用することにより、さらに洗練された文字の表現を実現できます。

合字を使用した文字

標準文字

合字を適用した文字

詳細については、「[フォント] ダイアログ ボックスの OpenType オプション」を参照してください。

コンテンツに関するその他の新機能の詳細については、「Word 2010 の新機能」を参照してください。

マウスを数回クリックするだけで書式設定済みの文書要素を追加する

Word 2010 では、文書パーツを使用して書式設定済みのコンテンツを文書に追加できます。また、文書パーツを使用すると頻繁に使用するコンテンツを再利用できるため、作業時間が短縮されます。

  • 論文やレポートなどの特定のテンプレートに基づいて文書を作成する場合、書式設定済みの表紙、引用文、ヘッダーやフッターをギャラリーから選択して、洗練された外観の文書を作成できます。

  • 書式設定済みのコンテンツをカスタマイズする必要がある場合や、法律関連の文章や顧客向けの問い合わせ先情報などの特定のコンテンツを組織で繰り返し使用する場合は、独自の文書パーツを作成しておけば、ギャラリーからシングルクリックで選択できます。

インパクトのあるグラフィックでより効果的に目的を伝える

新しいグラフや図の機能を使って、3-D 図形、透過性、影付きなどの効果を追加できます。

画像にアート効果を追加する

Word 2010 では、高度な "アート" 効果を図に適用することで、図をデッサン、線画、または油絵のように見せることができます。他の写真編集プログラムを使用しなくても、簡単に画像を加工することができます。

その他の強化されたグラフィック機能は次のとおりです。

  • 図の修整機能を使用すると、画像を微調整できます。

  • 図から背景などの不要な部分を自動的に取り除くことができます。

  • スクリーンショットを作成して、文書に画像を簡単に組み込むことができます。

Word 2010 における図の操作の詳細については、「Word 2010 の新機能」を参照してください。

文書の見た目と雰囲気を瞬時に変更する

スタイルを使用すると、文書の主な要素 (見出し、タイトル、サブタイトルなど) の書式をすばやく設定できます。スタイルは、フォント名、サイズ、色、段落の配置、間隔などの書式設定のセットです。スタイルを使用して書式を適用すると、長い文書の書式設定を簡単に変更できます。たとえば、文書内のすべての見出しの書式設定を変更する代わりに、単に 1 つの見出しスタイルを変更するだけで済みます。

スタイル定義はスタイル セットおよびテーマ設定と連携して、まとまりのある本格的なデザインの組み合わせを多数提供します。スタイル セットとテーマ設定を使用することにより、文書全体の文字、表、およびグラフィックの外観をすばやく変更し、好みのスタイルや配色にすることができます。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

数式を追加する

Word 2010 では、数学記号および数式を文書に非常に簡単に挿入できるようになりました。[挿入] タブを表示し、[数式] をクリックして、組み込みの数式のギャラリーから選択します。[数式ツール] コンテキスト タブを使用して数式を編集します。

スペル ミスを簡単に回避する

だれかに見せるために作成した文書の中にスペル ミスがあると、肝心な内容を評価してもらえなかったり、プロとしての信頼を損なうおそれがあります。スペル チェックの新機能を活用すれば、文書を公開するときの安心感が高まります。

Office 2007 の Microsoft Office system アプリケーション間で、スペル チェック機能の一貫性が向上しました。次のような点が変更されました。

  • 一部のスペル チェック オプションは Office アプリケーションで共通になりました。ある Office アプリケーションでこれらのオプションを変更すると、そのオプションは他のすべての Office アプリケーションでも変更されます。詳細については、「スペル チェックと文章校正の方法を選択する」を参照してください。

  • 同じユーザー辞書を共有するだけでなく、すべてのアプリケーションで同じダイアログ ボックスを使用してユーザー辞書を管理できます。詳細については、「ユーザー辞書を使用して単語をスペル チェック機能に追加する」を参照してください。

スペル チェックを使用して、文脈に応じてスペル ミスを検索し、マークを付けることができます。たとえば、「 I will see you their. 」のような種類のスペル ミスは、Word 2010 では、[文脈に応じたスペル チェックを行う]をオンにすることによって、検出して修正することができます。このオプションは、英語、ドイツ語、またはスペイン語の文書のスペル チェックを行うときに使用できます。詳細については、「スペル チェックと文章校正の方法を選択する」を参照してください。

スペル チェックと文章校正は、作成する文書のうち一部だけ無効にすることも、すべてについて無効にすることもできます。

場所を選ばずに Word で作業する

Word 2010 では、使い慣れた Word の機能をどこでも必要な場所で利用できます。Word 文書の豊富な情報を損なうことなく、ブラウザーや携帯電話から文書を表示、移動、および編集できます。

