Word 文書を InfoPath フォーム テンプレートに変換するためのオプション

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

InfoPath のインポート ウィザードを使用すると、Microsoft Office Word 文書を Microsoft Office InfoPath フォーム テンプレートに変換できます。Word 文書を InfoPath にインポートするためのオプションを変更するには、[インポート オプション] ダイアログ ボックスの設定を使用します。

[インポートするアイテムを選択してください。]

[レイアウトのみ]     Word 文書をインポートするときにレイアウトのみを保持し、Word のフォーム フィールド (ある場合) は保持しない場合、このオプションをクリックします。

[レイアウトとフォームのフィールド (既定の変換)]     既定の設定を使用して Word 文書をインポートするときにレイアウトを保持し、既定の設定を使用して Word のフォーム フィールドとその他の要素をさまざまな InfoPath のコントロールに変換する場合、このオプションをクリックします。

[レイアウトとフォームのフィールド (カスタム変換)]     Word 文書をインポートするときにレイアウトを保持する場合、このオプションをクリックします。次に、[カスタム変換の設定] で詳細なオプションを選択します。

[カスタム変換の設定]

[Word のフォーム フィールドを InfoPath のコントロールに変換する]     Word 文書のテキスト ボックス、チェック ボックス、およびドロップダウン リスト ボックスを、生成される InfoPath フォーム テンプレートの対応する種類のコントロールに変換する場合、このチェック ボックスをオンにします。たとえば、Word 文書にチェック ボックスが含まれている場合、生成されるフォーム テンプレートにもチェック ボックスが含まれます。

繰り返しテーブルを認識します。    Word 文書内でのテーブルを作成された InfoPath フォーム テンプレートの繰り返しテーブルに変換する 2 つ以上の同じ行にする場合は、このチェック ボックスをオンにします。Word 文書に複数の隣接する行で同じテキストが含まれている場合、それらの行は、大文字の設定に関係なく、同じ行と見なされます。たとえば、3 つのセルの横にある場合は、行が含まれます単語には繰り返し、および単一の家族の場合は、それらの行が同じ行と見なされます。繰り返しテーブルを作成するには、InfoPath には、Word 文書内のテーブルに存在していた空の行の数が保持されます。

[リッチ テキスト領域を検出する]     Word 文書の下線付きの複数行を、生成される InfoPath フォーム テンプレートのリッチ テキスト ボックスに変換する場合、このチェック ボックスをオンにします。

[テキスト ボックスに変換]

変換プロセスをカスタマイズするには、次のオプションを使用します。これらのオプションを使用できるのは、[レイアウトとフォームのフィールド (カスタム変換)] をクリックした場合だけです。

、空の領域の下線付き     このチェック ボックスを空にする場合の下線付きで作成された InfoPath フォーム テンプレートのテキスト ボックスに変換する Word 文書に含まれる領域を選択します。変換は、ドキュメントには、次の 3 つ以上のアンダー スコア (_) の文字が含まれている場合にも機能は、行でします。

[コロンの後の空白]     Word 文書のコロンの後の空白を、生成される InfoPath フォーム テンプレートのテキスト ボックスに変換する場合、このチェック ボックスをオンにします。この変換は、コロンの後に実線のリーダー文字が付いたタブ位置が含まれている場合、またはコロンの後に 3 つ以上の連続するアンダースコア (_) 文字が含まれている場合にも機能します。

[表の空のセル]     4 つの辺すべてに罫線の書式が適用されている Word 文書の空のセルを、生成される InfoPath フォーム テンプレートのテキスト ボックスに変換する場合、このチェック ボックスをオンにします。

[ラベル テキストを含む表のセル]     左上隅 (右から左言語の場合は右上隅) にラベルがある Word 文書の表のセルを、生成される InfoPath フォーム テンプレートのテキスト ボックスに変換する場合、このチェック ボックスをオンにします。

[空白を複数含む大かっこ [ ]]     Word 文書の大かっこで囲まれた複数の空白またはタブ [   ] を、生成されるフォーム テンプレートのテキスト ボックスに変換する場合、このチェック ボックスをオンにします。大かっこの間にテキストがある場合、そのテキストは InfoPath フォーム テンプレートのプレースホルダ テキストに変換されます。大かっこの間に改行またはページ区切りがある場合、または大かっこの間に 60 文字以上ある場合は、大かっこはテキスト ボックスに変換されません。

[チェック ボックスに変換]

[空白を 1 つ含む大かっこ [ ]]     Word 文書の大かっこで囲まれた 1 つの空白 [ ]、または大かっこで囲まれた下線付きの空白 [_] を、生成される InfoPath フォーム テンプレートのチェック ボックスに変換する場合、このチェック ボックスをオンにします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×