Word または Publisher: 作業に最適なツールを選ぶ

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Word が持つ多くの長所

多くの人にとって、Microsoft Office Word は、日々吸い込んでいる空気のような存在ではないでしょうか。私たちは、手紙、メモから法的文書や研究論文のようなページ数の多い文書まで、コンピューターで作成するほぼあらゆる書類の作成にワード プロセッシング プログラムを使っています。

ただし、Word のように多機能で堅牢なワード プロセッサでも、ビジネスやマーケティング用のプロフェッショナルなデザインの資料に必要な、グラフィックが豊富で凝ったレイアウトの文書を簡単に作成できるようには設計されていません。

Publisher のさまざまな長所

Microsoft Office Publisher は、柔軟性のある正確なページ レイアウトやデザインができるように作られていて、デザイン支援やオートメーションの機能を備えています。

Publisher には、特定のニーズに合わせて調整された多種多様なマーケティング文書としての資料を効率よく作成、カスタマイズ、再利用するためのツールや機能もあります。

次のようなツールと機能です。

  • ブランド コーディネート用のマスター スタイル セット

  • 業務用印刷のサポート

  • ポスター、バナー、パンフレット、チラシ

  • 差し込み印刷ウィザード

  • デザイン チェック

一覧表

Word と Publisher は、特定のドキュメントやコンテンツ用のソリューションを提供するために開発されました。作成するドキュメント専用に設計されたアプリケーションを選ぶことが、時間の節約につながります。

作成するドキュメント

使用するプログラム

理由

グラフィックが豊富な印刷用と電子メール用のニュースレター

Publisher

テキストと画像やその他のデザイン要素の配置を正確に制御します。

グラフィックが豊富なカタログ

Publisher

デザイン済みのカタログと差し込み印刷ウィザードが用意されています。

グラフィックが豊富な文書を作成するための高度なツール

Publisher

強化されたデザイン チェックを使って、デスクトップ、業務用印刷、Web、電子メール用の各文書で、意図していない内容を特定し、修正します。デザイナーが作成した 70 を超える配色から選ぶか、独自の配色を作成します。PANTONE ® カラーを使用する場合は、Office Publisher 2007 内で選択します。高度な差し込み印刷を使ってデータベースのテキストや画像を結合し、データシート、カタログ、価格表などの頻繁に更新する資料を作成します。

あいさつ状

Publisher

グリーティング カードの種類とデザインを、ビジネス用と個人用のあらゆるニーズに合わせてカスタマイズできます。

一貫したブランドでのビジネス文書とマーケティング資料

Publisher

会社のレターヘッド、名刺、パンフレット、ラベルの調整された外観を作成するためのマスター デザイン セットが用意されています。よく使うテキスト、デザイン要素、グラフィックスを新機能であるコンテンツ ストアに保存し、他の Publisher 文書で使用することで時間と労力を節減します。

ポスターまたはバナー

Publisher

ニーズに合わせて幅と高さを簡単に選択できるポスターとバナーのデザインが用意されています。

3 折または 4 折のパンフレットやチラシ

Publisher

オプションで顧客の住所を入力するスペースがある多くのデザインと、注文、返信、サインアップ用のフォームが用意されています。

名刺

Publisher

あらゆるビジネス文書とマーケティング資料に合うさまざまなデザインが用意されています。

印刷業者に委託するデザイン文書

Publisher

印刷業者のサービスを利用する必要がある大規模な作業がサポートされています (簡易カラー校正用 CMYK の PostScript 出力や色分離性能を高める高度な印刷設定など)。

目次と索引があるドキュメント

Word

インデックス作成と目次の機能を使って、プロフェッショナル レベルの公開ドキュメントを作成できます。

長い文書

Word

研究論文やビジネス プランなどの長い文書に特有の機能が用意されています (ページ番号、脚注、文末脚注、注釈など)。

法的文書

Word

法的文書をサポートする機能として、行番号、機密性の高いドキュメントへのアクセス制限、隠し文字のチェックなどの機能が用意されています。

短い簡単なドキュメント (メモやレター)

Word

毎日書くドキュメントのスタイルや機能、コンテンツを選択できるテンプレートとウィザードが用意されています。

ドキュメントの共有と共同作業

Word

ドキュメント ワークスペースでは、タスク リストとリソース資料へのリンクを使いながら、関連するドキュメントや補助ドキュメントをドキュメント ライブラリに保存して、同僚とドキュメントを共同編集できます。

手書きのメモとコメント

Word

タブレット PC のインク機能を使って、手書きのメモを取ったり、Word 文書にマークを付けたりすることができます。

XML 対応ドキュメント

Word

拡張マークアップ言語 (XML) 機能を使って検索可能かつ再利用可能なドキュメント要素を作成できるため、時間を節約できます。

レビューまたは編集が必要なドキュメント

Word

変更履歴、本文中のコメント、左右に表示した比較、比較と結合、バージョン比較、テキスト蛍光ペンの機能は、文書の変更履歴と共同編集をサポートします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×