Word 文書でコンテンツ文書パーツ​​を作成して使用する

文書パーツと呼ばれる、あらかじめ設計されたテキストと書式設定のさまざまなパーツは、Word で利用でき、簡単に挿入できます。文書パーツ ギャラリーは、Word で利用できます。文書パーツには、あらかじめ書式設定されたヘッダー、フッター、ページ番号、テキスト ボックス、表紙、透かし、クイック表作成、目次、文献目録、演算式が含まれます。組み込みの文書パーツを有効にすると、文書のテーマを変更した場合、書式設定が文書パーツ ギャラリーにあっても自動的に更新されるようになります。必要に応じて、文書パーツのエントリをカスタマイズできます。また、ユーザー設定の文書パーツを作成したり、作成した文書パーツを関連するギャラリーに追加したりできます。

この記事の内容

文書パーツを見つける

既存の文書パーツを挿入する

新しい文書パーツを作成する

文書パーツのプロパティを変更する

文書パーツを削除する

文書パーツを見つける

さまざまなギャラリー (すべてではありませんが、ほとんどのものは、[挿入] タブにあります) を参照すると、たくさんの文書パーツを見つけることができます。また、文書パーツ オーガナイザーを開くと、一度に全部のコレクションが表示されます。文書パーツ オーガナイザーは、[挿入]、[クイック パーツ] の順にクリックすると見つかります。

文書パーツ オーガナイザー

文書パーツ ギャラリーを閲覧して文書パーツを探すことも可能ですが、文書パーツ オーガナイザーですばやく見つけることができます。表紙やヘッダーなどの文書パーツを右クリックして、[整理と削除] をクリックします。文書パーツ オーガナイザーが自動的に開き、目的のエントリが選択されています。

ページの先頭へ

既存の文書パーツを挿入する

目的のギャラリー ([挿入] タブにあるテキスト ボックス ギャラリーなど) で文書パーツをクリックすると、文書に文書パーツを挿入できます。

Word の文書パーツ ギャラリーには、次のものがあります。

表紙ギャラリー

文献目録ギャラリー

フッター ギャラリー

透かしギャラリー

または、文書パーツ オーガナイザーを使用して、文書パーツを文書でプレビュー表示したり、挿入したりできます。この操作を行うには、[挿入]、[クイック パーツ]、[文書パーツ オーガナイザー] の順にクリックします。

[クイック パーツ] メニューで [文書パーツ オーガナイザー] を選択

注: キーボードを使用して文書パーツを挿入する場合、文書で文書パーツの名前を入力し、F3 キーを押します。

文書パーツ ギャラリーをクイック アクセス ツールバーに追加できます。この操作を行うには、[リボン] の [ギャラリー] ボタンを右クリックし、[クイック アクセス ツールバーに追加] をクリックします。表紙ギャラリー、目次ギャラリー、クイック表作成ギャラリーなど、一部の文書パーツ ギャラリーには、ショートカット メニューで追加のコマンドが含まれます。たとえば、表示ギャラリーで文書パーツを右クリックすると、[文書の先頭に挿入]、[作業中の文書の位置に挿入]、[セクションの先頭に挿入]、[セクションの最後に挿入]、[文書の最後に挿入] が表示されます。[] オプションの [挿入] タブにあるクリック表作成ギャラリーで文書パーツを右クリックした場合、[ページのヘッダーに挿入] (現在のページの先頭) と [ページのフッターに挿入] (現在のページの最後) が表示されます。

クイック表作成ギャラリーの文書パーツ コマンド

文書に文書パーツを挿入した後、テンプレートに保存された文書パーツには影響を与えずに、文書パーツの書式設定やプロパティをカスタマイズできます。

ページの先頭へ

新しい文書パーツを作成する

複数の段落を含むデータや、ロゴ、グラフィック、特別に書式設定されたヘッダーやフッター、標準の表、演算式など、頻繁に使用する文書のコンテンツは、簡単に文書パーツに変換できます。

  1. 再利用できる文書パーツに変換するデータを選択します。

  2. [挿入] タブで [クイック パーツ] をクリックして、[選択範囲をクイック パーツ ギャラリーに保存] をクリックするか、Alt + F3 キーを押します。

  3. [新しい文書パーツの作成] ダイアログ ボックスが開いたら、文書パーツの名前、分類、説明、コントロールを入力します。

    新しい文書パーツの作成ダイアログ ボックス

ヒント: スタイル、行間隔、インデント、配置など、すべての段落書式設定を含める場合は、コンテンツと一緒に段落記号 (¶) を選択します。段落記号が表示されない場合、[ホーム] タブの [段落] グループで [表示/非表示 ¶] ボタンをクリックして、選択した段落記号を含めるかどうかを設定します。段落記号を含めない場合、挿入された文書パーツは、現在の段落の書式設定と一致します。