Word を使用していないときでも、文書を Web サーバー上に保存し、Word Web App を使用して文書をブラウザーで開くことができます。文書を表示できるだけでなく、編集することもできます。

詳細については、「Word Web App の概要」を参照してください。

ページの先頭へ

他のユーザーと安全に共同作業する

Word 2010 を使用すると、より効率的かつ安全に、仕事仲間と共同作業を行うことができます。複数の作成者が Word 内で同じ文書を同時に作業できます。文書のコピーを電子メールの添付ファイルとして送信する必要はありません。また、文書の下書きを送信する場合は、その変更内容とコメントを効率的に収集および管理できます。文書を公開する準備が整ったら、公開後の文書に未解決の変更履歴やコメントが残ってしまうことがないように、Word 2010 を使用して公開前に確認できます。

同じ文書で同時に作業する

Word 2010 では、Word 内で直接共同作業を行うことができます。電子メールの添付ファイルで送信したり、下書きの文書を TSP_final_2_FINAL.docx などの名前で保存する必要はありません。文書を開き、作業を開始するだけで済みます。共同作業をしている他のユーザー、およびそのユーザーが編集している場所を確認できます。

共有文書を開くと、その文書をオフラインで変更できるように文書が自動的にキャッシュされ、オンラインに戻ったときに変更が自動的に同期されます。オフィスから離れて作業する必要がある場合、ローカル コピーを保存したり、オフィスに戻ったときに変更をサーバーの文書に手動でまとめたりする必要はなくなりました。

複数の作成者が 1 つの文書を同時に編集し、各作成者の変更内容と同期を維持できます。作成者は、文書で作業している間、その文書領域へのアクセスを禁止できます。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

文書内の非表示のメタデータおよび個人情報を検索して削除する

文書を他のユーザーと共有する前に、ドキュメント検査機能を使用して、文書に含まれている非表示のメタデータ、個人情報、またはコンテンツを確認できます。ドキュメント検査では、コメント、バージョン、変更履歴、インク注釈、文書のプロパティ、ドキュメント管理サーバーの情報、非表示の文字列、カスタム XML データ、ヘッダーやフッターの情報などの情報を検索して削除できます。ドキュメント検査を実行すると、他のユーザーと共有する文書に、非表示の個人情報や組織が公開したくない非表示のコンテンツが含まれないようにすることができます。さらに、ドキュメント検査を組織に合わせてカスタマイズして、チェックする非表示のコンテンツの種類を追加することもできます。

詳細については、「ドキュメントを検査して非表示のデータと個人情報を削除する」を参照してください。

文書にデジタル署名または署名欄を追加する

文書にデジタル署名を追加することによって、文書の真正性、整合性、および発行元を保証することができます。Word 2010 では、文書に非表示のデジタル署名を追加するか、Microsoft Office 署名欄を挿入してデジタル署名と共に視覚的な署名を取り込むこともできます。

Office 文書で署名欄を使用してデジタル署名を取り込むことができるので、組織では契約書などの文書についてペーパーレスの署名プロセスを実現できます。紙の文書の署名とは異なり、デジタル署名は実際に署名された内容の正確な記録となり、後で署名を検証することもできます。

Word 文書を PDF または XPS 形式に変換する

Word 2010 では、次の形式へのファイルのエクスポートがサポートされています。

  • Portable Document Format (PDF): PDF は、ドキュメントの書式を保持したまま、ファイルの共有を可能にする固定レイアウトの電子ファイル形式です。PDF 形式では、ファイルをオンラインで表示したり、印刷したりするときに、作成者の意図したとおりの書式が保持され、ファイルのデータを簡単に変更することはできません。PDF 形式は、業務用印刷でドキュメントを再現する場合にも適しています。

  • XML Paper Specification (XPS): XPS は、ドキュメントの書式を保持したまま、ファイルの共有を可能にする電子ファイル形式です。XPS 形式では、ファイルをオンラインで表示したり、印刷したりするときに、作成者の意図したとおりの書式が保持され、ファイルのデータを簡単に変更することはできません。

詳細については、「PDF 形式または XPS 形式で保存する」を参照してください。

危険性のある文書を識別および管理する

Office 2010 では、インターネットなどの安全性に不安のある場所から取得したファイルは保護されたビューで開かれます。保護されたビューでは、文書は他の読み取り専用ビューと同じように表示されます。保護されたビューでは、文書の内容を閲覧し、さまざまな情報を考慮した上で意思決定してから、ファイルを信頼するかどうか選択できます。

