Word を開いたまま、必要に応じて目的のコンテンツを検索し、再利用する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

注: タップ機能は、 Office 365 サブスクリプションがある場合のみ、今すぐのみ Office 365 の Sku を次のいずれかがあるユーザーに利用可能な: Business PremiumEnterprise E3、またはEnterprise E5します。なおこと、タップ機能はまだオーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、ドイツ、イギリス、インド、および日本; で生成された Office 365 サブスクリプションの場合国に関係なく作業しています。当面は次の場所をタップの空き時間情報を展開中です。

作業中の文書または電子メールで自分か自分のチームにより使用されているコンテンツを見つけ、それを再利用する場合、Word 2016 または Outlook 2016 のタップ機能をご利用ください。

活用することにより、 Word 2016とWord 2016を維持するための内でドキュメントの作成のファイルの検索ではなくと情報をお探しの重点を置いた目的の既存のコンテンツの再をタップします。同僚とで最も頻繁に使用される内の関連するファイルをタップします。Word、Excel、および PowerPoint のアプリケーションからコンテンツを個人用にカスタマイズしたことをお勧めをタップし、をタップ] ウィンドウに表示されます。ファイルが表示されると後これらのファイルからを操作する文書にコンテンツを抽出し、文書の作成を開始できます。探している情報が表示されませんだった場合、] をタップでは、必要なものから、ウィンドウ内を検索することができます。挿入して、作業のコンテンツを再利用する Word 文書、単に] をタップ] ウィンドウで、結果をマウスでポイントし、 画像/図の追加

タップ機能は Outlook でも使用できます。Outlook のタップ機能の場合、メール ワークフロー内で関連文書にアクセスできます。また、関連文書からメールに直接コンテンツを持ってくることができるので、共有が簡単になります。ファイル全体を添付する必要はありません。

注: タップ機能は Office 365 グラフを利用し、Office 365 アプリケーションから自分またはチームが利用しているコンテンツを照会し、[タップ] ウィンドウにそれを表示します。

ヒント: 下の見出しをクリックすると、指示が表示されます。

  1. [挿入] タブの [タップ] グループで、[ドキュメント アイテム] を選びます。

    頻繁に使用されているコンテンツを挿入する

    [タップ] ウィンドウには、以前に表示したことのある、自分とチームが使用する Office アプリケーション (Word、Excel、PowerPoint) のコンテンツ一覧が表示されます。

    [タップ] ウィンドウ

    [タップ] ウィンドウで再利用するコンテンツが表示されたら、手順 4 に進みます。

  2. 具体的なコンテンツを表示する場合、検索ボックスに探しているコンテンツのキーワードを入力し、Enter キーを押します。[タップ] ウィンドウには、Office アプリケーション (Word、Excel、PowerPoint) からキーワードに対する推奨コンテンツの一覧が表示されます。

    凡例

    [タップ] ウィンドウに表示される各文書の下部に、小さな凡例が表示されます。凡例は、各文書に配置されているオブジェクト、画像、SmartArt、テーブル、グラフ、またはスライドの実際の数を表します。

  3. 3 つの点を選択し、次のいずれかを実行します。

    その他のオプション
    • アプリケーションで開く

      アプリケーションとして PowerPoint、Word、Excel などの Office アプリケーションを選択できます。

      または

    • すべてのアイテムを表示

      [すべてのアイテムを表示] の場合、[タップ] ウィンドウで選択した文書に再利用できるすべてのコンテンツが表示されます。

      すべて表示
  4. [タップ] ウィンドウで結果を選択し、作業中の文書で再利用するコンテンツを詳細に表示できます。

  5. SmartArt、オブジェクト、画像、グラフ、テーブルまたはスライドの [ 画像/図の追加 ] を選択し、作業中の文書に追加します。

    画像の追加

    注: 右クリックのコンテキスト メニューから [タップ] を使用することもできます。検索に使える可能性があるキーワードを右クリックし、[ドキュメント アイテムの挿入] を選択すると、[タップ] ウィンドウに推奨コンテンツが表示されます。

Word 内で、チーム内で再利用するコンテンツを見つけてによって作成された文書があるようになりました。挿入した画像、グラフ、表またはグラフの書式設定または図を移動するレイアウトを使用する Word オプション

  1. [ホーム] タブの [新規作成] グループで、[新しい電子メール] を選択します。

    新しいメールを含むドキュメント アイテム

    新しいメッセージ ウィンドウが表示されます。

  2. 電子メールを作成します。

  3. 自分やチームが使用しているコンテンツを電子メールに挿入するには、[挿入] タブを選択し、[ドキュメント アイテム] を選択します。

    Outlook の新しいメール

    タップ機能は Word、Excel、PowerPoint アプリケーションからカスタマイズしたコンテンツを検索して推奨し、[タップ] ウィンドウにそれを表示します。電子メールにコンテンツを挿入し、再利用するには、[タップ] ウィンドウの結果の上にカーソルを置いて、 画像/図の追加 を選択します。

  4. 具体的なコンテンツを表示する場合、検索ボックスに探しているコンテンツのキーワードを入力し、Enter キーを押します。[タップ] ウィンドウには、Office アプリケーション (Word、Excel、PowerPoint) からキーワードに対する推奨コンテンツの一覧が表示されます。

    凡例

    [タップ] ウィンドウに表示される各文書の下部に、小さな凡例が表示されます。凡例は、各文書に配置されているオブジェクト、画像、SmartArt、テーブル、グラフ、またはスライドの実際の数を表します。

  5. 3 つの点を選択し、次のいずれかを実行します。

    その他のオプション
    • アプリケーションで開く

      選択した文書を PowerPoint、Excel、Word などのアプリケーションで開きます。

      または

    • すべてのアイテムを表示

      [すべてのアイテムを表示] の場合、[タップ] ウィンドウで選択した文書で再利用できるすべてのコンテンツが表示されます。

      すべて表示
  6. [タップ] ウィンドウで結果を選択し、作業中の文書で再利用するコンテンツを詳細に表示できます。

  7. SmartArt、オブジェクト、画像、グラフ、テーブルまたはスライドの [ 画像/図の追加 ] を選択し、電子メールに追加します。

注: 右クリックのコンテキスト メニューから [タップ] を使用することもできます。検索に使える可能性があるキーワードを右クリックし、[ドキュメント アイテムの挿入] を選択すると、[タップ] ウィンドウに推奨コンテンツが表示されます。

関連項目

図をトリミングする

Word でのピクチャの周囲にある文字列の折り返し

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×