[新しい文書パーツの作成] ダイアログ ボックスには、次のオプションが含まれます。

  • 名前      文書パーツの一意の名前を入力します。関連する文書パーツ セットがある場合は、すべての文書パーツ名が同じ単語で始まるように設定することをご検討ください。年次レポートの表紙、年次レポートのヘッダー、年次レポートの表など、必要に応じてグループ別に整理できます。

  • ギャラリー      新しい文書パーツを、表紙、ページ番号、ヘッダー、フッター、クイック表作成、透かしなどの指定したギャラリーに追加します。使用している文書パーツが通常の文書パーツで、既存のギャラリーとは関係ない場合、クイック パーツを使用すると、クイック パーツ ギャラリーの下に表示されるようになります。

  • カテゴリ      カテゴリに文書パーツを配置して、文書パーツ ギャラリーと文書パーツ オーガナイザーで表示されるようにします。会社や部署用に新しいカテゴリを作成することをご検討ください。関連するすべての文書パーツが、文書パーツ ギャラリー全体で同じカテゴリ内に配置され、文書パーツ オーガナイザーですばやく並べ替えることができます。

    ヒント: 使用している文書パーツを文書パーツ ギャラリーの上部に表示するには、アスタリスクなどの記号で始まるカテゴリ名を作成するか、名前をかっこで囲みます。

  • 説明      短い説明を付けて、文書パーツの主要な目的を自分のためだけではなく、他のユーザーにもわかりやすくします。説明は、文書パーツ ギャラリーの強化されたヒント ([Word オプション] の [ポップ ヒントに機能の説明を表示する] を有効にします) として表示され、文書パーツ オーガナイザーで文書パーツを選択するときにも、プレビュー ウィンドウの下に表示されます。

  • 保存先      文書パーツは、テンプレートにのみ保存できます。文書パーツは、開いたすべての文書で利用できるように、文書パーツ.dotx (既定で選択されています)、Normal.dotm、または全文書対象のテンプレート形式で保存できます。また、文書パーツを文書テンプレートに保存すると、そのテンプレートを使用する文書でのみ保存した文書パーツを利用できるようになります。[保存先] の一覧には、文書パーツ​​.dotx、Normal.dotm、読み込まれた全文書対象のテンプレート、作業中の文書に添付された文書テンプレート (Normal.dotm 以外のテンプレートの場合)、現在開いている作業中の保存テンプレートが含まれます。他のユーザーと共有する文書パーツを作成している場合、後で配布できるように別のテンプレートに保存することをおすすめします。

  • オプション      文書パーツをカーソルの位置のコンテンツにのみ挿入するか (演算式などのコンテンツで便利です)、段落に挿入するか (段落や見出しで便利です)、ページに挿入するか (文章パーツの前後に改ページを挿入します) を指定します。

    ヒント: 文書パーツ ギャラリー下部にある [選択をギャラリー名に保存] ギャラリーを使用して、[新しい文書パーツの作成] ダイアログ ボックスにすばやくアクセスし、ダイアログ ボックスで対応するギャラリーを自動的に選択します。

ページの先頭へ

文書パーツのプロパティを変更する

文書パーツのプロパティを変更できます。[保存先] テンプレートも変更でき、この操作は [文書パーツの変更] ダイアログ ボックスで情報を変更して行います。このダイアログ ボックスは、[新しい文書パーツの作成] ダイアログ ボックスと非常に似ています。文書パーツのプロパティを変更するには、次の 2 つの方法のいずれかで [文書パーツの変更] ダイアログ ボックスを開きます。

  • ギャラリー アイテムを右クリックして、[プロパティの編集] を選択します。

  • [挿入] タブで [クイック パーツ] をクリックして、[文書パーツ オーガナイザー] をクリックし、オーガナイザーの一覧で目的の文書パーツ名を選択して、[プロパティの編集] ボタンをクリックします。

[文書パーツの変更] ダイアログ ボックスを開いた後、必要に応じて変更を行い、[OK] をクリックしてダイアログ ボックスを閉じます。文書パーツのエントリを再定義するかどうかを確認するメッセージが表示されます。[はい] をクリックすると、変更内容がすぐに有効になります。

また、コンテンツや書式設定の変更など、文書パーツを再定義することができます。変更を行い、コンテンツを選択するだけです。[挿入] タブで、[クイック パーツ]、[選択範囲をクイック パーツ ギャラリーに保存] の順にクリックするか、Alt + F3 キーを押します。[新しい文書パーツの作成] ダイアログ ボックスで、再定義する文書パーツと同じ名前を入力して、ギャラリーやカテゴリの変更など、他にも必要な変更があれば行います。[OK] をクリックすると、エントリを再定義するかを確認するメッセージが表示されます。

ページの先頭へ

文書パーツを削除する

文書パーツを挿入して作成したコンテンツを削除するには、他のコンテンツと同じようにコンテンツを削除するだけです。文書パーツのエントリを削除するには、文書パーツ オーガナイザーで文書パーツを選択し ([挿入]、[クイック パーツ]、[文書パーツ オーガナイザー] の順にクリック)、[削除] をクリックします。

ページの先頭へ

関連項目

Word でクイック パーツと定型句を使う

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×