文書の最終版への変更を防止する

最終版の文書を他のユーザーと共有する前に、[最終版にする] コマンドを使用して、文書を読み取り専用にし、共有している文書が最終版であることを他のユーザーに通知することができます。最終版の状態になっている文書では、入力操作、編集コマンド、および校正マークが無効になるため、文書の閲覧者が誤って文書を変更することを防止できます。ただし、[最終版にする] コマンドはセキュリティ機能ではありません。最終版の状態になっている文書は、[最終版にする] をオフにすることによって、だれでも編集できるようになります。

ページの先頭へ

従来の文書の常識をくつがえす

コンピューターやファイルが相互に接続されている環境では、サイズが小さく堅牢で、幅広いプラットフォームに対応するファイル形式で文書を保存することが、今まで以上に重要視されてきています。このニーズに応えるため、2010 Office リリースでは、一歩先に進んだ新しい XML サポートを実現しました。新しく導入された XML ベースのファイル形式では、Word 2010 のファイルをより小さいサイズで安全に保存でき、情報システムや外部データ ソースとも密接に統合できます。

ファイル サイズを縮小して破損ファイルの復旧を改善する

新しい Word XML 形式は、セグメント化された圧縮ファイル形式のため、サイズが以前と比べて大幅に小さく、損傷または破損したファイルも簡単に復旧できます。

XML 形式の利点の詳細については、「Open XML Formats とファイル名拡張子」を参照してください。

文書をビジネス情報に接続する

日常業務の中で、文書を作成して重要なビジネス データに接続する場合があります。この通信プロセスを自動化することで、時間を節約できるうえ、エラーが発生する危険を減らすことができます。新しいドキュメント コントロールとデータ バインドを使ってバックエンド システムに接続し、必要時に自動更新するスマートな文書を作成しましょう。

ドキュメント情報パネルで文書のプロパティを管理する

ドキュメント情報パネルを使用すると、Word 文書での作業中に、文書のプロパティを簡単に表示して編集できます。ドキュメント情報パネルは、Word の文書の上部に表示されます。ドキュメント情報パネルを使用してサーバー文書のプロパティを編集し、更新したプロパティをサーバーに直接保存できます。

たとえば、文書の編集状態を記録管理しているサーバーがあるとします。ある文書の最後のしあげを行った場合、ドキュメント情報パネルを開いて、その文書の編集状態を "下書き" から "最終版" に変更できます。この文書をサーバーに保存するときに、変更した編集状態がサーバー側にも反映されます。

文書のテンプレートを Microsoft Windows SharePoint Services 3.0 サーバーのライブラリに保存する場合、そのテンプレートに関する情報を格納したカスタム プロパティもライブラリに保存されることがあります。たとえば、組織内でライブラリ内の文書を分類するために、分類プロパティの指定が必須となっている場合などが考えられます。このような場合も、ドキュメント情報パネルを使って、該当するプロパティを直接 Word から編集できます。

ページの先頭へ

作業の損失を回避する

Microsoft Office 2010 では、Word 2010 で問題が発生した場合、または誤って文書を保存せずに閉じた場合に、作業内容を回復するためのツールが強化されています。

Office 診断プログラム

Microsoft Office 2010 をセットアップする際に、システムの問題を Microsoft が診断できるようにするファイルのダウンロードを許可するかどうかを選択できます。この設定は、任意の Microsoft Office アプリケーションのセキュリティ センターでいつでも有効または無効にすることが可能であり、変更はすべての Office アプリケーションに適用されます。Microsoft Office 診断プログラムは、次の Microsoft Office 2003 の機能に代わるものです。

  • アプリケーションの自動修復

  • Microsoft Office アプリケーションの回復

詳細については、「Office 診断プログラムの設定を変更する」を参照してください。

保存されていない作業を回復する

ファイルを保存せずに閉じたり、既に作業しているファイルの以前のバージョンを確認したり以前のバージョンに戻したりする必要がある場合、Word 文書を簡単に回復できるようになりました。Word 2003 と同じように、自動回復を有効にすると、ファイルへの作業中に指定した間隔でその時点のバージョンが保存されます。

新機能では、ファイルを保存せずに誤って閉じた場合に最後に自動保存されたバージョンのファイルを保持できるので、次回そのファイルを開くときに簡単に回復できます。また、ファイルへの作業中に、Microsoft Office Backstage ビューから自動保存されたファイルの一覧にアクセスできます。

自動回復を有効にする方法の詳細については、「Office 2010 で未保存のバージョンを回復する」を参照してください。

自動保存された文書を復元する方法の詳細については、「Backstage ビューから以前のバージョンのファイルを復元する」を参照してください。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×